人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

花の色はうつりにけりな… 観心寺

大阪南部、金剛山の麓に位置する観心寺

201606 kansinji 90

「檜尾山 観心寺」

所在地:大阪府河内長野市寺元475
拝観時間:午前9時~午後5時
拝観料:大人300円
(平成28年6月)

奈良時代、修験者・役行者により開かれたという古刹。
紫陽花の見納めとばかり、山門も半分閉じられた閉山前に足を運びました。

既に陽は傾き、濃淡のある緑を照らす光も、すっかり弱くなっています。

201606 kansinji 110

参道の緩やかな階段を進むと、正面に朱塗りの金堂

201606 kansinji 115

室町時代初期に建造され、本堂としては大阪府内で最古の建造物だとか。

その脇には純白のクチナシ…

201606 kansinji 135

周囲には甘い香りが漂っています。これはいつか庭木に植えてみたいものです。

こののち金堂で、如意輪観音菩薩様に拝礼を済まして右手を見やると、西日を浴びた庭が明るく浮かびます。

         201606 kansinji 125

紅葉の名所として知られるだけに、秋はこの額縁に美しい錦絵が収められるのでしょうね。

この時期の観心寺では、紫陽花が見頃ということでしたが…

201606 kansinji 140

自分の探し方が悪いのか、あまり紫陽花の株は見かけられず…

201606 kansinji 145

むしろ、修行大師像(修行中の弘法大師像)のそばに、四国八十八か所霊場のお砂踏み道場があることに驚き…

201606 kansinji 150

そのすぐ横には、宮内庁が管理する後村上天皇の陵墓があったり、南北朝時代の武将・楠正成公の首塚があるなど
過去に訪れた時には気付かなかった新たな発見がありました。

ともあれ、梅雨も末期となり、西日本が連日豪雨に見舞われる中で、久しぶりの快晴の中、お寺に足を運びましたが、
気がつけば、もう目の前に7月…。

熊本の地震が4月、5~6月は某知事にまつわる問題、そしてここ1週間は、まさかと思われたイギリスのEU脱退の判断…

201606 kansinji 165

世間の「カンシンジ」は、紫陽花の色が変わるがごとく、移ろい行くね…(笑)



 

  1. 2016/06/26(日) 22:40:07|
  2. 紫陽花
  3. | コメント:0

夏の夜の夢…

うめきた広場の背後を飾るビル群

201606 osakaeki 505

大阪駅に通じる大階段

201606 osakaeki 590-105-2

グランフロント南館

201606 osakaeki 560

広場に浮かぶ「うめきたSHIP」

201606 osakaeki 570

夏至間近、大阪の街並み…

201606 osakaeki 515

本格的な暑さは…まだまだこれからやね。


 
                                    ※メンデルスゾーンの結婚行進曲でも知られる
                                           「夏の夜の夢」。ついつい、「真夏の…」としたく
                                           なるけれど、正しくは夏至を指し、真夏ではなく
                                           夏であることを、つい最近、NHKのラジオ番組
                                           「音楽の泉」で知りました。
                                           松任谷由美の曲の影響…んなわけないな(笑)


  1. 2016/06/20(月) 19:45:17|
  2. 夜景・ライトアップ
  3. | コメント:2

夜景 「大阪ステーションシティ」界隈

大阪駅北側に並ぶ「グランフロント大阪」のビル群

201606 osakaeki 205-8

仕事帰りに梅田で所用があったついでに、足を運びました。

ここは大阪駅の北側、通称「ノースゲート」

201606 osakaeki 225-8

主にファッション系の商業テナントが入る「ルクア」側の入り口。
大きな開口部が文字どおり、ゲートのようです。

この大階段の手前の広場から見上げるノースゲートビル高層棟…

      201606 osakaeki 220-8

元はJR大阪三越伊勢丹がテナントだったのですが、周囲の百貨店との競合に苦戦を強いられた末、
今は「ルクア1100」となっています。
伊勢丹の苦戦の背景には、某老舗関西系百貨店による壮絶な流通経路の締め付けがあったとも噂されます。

反対側を振り向くと、グランフロント南館…

201606 osakaeki 215-8

白く明るい装飾が目立つ南館。パナソニックなどのショールームがあり、余談ですが、
この春、我が家の水回りをリフォームする際に、何度か足を運びました(笑)

ルクア1100側から、ノースゲートビルの屋上へ上がってみると…

201606 osakaeki 210-8

うめきた二期用地を隔てて、梅田スカイビル、ウェスティンホテルが見えます。
近年、スカイビルはイギリスの雑誌で名建築と取り上げられ、以来、多数の外国人観光客が押し寄せています。

さらに南西側には…

201606 osakaeki 230-8

ヒルトンホテル、大阪四季劇場が入るハービスエント、ブリーゼブリーゼの夜景。
そう言えば、春にハービスエントで、かつての職場の後輩らが、自分のお祝い会を催してくれたのが、嬉しかったな…

実は、この夜景を眺められる場所のすぐ横には、なんと屋上菜園が…

  201606 osakaeki 250-8
          201606 osakaeki 245-10

「天空の農園」と呼ばれる空間、葡萄畑の木には、しっかり実もなっています。
都会の真ん中の、しかも1日に80万人以上もの人が行き交う駅の屋上という、ミスマッチが良いですな^^

仕事帰りの夜景散歩…

201606 osakaeki 200-8

関西以外ではあまり知られていない大阪の素顔やね^^


 
  1. 2016/06/18(土) 00:43:01|
  2. 夜景・ライトアップ
  3. | コメント:2

北山川 サンセットカヌー

全国で唯一の飛び地の村、和歌山県北山村。

       

奈良県と三重県との県境に挟まれるこの村の南側を縁取るように、北山川という川が流れます。
日本有数の多雨地帯、大台ケ原を源流とする北山川は水量が多く、広い河原をはじめ大河の様相を呈し、
ウォータージェットと呼ばれる遊覧船も運行されています。

その観光遊覧船の運航が止まる夕方、川には静寂が戻ります。

201605 kitayamagawa 100

2016年の初夏、この静寂の時を狙って行われる「サンセットカヌーツアー」に出向きました。

ライフジャケット、ヘルメットを着用し、パドル(櫓)の操作など簡単なガイダンスののち、いざカヌーへ…

   201605 kitayamagawa 80
        201605 kitayamagawa 85

厳密にはカヤックと呼ばれるひとり乗りのカヌー。
バランスを崩すと横転してしまうとのことで、最初はおっかなびっくりでしたが、支流が注ぎこみ、池のように緩い流れ
となっている場所で、ガイドさんの指導のもと、しばし練習ののち、いざ本流へ…

201605 kitayamagawa 120

いきなりの急な瀬をやりすごせば、あとはのんびりしたクルージングとなり、写真を撮る余裕も…(笑)

改めてこの北山川ですが、奈良県の上北山村、下北山村を流れ、さらに和歌山県北山村を越え、やがて熊野川に合流。

201605 kitayamagawa 150

見た目にはとても穏やかな川ですが、平成23年に紀伊半島を襲った豪雨の際には、周辺の広い地域を水没させるなど、
甚大な被害をもたらしました。

岸を見上げると、屏風状の断崖の上に原生林が広がります。

201605 kitayamagawa 115

流域では昔から林業が盛んで、切り倒した木材を川に流して運ぶ筏流しが隆盛を極めました。
道路の整備に伴い、トラックに取って代わり、一時期、姿を消した筏流しでしたが、その後、観光用筏下りとして復活。
我が家が訪れた日も、その集合地点「道の駅・おくとろ」では、マイクロバス数台分もの予約客であふれていました。

実は今回、筏下りの予約が取れずに困っていたところ、このサンセットカヌーツアーを見つけました。

201605 kitayamagawa 140

筏下りは激流区間が主なコースですが、このカヌーツアーは、川幅の広い流れの穏やかな区間が多く、
川面の風を受けつつ、周囲の景色をじっくり楽しみながら進みます。

進むこと小一時間、パドルさばきが、すっかり板についてきた愚息は、ターンも思いのままに決め…

    201605 kitayamagawa 110-580

ドヤ顔の笑みを浮かべています(笑) 

 He is aiming at the university in Tokyo . I think , how many times can we play wiith him … )

静かな夕暮れの水面を滑るように進む「サンセットカヌーツアー」…

201605 kitayamagawa 135-2

至福のひと時でした。



 

  1. 2016/06/12(日) 21:30:28|
  2. 水辺の旅
  3. | コメント:2

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (139)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (73)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (35)
百名山 【東海・北陸】 (6)
近畿の山 (20)
国内旅行 (171)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (18)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (209)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (15)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる