FC2ブログ

人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

桜  満開の花に想う

誰もいない緑地帯は、ソメイヨシノが満開に…

      201803 Gbert 100-2

開花からあっという間に見頃に達した桜、とても休みなど取れない中、出勤前に近所の桜を愛でに…

201803 Gbert 130

例年、そのボリュームに圧倒される桜、一部に蕾を残した枝では、濃いピンクがアクセントに…

201803 Gbert 170

こうして、毎年、桜を愛でることのできる幸せと、月日の過ぎる早さを噛みしめつつ…

201803 Gbert 140

この1年の間、自分は何を成し、どんな成長を遂げられたのか、それともまたひとつ、
年老いただけなのか…などと思う。

出勤前のわずかな時間、満喫した桜…

201803 Gbert 160

来年の春は、もっと成熟した自分でありたい。



  1. 2018/03/28(水) 20:16:49|
  2. | コメント:0

孤高の山 学能堂山

針葉樹の森に射しこむ朝の光…

    201803 gakunodo 110

奈良県の最東端、御杖村の神末集落の林道脇に車を停め、人工林の森を1時間あまり登りつめると、小須磨峠に到着

201803 gakunodo 120

この先は、広葉樹の稜線伝いに道が続く。

201803 gakunodo 125

雪が残る道を進むと、目指す学能堂山の恰幅の良い山容が姿を現す。

201803 gakunodo 130

再び針葉樹の森の道を進み、頂上直下のぬかるんだ急登を一歩一歩登ると、青い空が頭上に広がる。

201803 gakunodo 135

後ろを振り返ると、登ってきた稜線のはるか向こうに高見山の端正な姿…

201803 gakunodo 145

稜線で鹿の群れと出会ったのち、学能堂山の山頂に到着

201803 gakunodo 140

昭文社の登山地図にも名前がなく、登山者も少ないことから「不遇の山」とされる学能堂山。
360度の展望が広がる山頂には誰もおらず、雄大なパノラマを独り占め。

201803 gakunodo 150

ただ、多くの人々の登攀対象にならないことをもって、「不遇」と称するのは、いかがなんだろう…。
三峰山から望む山容も美しく、どこかアカデミックな響きを持つ学能堂山、自分は孤高の気高さを感じるのだが…

東南側には、ピラミダルな山容の局ヶ岳(つぼねがたけ)

201803 gakunodo 155

次は、あの山にしようか…

201803 gakunodo 165

2018年になって、毎週のように通い詰めている室生の山々、その魅力は尽きない。



<山行記録・平成30年3月中旬>
 神末登山口 8:45  ~ 林道終点 9:12  ~ 小須磨峠 9:46  ~ 学能堂山 10:54 昼食・休憩 11:45  ~
  ~  小須磨峠 12:32 ~  神末登山口 13:06



  1. 2018/03/26(月) 00:05:18|
  2. 近畿の山
  3. | コメント:0

咲き始め…

うららかな春の陽射しの中、近所の緑地帯に桜の様子を窺いに…

201803 Gbert 120

まだほころび始めたばかりの桜。

201803 Gbert 100

今年の冬はことのほか寒かったこと、3月に比較的暖かい日が続いたことから、例年より1週間以上早い花の訪れ。

201803 Gbert 110

見頃にはまだ数日かかるものの、これから満開の花を咲かせる前の時期、これも良いなぁと改めて思う。

201803 Gbert 130

いざ満開になってしまえば、あとは散るだけの予感に対し…

201803 Gbert 140

これからまだ花盛りを迎える前の、心躍る早春のひと時…



  1. 2018/03/24(土) 14:46:38|
  2. | コメント:2

春の息吹 三重・大洞山(その2)

三重県西部、奈良との県境に近い大洞(おおぼら)山。
先に到達した雌岳の頂上から、ずんぐりした山容の雄岳へと向かう。

201802 obrayama 200-2

この日は、いつまでも晴天が続き、樹々の幹回りの雪も解け…

201802 obrayama 201

残った雪の上には、幹がくっきりとした影を落としている。

尾根伝いの道は明るく…

    201802 obrayama 203

歌を口ずさみたくなるような快適な山歩きが続く。

雌岳から20分足らずでたどり着いた雄岳山頂

201802 obrayama 202

稜線沿いには円錐形の尼ケ岳、さらに奥には、風力発電機が林立する青山高原が広がる。

山頂には濃い緑の木々が多く、これはアセビだろうか…

201802 obrayama 212

残雪の山でも春の息吹が、そこかしこに感じられる。

終始明るい陽射しのもとで歩いた大洞山…

201802 obrayama 206

帰路に麓の国道を走っていると、端正な横顔を覗かせていた。




  1. 2018/03/13(火) 21:08:15|
  2. 近畿の山
  3. | コメント:0

春の息吹 三重・大洞山

快晴のこの日、三重県西部の大洞山麓のキャンプ場から登り始める。

201802 obrayama 100-3

空は明るいものの、風は冷たく、体感的には氷点下。

人工林の急な坂道を登ると、南側が開ける。

201802 obrayama 102

幾重にも重なる奥伊勢の山並み…。

息をはずませつつ登ること1時間余で稜線へ。

    201802 obrayama 105

サクサクの雪を踏みつつ進めば、山頂はもう目の前。

広がる大パノラマは、古光(こご)山から続く、ニホンボソ山、倶留尊(くろそ)山…

201802 obrayama 108

春まだ浅い陽射しを浴びる、室生の火山群のスカイライン。




  1. 2018/03/11(日) 22:54:04|
  2. 近畿の山
  3. | コメント:0

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (151)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (2)
桜 (36)
薔薇 (16)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (27)
樹氷 (9)
新緑 (4)
登山 (92)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (47)
百名山 【東海・北陸】 (6)
近畿の山 (27)
国内旅行 (176)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (19)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (212)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
神奈川県の温泉 (1)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (2)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (12)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (21)
未分類 (14)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザー
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる