人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

Twilight Fantasy 大阪ステーションシティ 「時空の広場」  

大屋根の創る大空間に揺れる、無数のイルミ…

osaka st107

 “Twilight Fantasy”
場所:JR大阪駅5階 「時空(とき)の広場」
期間:平成26年11月5日から平成27年1月18日まで
時間:17~23時

ここは、大阪駅の自由通路「時空の広場」。
「星空のヴェール」と名付けられたイルミの足元には、青く輝く「光の海」が広がります。

osaka st 105

ここでは例年おなじみのスノーマンですが、マフラー姿は初めて見たように思います。

平成23年にリニューアルした大阪駅。それまで、殺風景な裏口の風情だった北側は、ノースゲートビルディング、
愛称「LUCUA」というファッションビルとなり、イメージを一新…

osaka st 114

こうして大空間のイルミを見上げていると、駅にいることを忘れてしまいそうですが、足元にはラッシュで賑わうホームが広がり…

osaka st 113

京都、神戸、奈良、関西空港方面へと向かう電車が、ひっきりなしに発着します。

改めて、サウスゲートビルディング側から見上げる「星空のヴェール」

osaka st 124

高さ17m、幅20mに及ぶというこのヴェールは、毎時0、15、30、45分の「スペシャルタイム」になると、
クラシック音楽にあわせ、イルミが点滅したり、流れ星が現れたりします。

こちらは、「光の噴水ツリー」と呼ばれる青いイルミ。

osaka st 120-2

茹でたタコの足を連想させる青いイルミ(笑)
残念ながら、クリスマスまでの限定だったようですが、絶好の写真スポットとして、多くの方が写真を撮っておられました。

顧みて、1年前にも同じような記事を綴りましたが、この1年の間に起きた出来事、成し得た事、成し遂げられなかった事を
思い出しつつ、歳月の過ぎ行く速さに驚くばかりです。

年の瀬にあたり、改めて時間とは何か…。
いい歳して青臭いことを申すなら、

どれだけうまく切り盛りしても、お金のように蓄えることができないもの…
健康のように日頃から気を付けなくとも、この手の中にあるけれど、
人生の中でどんどん減り続けているもの…

そんな自明の理に思い至ると、絶対に無駄にしたくない、自分にとって大事なことに費やしたい…
改めてそんな思いが強くなります。

自分にとって、このブログを通じてたくさんの方々とコミュニケーションできた時間は、
家族や気の置けない友人らと過ごす時間と同様に、大切な時間となりました。
改めて、拙い写真の記事に眼を通していただき、拍手&コメントをいただくなど、ありがたいことと感謝しております。

ありきたりな言い方ですが、来たるべき新しい年、平成27年・2015年の時の歩みが、皆様にとって素晴らしいものとなりますように…

osaka st 126

良いお年をお迎えください。


2014年もありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

  1. 2014/12/29(月) 19:00:00|
  2. イルミネーション

雪の氷のクリスマスツリー  グランフロント大阪

イルミが彩るJR大阪駅

umekita 99

「グランフロント大阪」 イルミネーション2014  WISH SHINEE
期間 : 2014年11月13日(木)〜2015年2月15日(日)
時間 : 17時〜24時頃
場所 : JR大阪駅北口 うめきた広場周辺

こちらは、2013年に街びらきを迎えた「グランフロント大阪」に面する北口。
ひと昔前まで「梅田駅」という大きな貨物駅が広がり、夜は一面の闇に沈んでいた空間は…

umekita 102

摩天楼の谷間にスケートリンクが広がるきらびやかな空間に生まれ変わりました。
年の瀬のこの時期ともなると、クリスマスの装飾が施されたマーケットが軒を並べ…

   umekita 101-480
            umekita 131 

都会の真ん中にトナカイまで現れます。
ちなみに、このクリスマスマーケットは、12月25日までの11~22時まで開かれているとのこと。

さらに、モダンな装いのレストラン脇には、街路樹のイルミが水面に光を落とします。

umekita 111

シャンパンゴールドに輝くLEDのイルミ、その数23万球に及ぶそうです。

umekita 113

この先のビルの壁面に、前面に立つ人の動きに反応して、雪が舞う「魔法のショーウィンドウ」があり…

     umekita 136-486
             umekita 137-480

お母さんに連れられた中国系の男の子が、飽きることなく身体を動かして、楽しそうに遊んでいます。
この年代の男の子がはしゃぐのを見かけると、我が家の息子にもこんな時期があったなぁ…としみじみ思うとともに、
過ぎ行く歳月の速さを感じずにいられません(笑)

この先、けやき並木のイルミを抜け…

umekita 114

南館からデッキを渡り、北館の吹き抜けの大空間「ナレッジプラザ」まで進むと、めざすツリーが見えてきます。

umekita 117

「アナと雪の女王」にインスパイアされたというクリスマスツリー。
高さ8mのツリーの足元を飾るのは、もちろんエルサとアナ…
    
           umekita 123

反対側にはオラフの姿も見えました。

様々なデコレーションや七色の光で彩られたツリーも素敵ですが、クールな装いのツリーも、新しい街にふさわしく思えます。

ともあれ、2014年の聖なる夜…

umekita 122

静かにそっと…“ Merry X'mas ”


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


(それにしても「雪の氷の…」より、「雪と氷の…」の方が、しっくり来るような気がするけど…)

  1. 2014/12/22(月) 23:00:39|
  2. クリスマスツリー
  3. | コメント:0

御堂筋イルミネーション 大阪

冬至直前のこの時期、日の入りの遅い大阪も、午後5時には真っ暗に。
仕事から帰る頃、大阪の中心部を流れる土佐堀川には、ビルの灯りが水面に揺れます。

midousuji 102

12月になると大阪では、至る所にイルミやライトアップが施されます。
中でもシンボル的なのが…

midousuji 101

御堂筋イルミネーション2014
2014年12月1日から2015年1月18日
17〜23時
大阪市役所正面玄関、淀屋橋交差点から難波西口交差点


中之島の大阪市役所本庁舎に輝くイルミ。大理石の壁面に青白く浮かぶのは、雪の結晶のイメージでしょうか。
日本人が、たゆまぬ努力と研究の末に世に送り出した青色LED、ここでも活躍しています ^ ^

この市役所前を走るのは、大阪のメインストリート・御堂筋。

midousuji 108

黄金色に色づいたイチョウが輝く御堂筋。ここ数年、長さを伸ばしてきたイルミですが、2014年冬からは、
大阪市役所前から難波まで、実に3kmにわたって施されるようになりました。

仕事帰りとあって三脚なしでの写真、お恥ずかしい限りですが、雰囲気だけでもと撮ってみました。

midousuji 105

黄色いイチョウとのコラボがいい雰囲気だと思うのは、地元びいきの為せるワザでしょうか…

この御堂筋には、沿道の企業からの寄付による彫刻が、29体飾られています。

midousuji 110

ロダン、ルノワール、高村光太郎をはじめ国内外の芸術家による「人間賛歌」をテーマとした作品群。
女性の肉体美をモチーフにしており、どれも個性的…。

改めて、260万都市のメインストリートでありながら一方通行で、4列のイチョウ並木に3kmものイルミが施された道…
さらには、街の顔である市役所庁舎に20m四方の巨大イルミ…
こんな街、大阪ぐらいでしょうね (笑)

12月の夜に光輝く大阪…

midousuji 100

よろしければ、この時期、足をお運びください。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

※しばらくの間、お休みいたします。

  1. 2014/12/11(木) 00:52:49|
  2. 夜景・ライトアップ

彩の国紀行  蔵造りの町並み・川越

快晴の空の下に続く、川越・蔵造りの町並み。
道を行く御婦人の和装が、とても良くお似合いです。

kawagoe 101

2014年11月後半の三連休初日、当初は両神山への登山の予定でしたが、体調も今ひとつとあって、登山を見送り、
川越を散策することにしました。

川越駅のバス停で、係員さんオススメの1日乗車券(=300円)を買い求め、バスに乗車。
蔵造りの町並みまでは、JR川越駅からバスで、本川越駅経由で10分足らず。
一番街のバス停から少し北へ歩き、陶鋪「やまわ」の横から石畳の脇道を入っていくと、「長喜院」の山門が現れます。

    kawagoe 103-480
            kawagoe 104-480

  「冷月山 長喜院」
   所在地:埼玉県川越市幸町5-7
   曹洞宗

鎌倉時代の後期(1550年代)に創建されたとのことですが、色づく紅葉や、苦行の釈迦像がたたずむ境内には、
厳かな空気が漂う中、読経の声が響いていました。
バスや車が行き交う通りから、ほんの少し脇へ入っただけで、出会える異次元な空間…。
夏には蓮の花も見られるようです。

メインストリートに戻り、通りを見渡します。

kawagoe 106

時刻は午前10時過ぎ。土曜日とはいえ、まだ観光客の姿は多くありません。

この歴史を感じさせる町並みにあって、ひときわ目立つのは、やはり、重厚な屋根の「やまわ」さん。

kawagoe 107

観光案内や他の方のブログでも、頻繁に登場するこの建物。水が打たれた店先には、老舗の風格が漂います。
いかにも重そうな屋根ですが、自分は花嫁衣装の「文金高島田」を連想してしまいます(笑)

改めて、この川越、室町時代後期に太田氏の城下町として拓かれ、以来、江戸を結ぶ水運の拠点として繁栄…
明治初期には入間県の県庁所在地となり、やがて再編された埼玉県で最初に市政を施行するなど、この地域の拠点でありました。

          kawagoe 117-460

それだけに町の力も強く、明治に鉄道が通る際には、反対派の主張に圧され、町の中心部を通れなかったことが、結果的には幸いし、
風情ある町並みが今に残ったとされます。

kawagoe 116-460

私見ながら、奥秩父までをも所管する埼玉県の県庁所在地が、この川越を無視し、県域の東端の小さな宿場町でしかなかった浦和に
置かれたのは、違和感を禁じ得ません。
譜代大名として幕府を支えた各藩に対する容赦ない冷遇、不自然な県域の設定など、明治維新の廃藩置県や県庁所在地の配置には、
事ほど左様に恣意的なものを感じるのは、自分だけでしょうか。

…と、あれこれ思索しながら歩いていると、この地のシンボル、「時の鐘」が見えてきました。

kawagoe 109

この「時の鐘」の足元にあり、眼病の治癒にご利益があるという薬師神社に、ごあいさつがてらお参りすると…

   kawagoe 115

何やらシュールなオブジェが置かれていました。古風な神社に似合わないこの物体、一体何なのでしょう…。

人通りもさほど多くない蔵造りの町並みで目立ったのが、食べ歩く方の多いこと。
建ち並ぶお店も、手軽にテイクアウトできる所が多いように感じました。

       kawagoe 113-480

また、どのお店の前も綺麗に掃き清められ、清々しさを感じました。
つまるところ、人が少なかったのが、一番の要因かもしれませんが…^^

経済・物流の中心として栄えた歴史の面影を、今に残す川越・蔵造りの町並み…

kawagoe 110-2

肩の凝らない、普段着の空気が心地良いものでした。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

続きを読む
  1. 2014/12/08(月) 21:09:58|
  2. 国内旅行

彩の国紀行  紅葉・長瀞

2014年11月下旬、両神山を登ろうと秩父まで足を運んだものの、あれこれ思案の末、この日は赤城・黒檜山を登ることにし、
その道すがら、一度訪れてみたかった長瀞の紅葉を愛でに来ました。

国道140号道沿いの看板に従って脇道に入ること2、3分、到着したのは、「月の石もみじ公園」

nagatoro 100

月の石もみじ公園
 所在地:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞
 アクセス:秩父鉄道上長瀞駅下車徒歩5分、関越自動車道・花園ICから国道140号を秩父方面へ車で17km
 有料駐車場、複数あり 500円~

絶好の紅葉狩り日和ではありますが、この日は平日。
国道の渋滞もなく、ガラガラのコインパーキングに車を停めることができました。
 
時刻は午前11時。この日の埼玉県西部の朝の冷え込みはハンパではなかったものの、この時間帯になると、寒さも和らぎ、
紅葉も輝きを増すように感じます。

nagatoro 110

いくつかの紅葉スポットを誇る長瀞にあって、この公園は、ライトアップで知られます。
2014年の場合は11月14日(金)~30日(日)の17~21時。

nagatoro 113

残念ながら、自分はタイミングが合わず、見ることはできませんでしたが、旺盛な枝ぶりのカエデだけに、夜は見ごたえがありそうですね。※
ともあれ、平日午前とあって訪れる方も少なく、本格的に写真を撮っておられる方は、2、3人見かけるだけ…

nagatoro 123

落ち葉を踏みしめつつ、河原へ出てみると、岩を刻む荒川の流れ。
穏やかな水面は、蒼色をしています。

nagatoro 104

タイミングが合えば、舟下りと会えるとのことでしたが、あいにくこの日は、会えずじまい。
この月の石公園の上流には、秩父鉄道の鉄橋もあり、うまく行けば、紅葉を背景に、SLと舟下りのショットも狙えそうですね。

駐車場側に戻ると、向かい側の埼玉県立「自然の博物館」との間に、さらに見事なカエデがありました。

nagatoro 122

緑の葉と茶色い幹を背景に、赤が映えますね。

改めて、ここへのアプローチですが、この日は平日とあって、混雑もなく駐車場もスムーズに入れたものの、
週末は国道もかなり渋滞するようです。
時間の正確性、駐車場を探す煩わしさを避けるなら、選択肢は秩父鉄道となりますが、運賃がやや割高なのと、
本数が少ないことを不便と感じられるかもしれません。

nagatoro 121

ただ、緩やかなカーブの上に建つ上長瀞駅のひなびた風情は捨てがたく、自分は、次に機会があれば、ぜひ
秩父鉄道を利用したいと思いました。

いやはや、それにしても一面、真っ赤に燃えるようなカエデです。

nagatoro 118

長瀞「月の石もみじ公園」の紅葉…

nagatoro 119

平日の午前の魅力も捨てがたく思いました。

 ※ 月の石もみじ公園のライトアップの様子は、リンクを貼っている「梅サクラさん」のブログ=☆に素晴らしい写真があります。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

  1. 2014/12/06(土) 21:46:45|
  2. 紅葉

ラスト山行  赤城・黒檜山(その2)

赤城・黒檜山展望台から望む北西側のパノラマ。

akagi 112

上越国境の山々は、すっかり冬山の様相です。
自分自身、このあたりの山域は疎いので、ピークの名前が浮かびませんが、谷川岳と西側に連なる山々でしょうか…?

北側に眼を転じると、武尊山と尾瀬の山々…

akagi 113

目いっぱいのズーム画像のため粗いですが、なだらかな山容の至仏山…

    akagi 119
            akagi 118

双耳峰の燧ケ岳をはじめ、この他に頭ひとつ高い日光白根山、皇海山などが望めました。

いつまでも眺めていたいパノラマですが、日もすっかり傾いており、黒檜山に戻り、ザックを背に下山を急ぎます。
ルートは駒ヶ岳を回る道。稜線の先には、かすかに小沼が輝くのも見えます。

akagi 221

さらにズームで遠くに迫ると…

akagi 121

雲海のはるかかなたには、富士が浮かびます。

この先、道の左手に祀られた黒檜大明神に一礼して、先を進みます。
登山としては遅い時間帯、脇目も振らず下りたいところですが、あまりの空の青さに、つい足を止めてしまいます。

akagi 206

下界では、みんな仕事や学校の時間だというのに、こんな風景を独り占め…。
改めて贅沢な時間だなぁと思います。

後ろを振り返ると、先ほどまでいた黒檜山のピークが、どっしりと構え、自分を見下ろしているかのよう…

akagi 209

雪に包まれる前の山、もう今頃は真っ白なのかな。

この先、明るい尾根伝いにどんどん進みます。

   akagi 201-480
          akagi 203-480

風の強い稜線、見かけたススキの穂も、すっかり痩せていました。

そして、黒檜山から思いのほか時間がかかって、駒ヶ岳(1,685m)に到着。

akagi 200-2

ここは、南東側に視界が開け、渡良瀬川が刻む谷が、足元に広がります。

小休止もそこそこに、稜線をひたすら下ると、広い空間が現れ、大沼への分岐点に到達。
ここでいきなり鉄製の階段が現れ、しばらくは急下降の連続…

    akagi 205-480
           akagi 211-480
 
次第に勾配は緩くなりだし、熊出没注意の看板が増え、車の音が近くになると、バンガローなどが並ぶ駒ヶ岳登山口へと出ます。

時刻は午後3時半過ぎ。
このあと赤城神社脇の駐車場に戻るべく、黒檜山を見上げつつ、大沼のほとりの車道を歩くのですが、
山道を下ってきたあとのアスファルト道は、本当に辛いものです(笑)

akagi 212-2

顧みると、結局、黒檜山・駒ヶ岳の山歩き、登りの途中で3人の方とすれ違った以降は、誰とも会わずじまい…。
どうやら、この日、赤城・黒檜山に足を踏み入れ、ラストまで山にいたのは、自分だったようです。

大沼の水面には、赤く夕日に染まる赤城神社の橋の欄干…

akagi 213

これが2014年最後の百名山かな…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

<山行記録>
  赤城神社脇駐車場 12:49 ~ 黒檜山登山口 12:52 ~  稜線 14:00 ~ 黒檜山山頂 14:03  展望台で小休止 
  黒檜山 14:23 ~ 駒ヶ岳 15:05 ~ 下降点  15:17  ~ 駒ヶ岳登山口(大洞) 15:37 ~  赤城神社脇駐車場 15:51


  1. 2014/12/05(金) 21:57:53|
  2. 百名山 【関東・甲信越】

ラスト山行  赤城・黒檜山

2014年11月後半の三連休前日、赤城山の最高峰、黒檜山登頂を目指しました。
前橋市街地を抜けると、大沼に至る県道4号は、ひたすら登り勾配が続きます。

akagi 99

すっかり葉を落とした白樺林の上に青い空が広がります。

やがて、標高1,345m地点に広がるカルデラ湖・大沼のほとりに出て、赤城神社脇の駐車場に車を停めます。
予想していたより規模が大きく、満々と水をたたえる水面。紅い橋の欄干が、冬枯れの風景に色を添えます。

      akagi 123-480
            akagi 130


駐車場から見上げると2つのピークが望めますが、左が黒檜山、右が駒ヶ岳でしょうか…?

平日の午後とあって、3、4台しか車が停まっていない駐車場をあとに、しばらく明るい車道を歩きます。

     akagi 122
             akagi 103-480

やがて大きな標柱が立つ黒檜山登山口が現れます。

ご存じのとおり、赤城山とは、最高峰の黒檜山をはじめ、駒ヶ岳、地蔵岳などの山の総称。
踏破するルートは、比較的なだらかな登りの駒ヶ岳側か、ひたすら直登する黒檜山側か迷ったものの、
下りの際の足への負担を考慮し、黒檜山側から登り、駒ヶ岳側から下りるルートにしました。

akagi 104

明るい森の中に続く登山道は、残雪もあってぬかるんではいるものの、勾配も北アや南アに比ぶべくもない快適な登り。
歩くにつれ、面白いほどに高度を稼ぎます。

akagi 133

この先、猫岩と呼ばれるポイントで、この日、初めての下山者とすれ違います。
下山者さん曰く、「山頂までアイゼンなしで行けるよぉ」とのこと。
少しずつ増える雪にどうしようかと思案していた折に、ありがたい情報です。

眼下には、穏やかな午後の陽射しを跳ね返す大沼。

akagi 105

塔が立つのは地蔵岳(1,673m)、さらに左奥に連なるのは、小地蔵(1,573m)でしょうか…。

小休止を切り上げ、すれ違う方もほとんどない山道をさらに進みます。

akagi 107

高い空のもと、明るく静かな森…、初冬の山歩きならではの醍醐味ですね。

ふと、木々の間を見ると…

akagi 108

かすかに富士山のシルエットが浮かびます。直線距離にして150kmくらいでしょうか…。
思い起こせば、2014年秋に登った10座の百名山のうち、富士が見えたのは、妙高山、会津駒ヶ岳についで3か所目。
晴天に恵まれることが多かった山行の中で、意外に少ないものだなと思います。

このあと、登り始めの「1」に始まり、所々に設置された数字の看板が、ようやく「5」を過ぎたなと思う頃、勾配が緩くなり、ひょっこり稜線に。

akagi 109

自分の中では、稜線あたりが「9」番で、山頂が「10」と勝手に予想していたのですが、単に遭難時の位置を知らせるための数字のようです。
ちなみに、この時点で登り始めから約1時間10分が経過。
標準コースタイムが2時間とされるのに、あまりにあっけない感じです。

ともあれ、ここで駒ヶ岳方面からの道と合流し、尾根伝いに進むと、ほどなく黒檜山頂へ到達。

akagi 111

思いのほか広い山頂。時刻は午後2時過ぎですが、もはや誰もおられません。
結局、登山口からすれ違ったのは、いずれも単独行の3名だけ…。
百名山に珍しい、静かな静かな山頂です。

木が茂り、あまり展望が利かない山頂にザックをデポして、「2分」と表示のある展望台へ向かいます。
ぬかるむ道を進むと、やがて足元に冬の装いの森、陰影を見せる山襞の波、はるかかなたには、白く雪を頂く山々の眺め…

akagi 115

「あぁ、美しいなぁ…」
(つづく)

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

  1. 2014/12/03(水) 22:43:42|
  2. 百名山 【関東・甲信越】

仕事帰りのイルミ 大阪・なんばパークス

仕事帰りに、難波・髙島屋の書籍売り場に立ち寄ったのち、併設するスイスホテルの5階に進み、高速バスターミナルの
脇を抜けて進むと、目の前に広がるイルミの森…

parks 102

なんばパークス
  所在地:大阪市浪速区難波中2-10-70
       南海・地下鉄難波駅徒歩すぐ。
  イルミネーション期間:2014年11月8日から2015年2月15日まで
  点灯時間:17~24時頃

階段状に広がるなんばパークスの建物に、色とりどりの光が幻想的な輝きを見せます。
ただ、このあたり、ほとんど通る人がいないため、ここから見る眺めは、知る人ぞ知る穴場スポットになっています。

パークス内へ足を踏み入れると、様々な植栽にもイルミやライトアップが施されています。

parks 106

ちょうど雨上がりの反射光を狙いましたが、あまり効果はありませんね(笑)

そんな中でひときわ輝いていたのは、ライトアップされたヤマザクラ…

parks 108

夜空を背景に浮かぶオレンジがなんとも美しいですが、木にとってはあまりいい環境とはいえないかも…。
来年、きっちり花が咲くのか、少し心配です。

この先には、水辺のイルミがあります。

parks 105

花火のような不思議な光を放つイルミ、いつまで見ていても飽きません。

さらには、パーゴラにつるされた数々のミラーボール…?

parks 121-

どことなくバブル時代の風景を連想させますが(笑)、屋外の木々の中で見るとまた違った趣があります。

さらに階段を登りきると、8階の円形劇場いっぱいに広がるイルミの海…

parks 113-

流れる音楽とともに、様々な色を放ちます。

ここはカップルが写真を撮るのに絶好のポイント…、自分も撮影を頼まれました^^

parks 115-

ただ、イルミを背景にすると、おのずと顔は真っ暗に…。何度撮ってもそうなるので、恐縮することしきり。
ここは、無理に顔を入れて撮るのではなく、シルエットで撮るのがオススメの場所ですね。

なお、今回は足を向けませんでしたが、国内最大級の「光の滝」と呼ばれるイルミネーションや

     DSC09278-6.jpg
            DSC09261-6.jpg
                (2013年)
色とりどりのイルミが幻想的な光景を醸し出すクリスマスツリーなど、パークス内には多くの見どころがあります。

そんなこんなで、15分ほど寄り道したなんばパークスのイルミ&ライトアップ…

parks 130-1

仕事帰りの栄養補給でした。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

続きを読む
  1. 2014/12/01(月) 22:02:49|
  2. イルミネーション
  3. | コメント:8

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (139)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (73)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (35)
百名山 【東海・北陸】 (6)
近畿の山 (20)
国内旅行 (171)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (18)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (209)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (15)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる