人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

南紀風景  潮岬、橋杭岩…

本州最南端、潮岬のキャンプ場…

201509 sionomisaki 100

GWと夏休み、そして2015年はシルバーウィークと、年3回だけキャンプ場として開放される10万㎡もの草原には、
色とりどりのテントが張られ、明るい灯がともっています。

このキャンプ場、いまや主流のオートキャンプは不可ということもあってか、客層は熟練者やライダーがほとんどを
占め、マナーも保たれた静かな夜が訪れています。

見上げれば、満天の星…

201509 sionomisaki 101

この日は夜11時に就寝し、翌朝5時半に起床。

キャンプ場から車で15分ほどの橋杭岩に、独り出向いてみました。

201509 hasikuiiwa 203

橋を支える桁のような岩が並ぶ間から、朝日が昇り…

201509 hasikuiiwa 100

岩のシルエットがひときわ黒く感じられました。

キャンプ場に戻ると、オレンジ色のカンナが多数咲き乱れ…

201509 sionomisaki 103

明るい陽射しを全身で受けているようです。

ちなみにこちらのキャンプ場、小学生以上1人につき利用料は600円。
駐車場からキャンプサイトまで荷物を運ぶ際には、軽量の手押し車も借りることができます。

朝食後、すっかり日が昇ったところでテントを撤収。
車で15分ほどの大島へと向かいます。

この大島は、トルコの軍艦「エルトゥールル号」遭難の地…

   201509 sionomisaki 110
          201509 sionomisaki 111
         (トルコ共和国初代大統領の像)

明治23年、嵐の海で座礁した軍艦の600名近い乗組員・兵士が、故郷を遠く離れたこの地で命を落としました。
一方で、串本の住民による救助と介抱により、69名の命が救われたことが、日本とトルコの友好の歴史の礎となり、
100年近い歳月を経たイラン・イラク戦争の際、イランから脱出できず窮地に立たされていた215人の邦人救出のため、
日本の大使からの救援要請を受けたトルコ大使が、「トルコ人なら誰もが、エルトゥールル号遭難の際に受けた恩義を
知っている。ご恩返しをさせていただきましょう。」と快諾。
まもなくイランにトルコ航空機を派遣、取り残されていた邦人全員が無事に帰国できた…という史実があります。

こちらは、エルトゥールル号の慰霊碑のそばにある樫野埼灯台。

201509 sionomisaki 113

ここからは、エルトゥールル号が遭難した海も一望のもとに…

201509 oshima 252

多くの兵士たちの命を奪いつつ、日本とトルコの親善の始まりとなった海も、この日は秋の日に照らされ、
穏やかな表情を見せていました。

黒潮流れる南紀、温泉と雄大な景色を見たくて、シルバーウィークに駆け足で旅しました。つづく…


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

  1. 2015/09/29(火) 23:30:37|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:6

日光白根山  その2

日光白根山の山頂で小休止ののち、菅沼の駐車場に向かって下山開始…

201409 nikkousirane 121

登山道は岩稜帯を縫うように続きます。

201409 nikkousirane 122

獅子のような岩峰の奥に尾瀬の山並みを見ながら、三点支持で慎重に岩場を急降下…

201409 nikkousirane 123

ぐんぐん下り続けると、眼下には大沼(左)と菅沼(右)が近付いてきます。

201409 nikkousirane 120

GWでも全面結氷が見られる両沼、秋のこの時期には、青く静かな水面が、万緑の中のアクセントとなっています。

この奥日光地域、冬には氷点下30度を記録するという本州きっての寒冷地であり、気候区分的には、
北海道内陸部と同じ「亜寒帯冬季少雨気候」に属するようです。

9月の下旬とはいえ、既に赤く色づいたナナカマドも見られる中、さらに下降を続けると…

   201409 nikkousirane 143    
          201409 nikkousirane 145

金精山を背景に、エメラルドグリーンに光る弥陀ヶ池が見えてきます。    

池のほとりに立つと、静寂感の中、水面に樹々の緑が映っています。

201409 nikkousirane 144

この先は、深い針葉樹の森の中を行きます。

201409 nikkousirane 152

視界の利かない道を行くことにうんざりし始めた頃、突如、シカが現れました。

201409 nikkousirane 153

このあたりも昭和60年代以降、急速にシカの生息数が増え、湿原や森の荒廃が見られるとのこと。
柵の設置、幹周りのネットガード設置など、いろんな策が講じられているようですが、一朝一夕にはいかないようです。

やがて、道が平坦になると草原が現れ…

   201409 nikkousirane 161
            201409 nikkousirane 154

道端の蝶やキノコを愛でながら、ほどよい疲労感と達成感の中、迎えのバスの待つ菅沼駐車場に到着。

往路にゴンドラを使ったお気楽登山ながら、変化に富んだ山歩き…

201409 nikkousirane 151

じっくり堪能しました。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

<山行記録>
   ロープウェイ山頂駅 11:07 ~ 避難小屋 11:58  ~ 山頂  13.:47 14:06  ~ 弥陀ヶ池 15:04 
     ~  菅沼駐車場  17:02


以下、日光白根山で出会った花… 続きを読む
  1. 2015/09/26(土) 11:37:13|
  2. 百名山 【関東・甲信越】
  3. | コメント:4

日光白根山

丸沼高原からのロープウェイを降りると、目の前にはめざす日光白根山

201409 nikkousirane 105

標高は既に2,000m。ロックガーデンという名の園地では、7月頃になると、シラネアオイ、コマクサをはじめとする
高山植物も多数見られるようですが、9月下旬ともなれば、花は見られません。

ここのもうひとつのウリはこちら…

201409 nikkousirane 103

上越国境や尾瀬の山々を眺めながらの足湯は、「天空の足湯」と名付けられ、正面には上州武尊山が迫ります。

軽いウォ-ミングアップのあと、観光客らの声を背後に登山道に入ると、すぐさま二荒山神社の社殿が現れます。

201409 nikkousirane 107

白根山と男体山、二つ荒ぶる火山を指して、「二荒山=ふたらさん」、これを音読みすると「にこうさん」となり、
後世にそれが転じて「日光」となったという説があります。

関西でも、「武庫=むこ」の山に、「六甲」という字があてられ、やがて、「六甲山=ろっこうさん」となったと
いう説がありますが、そう思って色々な地名を眺めてみると、由来がどうなっているのか気になります(笑)

登山道からそれてしまいましたが、このあたりの山域では、日本海側と太平洋側の樹木が見られ、オオシラビソと
シラビソ、それらにコメツガが混じる針葉樹の森の中を行きます。

    201409 nikkousirane 93
               201409 nikkousirane 96

山登りを始めた頃から、針葉樹の森はどうして甘い香りがするのだろうと、長年、不思議に思っていましたが、
これは、幹の細長く膨らんだ部分に蓄えられた樹液が香っているとのこと。

蜂蜜のような色と粘り気があり、ツンとした柑橘系の香りをさらに甘くしたような香り…
自分はこの香りの中を歩くと、気分がとても高揚します。

また、登山道にはキノコが多く出ており…

    201409 nikkousirane 109-486
              201409 nikkousirane 108-486

食べられるキノコの見分け方を知っていれば、より楽しいだろうなと思います。

やがて針葉樹の森を抜けると、視界が開けるものの…

201409 nikkousirane 110

午後とあって、雲の量が増えています。

振り返れば、右手に標高2,388mの錫ヶ岳、その左奥には雲がかかりつつある皇海山…

201409 nikkousirane 111

錫ヶ岳の方は、「群馬百名山」と称されるようですが、ルートはかなりの難路だそうです。

今にも泣き出しそうな空模様を心配しながら、ジグザグ道のザレ場をゆっくり登ると、現れるのは南峰のピーク。

     201409 nikkousirane 125

ここは軽くスルーして、さらに数十m下降して登り返すと、ようやく日光白根山最高峰(2,578m)に到達!

201409 nikkousirane 130

あいにくの曇天ながら、視界は360度。

北東側の切れ落ちた崖のはるか下には、五色沼。

201409 nikkousirane 112

残念ながら、男体山は雲がかかり見えません。

一方、北側に目を転じると、尾瀬の盟主・燧ケ岳…

201409 nikkousirane 114

双耳峰の左奥に連なるのは、越後三山あたりだろうか…
(つづく)※2014年9月の登山記です。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

<山行記録>
   ロープウェイ山頂駅 11:07 ~ 避難小屋 11:58  ~ 山頂 13:47
  1. 2015/09/22(火) 23:49:48|
  2. 百名山 【関東・甲信越】
  3. | コメント:2

薬師岳 点描

太郎坂  【9:32】

201509 yakusidake 701


薬師岳を背景に  【10:01】

201509 yakusidake 700-22


薬師峠急登  【11:06】 

201509 yakusidake 703


ザレ場のケルン 【12:22】

201509 yakusidake 713


紺碧の空  【12:37】

201509 yakusidake 616


ピークの競演  【12:48】

201509 yakusidake 717-2


頂に憩う  【13:13】

201509 yakusidake 714


どこまでも、どこまでも広い空…

201509 yakusidake 715-2

尽きることない、9月の山の魅力…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


  1. 2015/09/19(土) 19:25:24|
  2. 百名山 【東海・北陸】
  3. | コメント:6

薬師岳 その3 富山

薬師岳山頂から望む赤牛岳

201509 yakusidake 300

登頂を果たした満足感に浸りながら、皆さんそれぞれに眺望を楽しんでいる様子。

赤牛岳から伸びる稜線の先には、黒岳(水晶岳)

201509 yakusidake 302

さりげなく頭を出すのは、常念岳だろうか…。

見渡す限りの山々にあって、主役はやはり、槍、穂高のスカイライン…

201509 yakusidake 301

存在感の違いを感じます。

さらに南西には、黒部五郎岳、笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽の奥飛騨カルテット。

201509 yakusidake 306

笠ヶ岳のとんがり帽子が、ひときわ目立ちます。

いつまでも飽かず眺めていたいパノラマに別れを告げ、午後1時半に下山開始。
ザレ場のピークから急下降して…

201509 yakusidake 303
【13:40】

この先、薬師岳山荘に戻り、デポした荷物を回収。
時刻は午後2時。木の香り漂う山荘のドアを開け、予約のキャンセルを詫びて、
下山再開。

グングン高度を下げるに伴い、パノラマは小さくなり、槍の穂先は、小さな池塘で見納め…

201509 yakusidake 307

薬師峠から太郎平に向かっては、登り坂…

201509 yakusidake 310

下山路での登り、ひときわ辛く感じるのは、自分だけだろうか…

太郎平小屋のベンチで小休止ののち…

201509 yakusidake 313
【15:20】

眼下に光る有峰湖を見ながら、ひたすら折立をめざし下山…

201509 yakusidake 315

結局、登山口・折立には、日没後の残照がかすかに残る午後6時過ぎに到着。

車に戻って登山靴を脱ごうとすると、義父に買ってもらって以来、15年余り一緒に山を歩いてきた相棒は、
パックリと口を開けていました。

長いこと歩いたね、ご苦労様…

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

<山行記録>
   薬師岳 13:30 〜 薬師岳山荘 14:02 〜 太郎平小屋 15:15 15:24 〜 折立 18:20

  1. 2015/09/17(木) 23:05:25|
  2. 百名山 【東海・北陸】
  3. | コメント:2

薬師岳 その2 富山

薬師峠の先の急登から、振り返り見る太郎平…

201509 yakusidake 200
【11:05】

細く光る登山道と、太郎平小屋の赤い屋根のかなたには、白山のシルエット。

9月の山、空は高く…

201509 yakusidake 201

鹿の子模様の雲の下に吹く風は、涼しい。

主稜線から東南に伸びる薬師岳の山容は、包み込むように大きく…

201509 yakusidake 202

裏銀座や槍・穂高から見る北ア随一の優雅な姿といい、どこか女性的な印象。

岩とハイマツの斜面には、ウラシマツツジが紅を添え…

201509 yakusidake 204

標高2,701mに建つのは、薬師岳山荘。

201509 yakusidake 205
【12:01】

2010年に新装なった小屋は、ほのかな木の香り…。ここに荷物の一部をデポして、めざすは山頂。

ここからは、視界いっぱいに広がるザレた斜面…

201509 yakusidake 208

やがて現れる小さなピークに立てば、ケルン越しに槍・穂高の黒い山並み…

201509 yakusidake 213
【12:44】

目を転ずれば、薬師岳のピークは、もう目の前。

201509 yakusidake 210

白く明るい道を軽快に進むと、ほどなく標高2.926mの頂に到着。

201509 yakusidake 212

目の前に鎮座するのは、一段と大きく見える劒と立山…

201509 yakusidake 214

時刻は午後1時前。薬師岳山荘の予約、どうしようかな…(つづく)


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

<山行記録>
   太郎平小屋 10:30 ~ 薬師岳山荘 12:03 12:10 ~  薬師岳  12:59

  1. 2015/09/15(火) 23:51:45|
  2. 百名山 【東海・北陸】
  3. | コメント:4

薬師岳 富山

富山・薬師岳の麓、有峰の夜空…

201509 yakusidake 99

時刻は、午前0時半。
薬師岳の登山口、折立につながる有峰林道のゲート前には、この時間でも数台の車が並んでいます。

午前6時近くになると、その列は30台近くに…

       201509 yakusidake 101-486
         
6時ちょうどにゲートが開くや、料金を払い終えた車が等間隔で林道を進み、約40分で折立に到着。
2015年9月の土曜日、収容台数100台ほどの駐車場は、この時点で6割方うまっています。   

       201509 yakusidake 100

軽いウォーミングアップののち、折立ヒュッテ前から出発

    201509 yakusidake 102-486
           201509 yakusidake 103-486

まだ薄暗い森の中の道、通称「太郎坂」を一歩一歩登ると、多数のゴゼンタチバナ。
花をつけないものは葉が4枚、花が咲き、赤い実をつけるのは、葉が6枚…、不思議なものです。

さて、自分自身、2015年初めてのアルプスとなった薬師岳。折立から山頂までの標高差だけで、約1,600mもあり、
感覚を確かめるように、ゆっくりゆっくり登っていると、後続の方にどんどん追い越されます。
この日初めて、先行する女性2人組に追い越そうとした時、頭上が明るく開け、標高1,807mの三角点に到達。

         201509 yakusidake 104-486

随分時間がかかったろうな…と、時計を見ると、登り始めからまだ1時間30分足らず…。
標準コースタイムが2時間なので、かなり速いペースであり、自分を追い越していった皆さんは、どんだけ健脚やねん!
と内心ツッコミたくなります(笑)

それはさておき、ここから北側を見ると…

201509 yakusidake 106

三角錐の山容が、鎧を着た武者を連想させる劒岳(左)、その手前にわずかに見える弥陀ヶ原からは、稜線が伸び、
その先には立山の雄姿。
この角度からは、室堂から見る台形とは異なる山容が、新鮮な印象です。

長らく雨が続いた9月、この日は快晴とはいかないものの…

201509 yakusidake 105

うろこ状の雲が浮かぶ明るい空が広がります。

9月とあって、花の数は少なめながら、リンドウをはじめ…

   201509 yakusidake 115-486
           201509 yakusidake 108-486
    201509 yakusidake 109-486

ヤマハハコの群落も見られます。ちなみにこの赤い実もよく見かけましたが、何というのでしょう…

樹林帯を抜け、明るい草原の中の坂道にそろそろ飽きかけてきた頃、太郎平小屋に到着。

201509 yakusidake 114

標高2,330m、北アルプスの縦走路が交わる拠点であるここからは、平地からはほとんど見ることができない
水晶岳をはじめ、鷲羽岳、雲上の庭園・雲の平など、北アルプス最深部の山々が望めます。

立派な標柱の向こうには、北ノ俣岳(右)、黒部五郎岳(中央)、その左奥には、三俣蓮華岳から双六岳に続くスカイライン…

201509 yakusidake 116

この標柱の近くには、沢からポンプアップした水が提供(寸志要)され、長い坂道で乾いた喉を潤したのち、
小屋前のベンチで昼食に。ちなみに小屋でペットボトルのお茶を買い求めると、1本400円しました(笑)

昼食後、ザックを背負い、木道の上に立つと、目の前いっぱいに広がる薬師岳の山容…

201509 yakusidake 112

さぁ、登るぞ!(つづく)


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

<山行記録>
   有峰ゲート 6:03  ~  折立 6:40 6:48  ~ 1,870m三角点 8:15 ~ 太郎平小屋 10:08 (昼食) 10:30

  1. 2015/09/13(日) 15:41:43|
  2. 百名山 【東海・北陸】
  3. | コメント:2

「やすらぎの湯」 八丈島

八丈島滞在の最終日、訪れたのはこちらの温泉

201508 hachijyo yasuraginoyu 99

「やすらぎの湯」

所在地:東京都八丈島八丈町中之郷1442
営業時間:10~21時 (受付20時30分まで)
入浴料:大人300円
木曜休み  (2015年8月)

温泉が開く午前10時前に到着した「やすらぎの湯」。
5年前に訪れた時と同じたたずまいに、あぁ、こんな感じだったな…と懐かしくなります。

浴室内は、シンプルなタイル貼りに四角い木枠の湯舟…

201508 hachijyo yasuraginoyu 100

泉質:ナトリウム・塩化物泉  源泉温度:44.8度  PH:6.4

窓の外に海が眺められる静かな浴室。
浴室内の写真は、他に誰もいないから撮ってもいいよ、と受付の方に許可をもらいました。

空気が澄んだ日には、八丈島から70km南に離れた青ヶ島も見えるとのことですが…

     201508 hachijyo yasuraginoyu 102-486
            201508 hachijyo yasuraginoyu 103-486

この日は見えずじまい^^

湯のほうは、ちょうどいい湯加減で、島の「ふれあいの湯」「裏見ヶ滝温泉」と同じ塩化物泉ながら、無色透明…。
底の木の板まで透けて見えるなど、同じ泉質なのに面白いものです。

ご覧のとおり、露天風呂もなく、他の八丈島の温泉施設に比べて小ぶりながら、ここでは静かに湯浴みが可能。
自分は、5年前と同様、八丈島での日々を思い出しながら、貸切状態の湯舟でまったりさせていただきました

島最後の湯浴みのあと、旅のフィナーレに、大潟浦に足を運びました。

201508 hachijyo ogataura 153

大潟浦園地

所在地:東京都八丈町大賀郷
駐車場無料

周囲には何もなく、夜には満天の星空が広がるこの海辺。
島の西側に位置し、この日は沖縄に迫っていた台風の影響で、早くもうねりが打ちつけています。

ここは、園地といいながら、見渡す限りの水平線と、溶岩と思われる大きな岩がゴロゴロとしていて、人工的な物が
何もないところが気に入っています。

    201508 hachijyo ogataura 151-489
           201508 hachijyo ogataura 300-489

こういう所にやってくると、子犬のように駆け回っている我が子ら…。
お金のかからない、大きな大きな遊び場です(笑)

振り返れば、盛夏に訪れた八丈島、わずか4日間ではありましたが、濃厚で楽しい日々を過ごすことができました。
3泊した宿「ケンチャルマ」のスタッフさん、スノーケルのガイドさん、美味しい料理を楽しませてくれた飲食店の方々をはじめ、
島の皆さんには、温かくもてなしていただき、感謝申し上げます。

自分も遠い将来、品川ナンバーの軽自動車で、島の空港に子や孫をいそいそと迎えに行く日を夢見つつ…

201508 hachijyo ogataura 152-2

ありがとう、さようなら…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

※「離島旅行」の皆さま、お邪魔いたしました。

  1. 2015/09/10(木) 20:10:37|
  2. 東京都の温泉
  3. | コメント:4

牧場、ハイビスカス… 八丈島点描

牛が草を喰む、牧歌的な風景…

201508 hachijyo makiba 200

ふれあい牧場

所在地:東京都八丈島八丈町大賀郷 5627番地1
開放時間:9時30分〜16時
無料 休みなし (2015年8月)

八丈富士の6〜7合目に位置する牧場。
標高は高く、眼下には、緑の中に点在する大賀郷の家並み…

201508 hachijyo makiba 201

遠く、大坂トンネルに向かって伸びるコンクリート橋も見えます。

振り返れば、八丈富士の恰幅ある山容…

201508 hachijyo makiba 202

再訪した2015年夏、滞在4日目にして、初めて山頂まで見えました。

この絶景に抱かれた牧場で飼われているのは、黒い牛。

201508 hachijyo makiba 205

以前は、茶色いジャージー牛も見かけたような気がしますが、この日は黒い牛ばかり。
乳牛から肉牛にシフト…!? 実態はよくわかりません(笑)

こちらは、駐車場から展望台に向かって伸びる坂道…

201508 hachijyo makiba 206

まるで空に飛び出す滑走路…。
白い波が岬を洗う様子といい、ここからのダイナミックな風景は、自分自身とても気に入っています。

真夏の八丈島、もうひとつの眼福は、こちら…

201508 hachijyo haibusukasu 501

町中、至るところで見られるハイビスカスの花。

高知・室戸岬あたりの国道沿いのハイビスカスも見ごたえがありますが、八丈島では、街路樹や民家の庭先などで
多数見られます。
前回訪れた時は、4月のフリージアの時期だったこともあり、八丈島は花の島という印象が強く残ります。

色も情熱的な赤をはじめ…

201508 hachijyo haibusukasu 505

オレンジ、ピンクなど様々。
中でも気に入ったのは、このオレンジ…

201508 hachijyo haibusukasu 502

ほんのりグラデーションが美しい、島の花でした。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村


以下、チラシの裏…

続きを読む
  1. 2015/09/09(水) 00:28:37|
  2. 東京都の温泉
  3. | コメント:2

野湯 八丈島・汐間海岸

徐々に潮が満ちてくる海岸…

201508 hachijyo sioma 100

島の南端、小岩戸ヶ鼻と呼ばれる断崖を望むこの海岸は、サーファーに知られたスポット。
この日も数名のサーファーが、波とたわむれています。

ここは、洞輪沢(ぼらわざわ)港から、細い道を海岸沿いに車で2~3分ほど進んだ所。

201508 hachijyo sioma 103

振り返ると急峻な崖。
幾筋もの滝が、白く流れ落ち、その下には、湯の集積場とされる廃墟が…

    201508 hachijyo sioma 105-486

このあたりの海岸だろうかと探してみるものの、湯が泡を出して、湧き立っているような場所は見つからず…。

ちょうど海から上がられた同年代とおぼしき女性サーファーに尋ねたところ、もう少し港寄りの、道がカーブする
あたりの海辺で、石をどけると温泉が湧き出るとのこと。 

駐車場そばの岩場でカニや小魚を探す子らと離れ、独り、教えられたあたりへ…             

201508 hachijyo sioma 100-2

潮が満ちてくる浜辺、聞こえるのは、波と風の音だけ…  

このあたりで丸い石をどけ、少し掘ると確かに暖かい湯が…

           201508 hachijyo sioma 106-486
   201508 hachijyo sioma 109-486☆
 
湯温は、軽く40度以上はあろうか…。
少しずつ、潮が満ちてくるのをぼんやり眺めながら、足を浸すことしばし…

野湯を探しにきたものの、海の景色の中に独り、身を置いていると、湯の香りがどうとか、泉質がどうだとか…

201508 hachijyo sioma 101

そんなことは、もうどうでもいいね…^^


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

  1. 2015/09/05(土) 11:44:43|
  2. 東京都の温泉
  3. | コメント:2

お魚三昧 八丈島「瑚庵・藍ヶ江水産・宝亭」

八丈島での食事…、といえばやはり魚料理が浮かびます。
今回の旅は食事なしの宿で泊まったので、昼食、夕食は、主に魚が美味しいと評判のお店を選びました。

到着した日の夕食に訪れたのはこちら…

201508 hachijyo goan 99

「瑚庵(ごあん)」

所在地:東京都八丈島八丈町大賀郷 2403-4
営業時間:17時30分~23時 L.O 22時
月曜休み (2015年8月)

「BREEZE」というダイビングショップに併設されたこのお店、我が家が3泊した「ケンチャルマ」という宿の
系列店にあたるようです。
ジャンル的には創作居酒屋といった印象で、こじんまりした店内のキャパ的には20人程度。
その分、静かで落ち着いた雰囲気の中で、食事ができました。

ここで早速注文したのは、刺身の盛り合わせ…

201508 hachijyo goan 101

皿の脇には、「スギ、アオゼ、銀目、金目、目鯛」と添えられています。
いやはやどれも美味で、自分は鯛の身に似たアオゼが、淡白で一番好みの味でした。

なお、こちらのお店は、席数も限られるので、混み合う時間帯は予約を入れるのがオススメです。     

翌日の昼食に訪れたのは、倉庫のような造りのこちら…

201508 hachijyo aigae 100

「藍ヶ江水産 地魚干物食堂」

所在地:東京都八丈島八丈町大賀郷2333 藍ヶ江水産工場内
営業時間:11時30分~14時 夕食は5名以上の予約要
水曜休み (2015年8月)

八丈特産のくさやをはじめ、地魚、干物をネット通販で扱う水産加工業者さんのようですが、
八丈島の食事処として、ネットやガイドブックでも、必ずその上位に名を連ねています。

店内では、冷蔵ケースに干物が並べられ…

    201508 hachijyo aigae 101-486
          201508 hachijyo aigae 103-486
         
全て100円と表示された島の焼酎も並べられています。好きな方には、昼間からクイっといっと行きたくなる光景…(笑)
飾らない雰囲気の食堂は、店員さんも皆、威勢がよく、魚を味わう前から、期待が高まります。

そんな中、我が家がオーダーしたのは、あら煮定食…
  
201508 hachijyo aigae 106

どーーんと置かれた頭をはじめ、いろんな魚のあら煮を楽しめる定食。
これ自体、かなりのボリュームがあるものの、やはりご飯がどんどん進みます。

他には、ビーチサンダルかと思うほどの大きさのカマスの干物定食…

  201508 hachijyo aigae 115
       201508 hachijyo aigae 116

地魚の漬け丼など、どれもこれも食べ応えのあるメニューで、昼間から相当満腹になりました。

中でも双子1号がたいそう気に行ったのが、味噌汁の具にあったカメノテ…

   201508 hachijyo aigae 108-486
          201508 hachijyo aigae 107-486

どこをどう食べるのかと思ったら、店員さんが、ゴム手袋の手首部分のようなハカマをちぎって中身を食べるのだと
教えてくれました。
お味のほうは、カニとエビを混ぜたような味わい。
TOKIOの「鉄腕ダッシュ」でいつも見ていて、本当に食べれるのか?などと思っていた長年の疑問が解けました(笑)

こちらの店には、月曜日の11時半頃に出向いたのですが、12時を過ぎると、10人以上の行列ができるなど盛況でした。

島最後の日の昼食には、こちらを訪れました。

201508 hachijyo takaratei 100

「割烹 宝亭」

所在地:東京都八丈島八丈町三根765 水産試験場 手前
営業時間:11時30分~14時30分 18時~21時
不定休  (2015年8月)

割烹とあるものの、敷居も高くなく、店内に入ると、小さな子ども連れのファミリーの先客が2組おられ、
その後も親子3世代など、家族連れが多く来店されていました。

こちらでは、天ぷら定食とともに、刺身定食を3人前注文したところ、なんとこんな形で…

201508 hachijyo takaratei 101

どーんと置かれた舟盛り。
種類は、カンパチが2種類、キツネガツオ、メダイとのことですが、どれがどれだかよくわからず…(^^;

で、よく見るとこの魚の枕が…

  201508 hachijyo takaratei 103-486
        201508 hachijyo takaratei 102-486

珊瑚を枕にして寝たら、潮騒をBGMに、さぞや気持ち良く天に召されたであろうと、美味しくいただくことに…^^
一見、ハマチのような身、重い舌触りかと思いきや、意外と食べやすく、喉越しも良かったです。

この他、夜風の心地よいデッキで食事をした「ポケット」

  201508 hachijyo poketton 99
       201508 hachijyo poketto 90
       (ナシゴレン)

くさやのピザをはじめ、創作料理のメニューが豊富な「エイト」

 201508 hcahijyo eito 99
        201508 hcahijyo eito 101

…などなど、どこも自分の中では平均以上の美味しさで、大満足の八丈島の食事でした。

温暖な気候で、食事が美味しく、良質な温泉に、海と星空がとても美しい八丈島…

201508 hachijyo osakatouge 100

いつかきっと住んでやる!
(…と、お気楽な旅行者は言ってみたくなる。)


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 離島旅行へ
にほんブログ村

  1. 2015/09/02(水) 22:47:38|
  2. 東京都の温泉
  3. | コメント:8

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (139)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (68)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (31)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (20)
国内旅行 (164)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (17)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (209)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (15)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる