人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

紺碧の空… 早慶戦

東京で独り暮らしをする息子を早慶戦に誘った。

てっきり断られるだろうと思っていたら、普段一緒に行動している友人らが、サークルで観に行くことになってしまった上に、
生協で販売している応援席券も早々に売り切れたとのことで、一緒に行くとの返事。

当日は、神宮球場の外で待ち合わせとしたものの、予定より早く東京に着いたことから、息子の暮らす街まで足を運ぶことにした。

新宿から黄色い帯の電車に乗り、最寄り駅に降り立ったのは、日曜日の午前10時前。
駅前の狭いロータリーを抜け、閑静な住宅街を歩くこと10分余り…

    securedownload 150-300

たどり着いた寮の下からLINEで呼びかけると、さすがに驚いた様子で、急いで身支度をするから待ってほしいとの返事。

その間、近くを散歩しているからと伝え、駅とは反対側へあてもなく歩いてみると、思いのほか立派な神社が現れる。
平安時代に創建され、太田道灌にもゆかりのあるという八幡様の境内は、23区内とは思えないほど静まり返っている。

                  securedownload 250-300

寮生活とはいえ、氏神様にあたる八幡様に、息子へのご加護とお導きを祈願していると息子から電話があり、寮へと踵を返す。

久しぶりに会う息子に、少し痩せたなと思ったものの、それは口には出さず、自宅に届いていた息子あての郵便物を手渡し、
並んで駅へと向かう。

普段、必要最低限の連絡しかして来ない息子は、駅への道すがら、寮の友人達が、相次いで翌月退去するに至ったこと、
進学塾でのアルバイト講師登録のこと、先輩がバイト収入で扶養親族の限度額を超えたことなど、いつになく雄弁である。

本当は、こちらから聞きたいことがヤマほどあったものの、それは極力抑え、フランス語の授業の話やサークルの先輩の
放蕩ぶりなど、息子からの話が尽きないうちに、神宮球場への最寄り駅のひとつ信濃町駅に到着。

駅から球場に続く道には、両校の学生の一団をはじめ、息子の大先輩らしき中高年の集団が、早稲田カラーのグッズや、
慶應義塾大学のサークルが出版しているというスポーツ新聞を手に、人波となって続いている。

球場に近づくと、さらに人波は増え、内野席の入場ゲートにたどり着くと、スタンド越しに鳴り物の音や応援団のエールが
試合中かと思うほど聞こえてくる。

試合開始30分前で十分だろうとタカを括っていたものの、開始45分前にスタンドへと足を踏み入れると、内野席はほぼ満席…。

201705 jingu 150

一塁側、早稲田側内野席の最上段にようやく並んで観られる席を見つけ、両校のノックを観ながら、弁当に箸をつける。

春秋の東京六大学野球の最後を飾る伝統の早慶戦、今シーズンは慶應が立教大学と優勝を争っており、この日の試合に
慶應が勝てばシーズン優勝が決まるという大一番…。

息子によると、前日の試合は、早稲田が慶應の満塁ホームランによる4点差をひっくり返したものの、慶應に2本目となる
満塁ホームランで突き放された結果、8-5と、「メチャ腹が立つ負けだった。」とのこと。
入学から2カ月、息子にも早稲田魂らしきものが芽生えつつあるようだ。

この野球の早慶戦をはじめ、早稲田大学では、ラグビーの早明戦、年始の箱根駅伝が名高く、通常の学生生活に加え、
それらを通じて、徐々に「早稲田人」としてのアイデンティティが育まれていくのだなと、頼もしく感じる。
その一方で、また一歩、親から離れ行く様子に寂しさも感じる。

そんな感傷をよそに、前日の試合でフラストレーションが溜まった早稲田側、目の前での慶應の優勝阻止に向けて、
応援団もボルテージが上がっている。

    201705 jingu 160

対して3塁側慶應側も、目前に迫った優勝に向かって、応援団によるシュプレヒコールが熱い。

    201705 jingu 155

リーダーが、ナインの士気を鼓舞したり、時に早稲田の悪口を叫ぶと、応援席が揃って拳を突き上げ、「そうだぁ!」と叫ぶ。

改めて周囲の観客を眺めてみると、若年から年配まで思いのほか年齢層が幅広く、早稲田側にはOB組織である
「〇〇稲門会」のプレートが随所に見られる。

客層的には、一見して企業役員や官公庁の幹部風の男性から、アウトロー的な風采の男性まで、これも「人種のるつぼ」
と称される早稲田の応援席ならではと思わせる。

卒業から幾年月、ポジションや境遇が異なる者同士が、母校の応援を通じて、つかの間、一体感に包まれること…
あるいは、グラウンドを駆ける選手の姿に、若き日の自分の姿を投影したり、学生当時の心境に想いを馳せたり…
学生スポーツ観戦の真髄が、ここには凝縮されているように感じる。

この点、京都では同志社大学と立命館大学との間で、「同立戦」なるものが存在するが、その規模や知名度において、
早慶戦の足元にも及ばず、母校愛においても、この早慶戦の盛り上がりを見る限り、関西私大では希薄だなと思う。

やはり、旧帝大に伍して、この国の政財界をはじめ各界に大量の人材を輩出している両校ならではの自負のような
ものを感じる。
ちなみに調べてみると、早稲田のOBは60万人以上、慶應は40万人に及ぶとのこと。

やがて、両校8分ずつのノックが終了し、グランドキーパーにより白線が引かれ、定刻13時を若干過ぎて試合開始。

    201705 jingu 125

前日の雪辱を果たしたい早稲田だが、プレーボール直後、先攻の慶應の先頭打者が、初球をセンター前へ鋭く弾き返し、
3塁側内野席からレフトスタンドまで埋め尽くした慶應側応援席は、のっけからヒートアップする。

    201705 jingu 135

こうした球場の雰囲気に圧されたのか、早稲田の先発投手は制球が定まらず、連続ヒットを許し、あっという間に慶應が先制。
「ケイオーォ、ケイオーォ♪ 陸の王者、慶應ーッ!」、球場の左半分から慶應の応援歌「若き血」の大合唱が湧き上がる。

一般的にクールで洗練されたイメージの慶應、それに対して早稲田は、バンカラで大衆的とされるものの、試合運びも応援も
慶應に勢いがあり、早稲田を圧倒している。

この裏、早稲田が2ランホームランで逆転するものの、3回表には、慶應が再び四死球を絡めて逆転。
さらにその裏、早稲田が長短打で追いつき、試合は一進一退の展開に…

    201705 jingu 170

双方に点が入るたび、慶應の「若き血」に対して、早稲田の応援歌「紺碧の空」の大合唱が湧き上がり、球場を包む熱気は、
シーソーゲームも相まって、イニングが進むにつれて異様なほどに盛り上がってくる。

     201705 jingu 175

隣でいる息子も、慶應と早稲田の攻防に声を上げて一喜一憂し、早稲田に点数が入るたび、「紺碧の空」を熱唱している。

「仰ぐ日輪 光輝あまねき 伝統のもと すぐりし精鋭 
 闘志は燃えて 理想の王座を占むる者 われ等
 早稲田 早稲田 覇者 覇者 早稲田…」

約90年前に作られた古めかしい歌詞の応援歌を、母校のものとして歌う息子をうらやましく、誇りに思う。

このあとも、試合は逆転に次ぐ逆転で、スコアは5-6で慶應のリードのまま、7回裏の早稲田の攻撃へ。
試合終盤となり、チアリーダーの応援も最高潮となる。
      
      
201705 jingu 185

こうした懸命な応援が功を奏したのか、この回、慶應の3番手投手の制球が乱れ、ツーアウトながらランナー満塁。
一打同点、逆転のチャンスに代打で登場したのは、なんと我が家と同じ苗字の選手。

201705 jingu 190

「慶應タッオセー♪、オォッ!」のコンバットマーチが大音量で流れる中、隣でいる息子に、
「ここでこの子が打ったら、オマエ明日、学校でヒーローだな。」とからかうと、
「んなワケないだろ…」と息子。

そして、カウント3-2から、慶應の投手が投じた6球目。
代打の彼がジャストミートした打球は、鋭いライナーで左中間を深々と破る走者一掃のツーベースヒット!

一塁側からライトスタンドにかけての応援席は、地割れが起きるのではないかというほどの大歓声に包まれる。

201705 jingu 165

肩を組み、左右に揺れながら、この日、最大と思われる大音量で「紺碧の空」の大合唱が神宮の森に響く…。

ふと横を見ると、右手を突き上げて「紺碧の空」を歌う息子の姿。
「ワセダァ、ワセダァ♪ ハーシャッ、ハーシャッ、早稲田ッ!」

この日一番、息子がまぶしく見えた瞬間だった。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

  1. 2017/05/29(月) 22:23:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

新緑の特急 「かわせみ・やませみ」

熊本・人吉駅で発車を待つ特急「翡翠・山翡翠」(右)

201705 kawasemi 100

左側の深紅の列車は、「いさぶろう・しんぺい」。
いずれも近年、JR九州が力を注いでいる観光型特急。

発車を待つ車体は、美しい鏡面仕上げ…

    201705 kawasemi 130-5
          201705 kawasemi 200

光沢のある車体は、鏡のように映り込みが激しく、なかなか思うように写真が撮れません(笑)

2号車の「翡翠」は、深い青色の車体…

201705 kawasemi 120

翡翠をあしらったヘッドマークが誇らしげ。

このあと列車は、定刻13時21分に、観光案内所の皆さんに見送られて発車…

     201705 kawasemi 30
             201705 kawasemi 40

発車するやいなや現れるSL、通称「ハチロク」を横目に、一路、熊本を目指します。

満席の車内は、木目調の内装に緑を基調としたシート…

201705 kawasemi 145

元々はこの車両、ローカル線の通勤列車をリノベーションしたものですが、もはやその面影は残っていません。

また、一般的な座席のほかに、大きな窓に直角に座るベンチシートや…

    201705 kawasemi 60
         201705 kawasemi 50

地元産品のディスプレイや飲食物を販売するカウンターが備えられ、観光ムードを盛り上げます。

車窓には新緑とともに、球磨川の流れが八代まで終始寄り添います。

201705 kawasemi 140

前日までの豪雨のため、水面は茶色く濁っていますが、川の流れの穏やかな時期には、緑色の水面に
新緑と列車が映える…と、女性のアテンダントが熱心に案内をします。

201705 kawasemi 230

それに加えて、車内限定のグッズやスイーツの販売促進など、彼女らは車内を忙しそうに行き来します。

JR九州が各路線で走らせる観光特急のアテンダント、いつもながらプロ意識が高いなと感じます。
どうすればこれほどモチベーションを維持できるのか、教育システムや給与体系など、つい仕事目線で
気になってしまいます(笑)

201705 kawasemi 150

このアテンダントの案内に加え、乗客の多くは中高年の女性とあって、車内では女性の声が弾んでいます。
こういう時、中高年の男どもは、すっかり圧倒されがち…(笑)

新緑を背景に、球磨川沿いを軽快に進む観光特急…

        201705 kawasemi 210

翡翠色が眩しい鉄道の旅でした。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



  1. 2017/05/23(火) 20:55:05|
  2. RAILWAY
  3. | コメント:4

ツツジとシャクナゲの咲く山で… 倶留尊山

奈良・曽爾高原の亀山峠から続く稜線上の道…

201705 kuroso 105

左手の斜面下から上がってくる小学生たちのにぎやかな声を聞きながら、徐々に勾配が増す道を進みます。

この先、奈良と三重の県境に続く道は、視野が開けて開放的だったものから一転、針葉樹の森へと続き…

  201705 kuroso 101
           201705 kuroso 102
  
右手の木の間越しには、三角錐の山容が美しい局ヶ岳(つぼねがたけ:1,029m)が見えます。

さらに勾配がきつくなる道を進むと、入山料(500円)を徴収する小屋が現れます。
平日にも管理人が常駐するのかな…と小屋の前に立つと、意外にも小さなおばあさんがちょこんと座っています。

「ゴメンネ、大きいのしかなくて…」と1万円札を差し出すと、「ありがとう、気ぃつけてな。」と、おばあさん。
お釣りを受け取りつつも、「(…このおばあさん、毎日、この山道を登っているのか…)」と、半信半疑の面持ちで
小屋の前から道を進み始めるや、小屋の裏手に、果樹園などでよく見かける、人荷用のモノレールが敷いてあり、
おばあさんを運んできたであろう小さなトロッコのような台車がありました^^

トロッコの傍らには、ツツジが咲き誇り…

201705 kuroso 120

さらにすぐ先には、二本ボソ山の山頂(996m)が現れます。

     201705 kuroso 115
           201705 kuroso 116

山頂からは、尼ヶ岳から大洞山に続く稜線越しに、かすかに伊勢湾、知多半島も望めます。

これまで登ってきた方向を振り返って見ると…

201705 kuroso 130

芝を刈ったような緑の斜面が続く曽爾高原・亀山がはるか足元に、その先には、三峰山、高見山を経て、
薊岳へ、さらには大峯山脈の主稜線が幾重にも重なります。
新緑のこの時期は、山の緑に濃淡があり、ひときわ美しいと感じます。

ここでようやく目的地の山、俱留尊(くろそ)山が目の前に現れます。

201705 kuroso 140

ずんぐりとした山容に見えますが、写真右手の三重県側の斜面は、高さ300m以上の断崖絶壁となっています。

昼食休憩ののち、俱留尊山へ。稜線上の道は、いったん急な坂道を下っていきます。
鞍部まで下りきる直前になると、シャクナゲの群落が現れました。

201705 kuroso 215

野生のシャクナゲ、この時は花が盛りで、色合いもほんのりピンク…

201705 kuroso 110

予期していなかった見頃のシャクナゲ、森が明るく感じられます。

ここから俱留尊山への登りは、一層急な道となり、これを登りつめるとようやく頂上へ…

201705 kuroso 200

標高1,037mの山頂は、木が覆い茂り、南から西方向以外の眺望は得られません。

その一方で、ツツジが多数咲き誇り…

       201705 kuroso 230-550
              201705 kuroso 210-550

緑とのコントラストを楽しみました。

ここで、三重県側から急な坂道を登ってこられたという方と、しばし談笑…。
スマホをかざすと山の名前が出てくるアプリで山の名前を確認されていたものの、いまひとつ画面表示が見にくく、
自分が知っている範囲内で山の名前をお伝えしました。

この方、名古屋方面から来られたとのことでしたが、柔和な表情が印象的…
山で天気が良いと、誰もが自然と笑顔になれるような気がします。

ちなみにこの方とは、一旦別れたのちも、帰路となる鞍部のシャクナゲの所で再び出会い、「きれいですねぇ…」、
「花の色も今が一番きれいで…」と褒め合いに(笑)

新緑の山を称して「山笑う」…

201705 kuroso 220

そんな時期にふさわしい山での出会いでした。



 

  1. 2017/05/20(土) 17:49:07|
  2. 近畿の山
  3. | コメント:0

5月の曽爾高原

5月中旬の平日、思い立って訪れてみた奈良・曽爾高原…

201705 soni 130

ススキの穂が揺れる秋の時期とは、うってかわって、人影はまばら…。
遠く、斜面に続く道に、隣接する少年自然の家に宿泊する小学生の列が見える程度。

そんな緑の草原の中に続く道を進みます。

201705 soni 225

よく見ると、焦げたススキの茎が随所に残っており、ススキの原が焼き払われたことが伺えます。
曽爾高原のススキは、自然に育成しているのではなく、多くの人の手によって守られていることがわかります。

秋には人影が絶えないベンチは、このとおり…

201705 soni 150

大きな木の下には、稜線に向かって登っていった小学生の荷物が置いてありました。

この先は、山の斜面に沿って続く急な坂道ですが、徐々に足にかかる負荷を楽しみつつ、快調に登ります。
立ち止まって振り返ると…

201705 soni 170

先ほど見たばかりのベンチが、もう小さくなっています。

さらに斜面に沿ってぐんぐん進むと…

201705 soni 220

面白いほどに高度が稼げています。

稜線に出ると、休憩していた小学生たちが「こんにちは~」、「大丈夫ですか?」と、気さくに声を掛けてきます。
「こんにちは、大丈夫だよ~(笑)」と応じ、しばし休憩。

201705 soni 230

足元にはお亀池、遠くには鎧岳や住塚山といった室生火山群の山並みが見えます。

さらに近くを見ると…

201705 soni 200

ワラビの仲間でしょうか。昔、里山でたくさん採った記憶が蘇ります。

時季はずれに訪れた曽爾高原…

201705 soni 180

緑が眩しい草原のひと時でした。



 

  1. 2017/05/17(水) 19:59:57|
  2. 新緑
  3. | コメント:0

5月の庭の赤い使者

5月中旬の日曜日の早朝、庭に立つと、咲いていました。

201705 spanish beauty 120

上品なピンクのバラ、スパニッシュビューティ

201705 spanish beauty 140

前夜の雨のしずくがヒラヒラのフリルにも滴っていました。

こちらは、ポンポン咲きのポールズヒマラヤンムスク…

      201705 rose 110-2
            201705 pauls himarayan 120-2
     
まだチラホラ咲き始めたところですが、最盛期ともなると、周囲には甘い香りが立ち込めます。

この時期のもうひとつの楽しみは…

201705 cherry 240

多数実ったサクランボ。

今年は例年になく実の付きが多く…

     201705 cherry 210-2
             201705 cherry 230-2

今年は早い時期に鳥よけのネットをかけたことや、摘果をマメにした成果か、近年にない豊作…^^

15分ほどで収穫したのはこちら…

201705 cherry 260

風薫る5月の庭、今が一番楽しい季節だな…



 

毎日が週末ならなぁ…^^

  1. 2017/05/14(日) 23:29:03|
  2. 春の花木
  3. | コメント:2

日本一長い藤棚

和歌山の山間部に、日本一長い藤棚があると知り、足を運んでみました。

201705 miyama 100

みやまの里 森林公園
和歌山県日高郡日高川町初湯川202
開園時間:午前8時30分~午後5時
入園料:大人500円
有料駐車場 1日200円 (2017年5月)

訪れた2017年GWの後半、阪和自動車道の有田ICから国道424号に入り、懸念していた周辺道路の渋滞もなく、
駐車場へもスムーズに入れました。

総延長1,646mにも及ぶ藤棚は、小高い山に向かって続いており、この日はちょうど遅咲きの藤が見ごろ…

201705 miyama 110

とはいえ、足元には結構な坂道が続き…

201705 miyama 190

のんびり鑑賞というよりは、息を整えながらの藤鑑賞(笑)

オーソドックスな紫のほかにも、ひときわ香りの強い白や…

     201705 miyama 210
            201705 miyama 200

ほんのりピンクの藤も見られます。

どこまでも続く、藤の花のシャワー…

201705 miyama 120

甘い香りも相まって、何度も立ち止まって深呼吸したくなります。
長く続く坂の途中には、テントの出店や福引き会場もあり、多くの人で賑わっています。

やがて、左手の眼下に集落が見え出すと、坂道はさらにきつくなり…

    201705 miyama 195

この先に、ようやくこじんまりした山頂が現れました。

そこには鉄製の展望台があり、一番上まで登ってみると…

201705 miyama 160

足元に日高川を堰き止めた椿山ダム、その先には新緑の山並みが、どこまでも続いています。

反対側を見ると、今しがた上ってきた藤棚の道が、尾根伝いに続いています。

201705 miyama 170

改めて、結構高いところまで登ってきたんだなと実感。
このあとは、450段にも及ぶ階段を、ひたすら急降下となります^^:

和歌山の山村に続く藤棚ロード…

201705 miyama 150

甘い香りが立ち込める、幻想的な坂道でした。



 

あぁ、筋肉痛が…

  1. 2017/05/08(月) 23:59:12|
  2. 花の旅(春)
  3. | コメント:4

SL急行「かわね路1号」

見事な仕立ての藤棚…

201704 oigawa 105

風に房が揺れる様は、いつまで見ていても飽きない光景。

この藤棚、有名なフワラーパークや名高い庭園のものではなく…

201704 oigawa 100

「大鐡」こと、静岡県西部を走る大井川鐡道のSLの始発駅、新金谷駅の藤棚。

平成29年ゴールデンウィークの前半、天気に恵まれたこの日、藤棚の下では、11時52分発のSL急行「かわね路1号」
の発車を待つ多くの人々が、お弁当を食べたりして過ごしています。

やがて、遠くで「ボーッ」と汽笛が鳴るのが聞こえ、そちらへ早足で近づいてみると…

201704 oigawa 110

今日のSL急行のけん引役の「C10-8」号機が、蒸気を吹かせてスタンバイ。
昭和5年製造のこの機関車は、大井川鉄道のSLの中でも最古参、実に車齢87歳にもなりますが、
真っ黒の老体が、シュー、シューと蒸気を吹き出し、動輪が重々しく動く様は、まるで生き物のようです。

そして、出発の25分前になると、新金谷駅のホームに7両の客車を連ねたSL急行が入線…

201704 oigawa 130

上の写真ではカットしたものの、実際の風景は、引いてみると…

201704 oigawa 300

家族連れがSLの正面で写真を撮るために、順番待ちの長蛇の列をなしていますが、皆、笑顔が良い感じ^^

重厚なチョコレート色の旧型客車を連ねた急行…

   201704 oigawa 140
          201704 oigawa 220

先頭の7号車は、その中でも昭和16年製のもので、高い天井の車内は、木製でひときわクラシカル。
電灯もオレンジ色のぼんぼりタイプと、タイムスリップしたかのようなこの車両は、映画やドラマのロケでも
よく使用されているとのこと。

やがて、長い汽笛の音とともに、ガクンという衝撃が走り、急行列車は出発。
しばらく金谷の市街地をゆっくり走り、頭上を新東名高速が過ぎ去ると、車窓はにわかに鄙びたものとなり、
右側の車窓に大井川が広がり始めます。

201704 oigawa 180

広い河原にしては少ない水量ですが、これは伊勢湾台風以降に治水ダムが複数造られたためとのこと。

かつては、河原に流木が多数あり、昭和20~30年代までは、家庭用の煮炊きの薪として流木を集めるのが、
当時の子どもたちの仕事だったと、年配の車掌氏が語ってくれます。

そんな味のある案内を聞きながらも、時刻はちょうど昼時とあって、事前に買っておいた駅弁を開けます。

    201704 oigawa 150
           201704 oigawa 160

竹の皮に包まれた「大井川ふるさと弁当」。
中身は大きなおにぎり2つに、小エビ、ヤマメの甘露煮、タケノコ、サトイモの煮物など、素朴な味わい。

自分は、JR線との乗り換え駅・金谷の売店で買い求めましたが、事前に電話予約しておけば、
予約している指定席にまで届けてくれます^^

その間も急行とは名ばかりのゆっくりしたスピードで進むSL列車、窓の外には、茶畑が広がります。

201704 oigawa 200

八十八夜も近いこの時期、茶葉も青々としています。
新金谷駅の土産物屋のオバさん曰く、平成29年の新茶は、この前日に初めて摘んだとのこと。

ちなみに、大井川沿いのこのあたりは、谷あいにあるため日照時間が短い上に、朝昼の寒暖の差が激しく、
川霧もあって、茶の栽培に適しているそうです。

やがて途中の停車駅、家山が近付くと、大井川に渡されたロープに多数の鯉のぼり…

201704 oigawa 190

川幅が広過ぎて、やや閑散とした印象があるものの、車内からはシャッター音が多数します。

この先、線路は勾配が増し、吊り橋や翡翠色のダム湖が現れます。

201704 oigawa 210

沿線では、随所で家族連れや、よく知られる川根温泉の露天風呂のお客さんが手を振ってくれるのをはじめ、
TVCMの山崎賢人風に列車と並走するバイクのライダーまでが、列車に向かって手を振るなど、お祭り状態…^^

レトロな旅情に浸りつつ、非日常の風景が繰り広げられる大井川鐡道…

     oigawa510-700.jpg

魅力の尽きないSL急行の旅でした。


 

  1. 2017/05/03(水) 19:17:35|
  2. RAILWAY
  3. | コメント:0

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (139)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (73)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (35)
百名山 【東海・北陸】 (6)
近畿の山 (20)
国内旅行 (170)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (18)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (209)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (15)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる