人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

又兵衛桜  その2

圧倒的な存在感の又兵衛桜…

201704 matabei 110

又兵衛桜

奈良県宇陀市大宇陀本郷
周辺整備協力金:大人100円 (2017年4月)
周辺に有料駐車場(500円)数か所有

遠景の針葉樹の効果もあって、ひときわ明るく見えます。

桜の見ごろを迎えるこの時期には、その背景の桃も花盛り…

  201704 matabei 200
        201704 matabei 210-2

枝を埋め尽くすように、びっしっりと花をつけています。いつもながら、不思議な花の付き方に思います^^

この桃を見下ろす小高い丘からは…

201704 matabei 230-5

桃の濃いピンクと又兵衛桜の薄いピンクとの競演。

この桃園の背後を一周すると、石垣の上から見下ろす又兵衛桜が…

201704 matabei 300

枝ぶりが立派すぎて、フレームに入りきらない(笑)

目線を又兵衛桜の足元に送ると…

201704 matabei 235

濃い黄色の水仙が、春の陽射しを受けています。

奈良県内の桜としては、最大の集客数を誇るとのことですが、見る者を圧倒するその姿とともに、
周囲を彩る花々とのコントラストが、多くの人々を魅了するのだなと、改めて実感しました。

樹齢300年のシダレザクラ…

201704 matabei 310

再訪を誓う花見でした。



 
  1. 2017/04/17(月) 20:52:01|
  2. | コメント:0

又兵衛桜

黄色、桃色、桜色…

201704 matabei 100

又兵衛桜

奈良県宇陀市大宇陀本郷
周辺整備協力金:大人100円 (2017年4月)
周辺に有料駐車場(500円)数か所有

濃い緑を背景に多くの花が競演。
平成29年4月中旬の週末、主役の又兵衛桜の見頃とあって、早朝から多くの人が訪れています。

小さな川の対岸に渡る橋のたもとから見ると…

201704 matabei 108

ソメイヨシノ、桃、モクレンの中に又兵衛桜が埋もれています。

さらに近付いてみると…

201704 matabei 115

白い無数の花、てっきりモクレンと思ったけど、コブシなのかも…
足元には、対岸からも見えていた菜の花のボーダー

201704 matabei 170

眩しいほどの黄色の帯が続きます。

ここから仰ぎ見る又兵衛桜は…

201704 matabei 103

高さ13m、幹回り3mに及ぶ巨木が、石垣の角の絶妙な位置に立ち、見る者を圧倒します。

樹齢300年とも言われるこのシダレザクラ、その名前の由来は、豊臣恩顧の武将、後藤又兵衛。

201704 matabei 148

朝鮮出兵や関ヶ原の戦いなどで活躍し、大坂夏の陣の道明寺・誉田の戦いで、壮絶な死を遂げた後藤又兵衛、
平成28年のNHK大河ドラマでは、哀川翔が演じていましたね。

苦労の末、戦国大名までのしあがったものの、黒田家から出奔したことで、晩年追い詰められた又兵衛…

       201704 matabei 155

京、大和と流浪の末、たどり着いたここが、その屋敷跡とされます(つづく)



 

  1. 2017/04/15(土) 16:54:48|
  2. | コメント:6

飛鳥寺

田んぼの中に続く道…

201704 asukadera 80

街灯すらない道。なぜか懐かしい気持ちになります。

その傍らの田には、レンゲの花が咲き…

    201704 asukadera 70-2
         201704 asukadera 65

年配のおじさんが、鍬1本で、田にレンゲを梳き込んでいます。

どこまでものどかな道を、石舞台古墳からのんびり歩くこと30分、行く手に桜に包まれた寺が見えてきます。

201704 asukadera 90

山門の側に回り込むと、花つきの良い桜が出迎えます。

201704 asukadera 110

飛鳥寺

奈良県高市郡明日香村飛鳥682
拝観時間:午前9時から午後5時
拝観料:大人300円 (2017年4月)

創建は推古天皇の時代、西暦596年とされる飛鳥寺。
但し、伽藍は2度にわたる焼失を経て、現存するのは、1862年に再建されたもの。

小さな境内に入ると、鐘楼の前でも桜が咲き乱れています。

201704 asukadera 100

この古刹で名を知られるのが、ご本尊の飛鳥大仏。
609年、鞍作止利作の銅像は、日本最古の仏像とされ…

      201704 asukadera 120

顔立ちは彫が深く、特に横顔は、今まで見た仏像の中で、最も鼻が高いように感じます。
お寺の方曰く、東大寺の大仏より150年、鎌倉の大仏より600年あまり年上と、誇らしげな解説…^^

一方で、この大仏様、一時は寺が荒廃し、野ざらしだったり、火災で大きく損傷したこともあるとのこと。
そうした幾多の困難や歴史の荒波をくぐり抜け、現代の世の人々から、多くの崇敬を集めるに至った仏様、
京都や奈良で見慣れた仏像と比べ、どこかアンバランスな印象といい、不思議な魅力を身に纏われている
ような気がしました。

いつまでも離れがたい仏様の前を辞し、裏門から数十mほど西に進むと、蘇我入鹿の首塚があります。

201704 asukadera 130

大化の改新で暗殺された蘇我入鹿。
そもそも飛鳥寺は、蘇我馬子の発願で建造された蘇我氏のゆかりの寺…。

のどかな風景が広がる飛鳥は、歴史の香りが随所で感じられることを再確認した春の1日でした。



 

歳を重ねるごとに、仏像の顔立ちに見入ってしまうのは、我ながら不思議…

  1. 2017/04/12(水) 22:28:31|
  2. 花の旅(春)
  3. | コメント:0

飛鳥・石舞台古墳

緑の山懐にあって、桜に包まれた石舞台古墳…

201704 isibutai 80

石舞台古墳

奈良県高市郡明日香村島庄254番地
開放時間:午前8時半~午後5時 休みなし
拝観料:大人250円 ※JAF会員割引有 (2017年4月)

平成29年4月上旬、あいにくの曇天のせいか、予想していた駐車場待ちの渋滞もなく、スムーズに石舞台の
そばまで来ることができました。

さらに近付いて見る石室とその内部…

  201704 isibutai 110
           201704 isibutai 120

30個もの巨大な石からなる石舞台古墳は、6世紀に建造された方形墳。
豪族・蘇我馬子の墓とされ、一般的に良く知られる前方後円墳よりも、比較的新しい時代のものに分類されるとのこと。

その周囲にめぐらされた空濠の縁では、桜が満開…

201704 isibutai 140-2

ガイド氏いわく、これらの濠は、高度経済成長期頃まで全て埋められていたとのこと。
当時の写真を見せていただくと、石舞台のすぐそばまで水田が迫り、石室は稲穂の中に埋没していました。

今でこそ、周囲の至る所に駐車場が整備され、桜や菜の花が彩りを添える石舞台古墳…

201704 isibutai 150-2

当時は、石室内部まで土砂で埋め尽くされており、整備のため石室内を掘り返したものの、もとより盗掘のため、
埋蔵物や財宝の類は一切、出土しなかったとのこと。

文化財に対する理解や認識が、現代とはかなり異なっていたことが偲ばれますが、昭和47年の高松塚古墳の
壁画の発見が大きな転機となり、周囲も急速に国営公園として整備されたようです。

石舞台古墳を見下ろすベンチからは、桜の後ろに遠く二上山の姿も…

201704 isibutai 160

あの二上山にある石切り場から運ばれた石が、この石舞台古墳に使われたとのことですが、距離にして約20km。
重機やトレーラーもない古代において、こうした墳墓の建造に大きな労力がつぎ込まれるには、権力の威光が
相当なものだったのだろうな…との想像が働きます。

いにしえの浪漫を今に伝える石舞台古墳…

201704 isibutai 180-2A

桜と緑の中で、ひときわ存在感がありました。



 

  1. 2017/04/10(月) 22:45:12|
  2. | コメント:4

菜の花急行

東京都心から1時間余。外房線の大原駅に到着すると、ホームの片隅でブルンブルンと車体を震わせる急行が…

2017040 isumi 102

旧国鉄で急行型として活躍したキハ28形。
平成25年にJR西日本から、ここ「いすみ鉄道」に譲渡された車両で、プレートには、昭和39年製造とありました。

車内に乗り込み、指定された席に腰を下ろすと、懐かしいセンヌキに…

   2017040 isumi 110
            2017040 isumi 115

松田聖子と新幹線0系の車内吊り。
80年代前半、中高生を中心に席巻した「聖子ちゃんカット」が、時代を感じさせます。

大原駅を定時に発車した急行列車、車窓にはのどかな田園風景が広がります。

2017040 isumi 120

写真のように、ボックス席には、場違いなほど大きな木のテーブルが据え付けられています。
定員も少なくなる上に窮屈だし、なぜだろうと理由を調べたら、この車両、レストラン列車として、イタリアンやスイーツを
提供することもあるようです。

やがて、車内アナウンスとともにスピードが落ちると、小さな池のそばにムーミンファミリー…

2017040 isumi 130

かなり微妙な感じではあるものの(笑)、あの手、この手で見どころを作りだそうとする、ローカル鉄道のささやかな
工夫と、好意的に受け止めることに…^^

沿線は温暖で肥沃な土地のせいか、既に代掻きも済んだ水田が、田植えを待つ光景…

2017040 isumi 150

房総半島では、京阪神や東京近郊に比べ、季節がひと月ほど早く進んでいるようです。

やがて小高い築堤の上を進むと、斜面いっぱいに菜の花が広がり…
        
2017040 isumi 155

「撮り鉄」諸氏が、多数見えます。
沿線の至る所で見られる撮り鉄諸氏の中には、女子の姿もちらほら見かけました。

大原駅からコトコト揺られること16分。到着した国吉駅では、対抗列車行き違いのため、数分の停車があり、
ホームに出て見ると…

2017040 isumi 170

ホームの脇でも、うららかな春の陽射しを浴びた菜の花が、多数揺れています。

余談ながら、大原駅から国吉駅までの距離は、8.8km。その所要時間が16分ということは、表定速度は実に、33km/h…。
急行とは名ばかりの相当な鈍足であります^^

どこまでも黄色い絨毯が続く、房総半島をのんびり進む急行…

2017040 isumi 173

のどかな走りは、暴走とは無縁…^^



 

  1. 2017/04/08(土) 23:22:09|
  2. 花の旅(春)
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (134)
春の花木 (6)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (8)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (3)
登山 (62)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (28)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (17)
国内旅行 (153)
花の旅(春) (9)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (10)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (206)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (6)
熊本県の温泉 (4)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (12)
未分類 (12)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる