人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

「スカイラウンジ・エアシップ」 ホテル大阪ベイタワー その1

地下鉄中央線大阪港駅から海辺へと向かって歩むと、イルミネーションが煌めく一角に出ます。

14225098.jpg

クリスマスシーズンを彩るイルミですが、ここでは…

14225100.jpg

海遊館「ちきゅうたいかんイルミネーション」

所在地:大阪市港区海岸通1-1-10
期間:~3月2日(日)
点灯時間:17~22時 ※一部~20時

約100万球を使ったというイルミが、立春を過ぎ、すっかり陽の長くなった空の下で輝きます。

このイルミ、普段、大道芸などのパフォーマンスやマーケットが繰り広げられるイベント広場で催され、自由に楽しむことができます。
ここのメインはこの青いコレ…

14225101.jpg

自分はてっきり海遊館のシンボル「ジンベエザメ」かと思いましたが、「シロナガスクジラ」だそうです。

ともあれ、この海遊館界隈、冬の平日の夕方にも関わらず、ペア達が多数…

14225097.jpg

「風は冷たいのに、アツアツでよろしぃでんなぁ~」と、大阪のオッサンは独りごちるのです。

こちらは海遊館へのエントランスの横に流れるイルミ…

14225102.jpg

若いペアを中心とした入館者達は、熱帯魚が輝くこの階段を登って、吸い込まれるように館内へと入っていきます。


…と、ここまでは、仕事帰りに家内と夕食をする約束をして、その待ち合わせ時間に立ち寄ってみた、海遊館のイルミでした。

前置きが長くなりましたが、食事に訪れたのはこちら…

14225104.jpg

ホテル大阪ベイタワー 「スカイラウンジ・エアシップ」

所在地:大阪市港区弁天1-2-1
電話:06-6577-1111
ディナータイム:18~23時(L.O:21時、3歳未満利用不可)

「ORC200」と呼ばれる高さ200mのビル、この51階のお店の予約を入れていました。

店の名前は、高圧の空気をあてる最新式の湿布でもなければ、
店員が大げさな身振りで船を漕ぐパフォーマンスを…、
やめよう、中途半端なボケ…orz

訪れたディナータイム、窓際の席は、随分早くから予約が埋まるこのお店ですが…

14225105.jpg

そうでない席は、19時前という時間帯のせいか、エアが…、いや空席ばかりが目立ちます。

で、我々が通されたのはこの席…

14225111-3.jpg

窓の外に宝石箱を見下ろす席、「ほな、いただきまひょか~」(つづく)


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/28(金) 00:26:25|
  2. 大阪 (Dinner・Lunch)
  3. | コメント:4

梅 多治速比売神社・荒山公園(その2)

花、花、花の白梅…

1422222.jpg

「荒山公園」

所在地:大阪府堺市南区宮山台2-3
入園無料、無休
駐車場料金:500円 (梅、桜開花時期のみ)
駐車場開門時間:7時半〜18時半 9月~4月 <2014年2月>

周囲の風景まで明るくさせるようです。

とはいえ、風の冷たさはまだ冬のもの…

20142227004.jpg

空には薄い雲が垂れこめています。

こちらの白梅は、ミニチュア仕立てにしてみましたが…

1422214.jpg

想像したほどには面白くないですね^^;
ミニチュア効果をフルに発揮するのは、やはり人ごみの風景でしょうか(笑)

こちらは、この梅園で一番最初に咲き始めるロウバイ

1422238.jpg

花を正面から捉えるのが難しいロウバイ、周囲に立ちこめる甘い香りは、群を抜いています。

白梅の白、ロウバイの黄色、鹿児島紅の真紅…

20142227001.jpg

紅梅のピンク…

20142227003.jpg

自分はどれも甲乙つけがたいです^^

これは縁起の良い「開運」という品種

1422242.jpg

小さな八重咲きの花、運が開けるように少しづつ花を開かせるさま、ぜひあやかりたいものです^^

この荒山公園から車で10分ほどのところで、和菓子の梅を見つけました。
季節限定の「梅宝珠」¥155

  20142228005.jpg

「堺菓匠 夢や」
所在地:大阪府堺市中区深井中町1046-8
営業時間:9~19時 水曜休み

青梅の蜜漬けを、和菓子生地で包み焼き上げた和菓子。

お味の方は、普段食している梅干しの概念を覆す、フルーティで洋菓子のような味わい…

  20142228008.jpg

早春の梅園を連想させる、甘酸っぱい風味でした。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/25(火) 22:02:47|

梅 多治速比売神社・荒山公園(その1)

2014年2月下旬、まだ風の冷たい中、こちらの神社を訪れました。

1422244.jpg

「多治速比売神社」

所在地:大阪府堺市南区宮山台2-3-1
駐車場料金:500円 ※梅・桜の開花時期2月15日~4月13日のみ
 但し、午前9時までの20分以内の参拝は無料(要確認)

主祭神を女神、多治速比売命(たじはやひめのみこと)とするこの神社、厄除・安産・縁結びの神としてのご利益があるとともに、本殿には農業神である素盞嗚尊(すさのおのみこと)と菅原道真公も祀られていることから、商売繁盛、学問の神様としても崇められています。

1422243.jpg

朱塗りの本殿は室町時代の建造物で、国の重要文化財に指定されています。

余談ですが、日本中で8~9万あるとされる神社で一番多い神社の系統をご存じでしょうか?

圧倒的1位は、八幡大神(=応神天皇)を信仰する八幡神宮・八幡社の約7,800社。
次いで伊勢神宮を総本宮とする伊勢信仰の約4,400社、
さらに菅原道真公を祭神とする天神信仰の約4,000社だそうです。

この神社に隣接する荒山(こうぜん)公園には、約1,400本もの梅園があります。

1422227.jpg

「荒山公園」

所在地:大阪府堺市南区宮山台2-3
入園無料、無休
駐車場料金:500円 (梅、桜開花時期のみ)
駐車場開門時間:7時半〜18時半 9月~4月 <2014年2月>

約50品種の梅を有する梅園。
毎年、1月下旬から咲き始め、2月中~下旬に見頃を迎えます。

こちらは紅の八重咲き「八重寒紅」

1422203.jpg

極早咲きとされる品種です。

こちらは白梅「田子の浦」

1422212.jpg

花が完全に開ききっていない、カップのような形も良いですね^^

この日は時折、陽が射すものの、風はまだまだ冷たく…

1422201.jpg

人出もやや少なめといったところです。
もっぱら近隣の泉北ニュータウンや、堺、狭山あたりからのお客さんが多いようです。

ひときわ紅色の濃い花は「鹿児島紅」

1422206.jpg

梅林の中でも目立っています。

こちらは白梅ばかりの区画…

1422231-2.jpg

やはり人は少ないなぁ…。
心おきなく写真を撮れるのは良いけど、もったいないなぁ…

この冬はことのほか寒いから、まだ開花には早いと思われているのかな…?

1422202.jpg

そんな気持ちで、明るい陽の射す梅林でカメラを片手に花から花へ…

1422221.jpg

蝶か蜂になった気分です(笑)  つづく


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/23(日) 15:51:19|
  2. | コメント:12

四季桜 愛媛・三角寺

遠く燧灘を背景に、製紙工場から煙がたなびく風景

142126501.jpg

愛媛県と香川県の県境に位置するこのあたり、今から10年前の2004年、伊予三島市、川之江市など4市町村が合併し、四国中央市というスケールの大きな名前になりました。

高松道、松山道、高知道、徳島道の四国の全ての高速道がつながるジャンクションがあるとはいえ、当時は「名前が大きすぎる」と新しい市の名前に反対する署名が1万2千名分も集まったといいます。

2014年現在、9万人弱の人口を有する四国中央市、紙製品の出荷額は全国一を誇ります。

温暖な瀬戸内に面していながら、ここは海辺に山が迫っていることから、湿った空気がたまりやすく雨(雪)が多く、北側の斜面を等高線に沿うように走る林道は、雪が続きます。

142126502.jpg

スタッドレスとはいえ、このあとは轍も雪で覆われ、しかもシャーベーット状の雪道に…。
もはや写真を撮る余裕もなく、ローギヤで、ハンドルのグリップに力を込め、ガードレールもない雪の林道を進みます。

対向車が来たら手に負えないな…と思い始めたところ、急に眼の前の視界が開け、目的の山寺に着きました。

142126503.jpg

「由霊山・三角寺」

所在地:愛媛県四国中央市金田町三角寺甲75
高野山真言宗
御本尊:十一面観音菩薩

奈良時代の聖武天皇の勅願に基づき、僧・行基が開山。
標高430mのこの山寺には、江戸時代の俳人・小林一茶が訪れた事もあるそうです。

重厚な山門で一礼し、境内に入ると、雪景色に紅い南天が映えます。

142126504-3.jpg

この古刹、嵯峨天皇の庇護のもと、隆盛を極めたそうですが、天正年間に長宗我部軍の焼き討ちに遭い、伽藍の多くが焼失したとのこと。

手水は龍の口からしたたり落ちるものの…

142126506.jpg

手水鉢に落ちた水は凍っています。

この手水舎の前に鎮座するのがこちらの本堂

142126505.jpg

1849年に再建されたという比較的新しい本堂。

御利益のひとつに、子宝に恵まれない夫婦が寺で杓子を授かり、仲良く食事をすると子宝に恵まれると伝えられるそうで、子供を授かった折には、新しい杓子と授かった杓子をもってお礼参りをするのが習わしとのこと…

この見るからに寒い景色の境内にあって、健気に咲く花を見つけました。

142126507.jpg

名を「四季桜」といい、開花は春と秋の年2回、特に秋の花は3月頃まで咲き続けるとのこと。
厳密には「フユザクラ」と呼ばれるものかもしれません。

とはいえ、この真冬の雪の積もる中…

142126508.jpg

なんとも冷たそうなのに、エライね…

花数は、春に咲くソメイヨシノなどに遠く及ばないものの…

142126517.jpg

濃いピンクのつぼみと淡いピンクの花とが、モノトーンになりがちな冬の山寺に彩りを添えます。

雪の山寺で咲く小さな桜…

142126509.jpg

いっぺんに好きになりました。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/21(金) 23:27:00|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:6

菜の花畑 滋賀・第1なぎさ公園

※「国内旅行」の皆さま、はじめまして。しばらくの間お邪魔いたします。

琵琶湖大橋越しに望む比良山系

2014216102.jpg

雪で白く光る稜線が空と大地の境を作っています。
空は晴れているものの、比叡下ろしの北風は冷たく、水面に揺れる水鳥も寒そうです。

2月中旬の週末のこの日、ブログでリンクを貼らせていただいている“nonno"さんの記事で菜の花を拝見して以来、無性に菜の花を見たくなり、車を飛ばしてここまでやって来ました。

2014216118.jpg

「第1なぎさ公園」

所在地:滋賀県守山市今浜町地先
無料駐車場30台程度

ナビでは登録先が見当たらず、住所を打ち込み、湖岸沿いに車を走らせていると、「ラフォーレ琵琶湖」の手前で、黄色く輝くこの菜の花畑を見つけることができました^^

訪れた昼下がり、駐車場はほぼ満車…。
協力金の箱に小銭を入れさせていただき、菜の花の畝へと歩み寄ります。

2014216104.jpg

この「カンザキハナナ」という早咲きの菜の花、ちょうど満開を迎えています。

明るい陽射しを浴びるこの菜の花畑、湖岸のサイクリングロード沿いにあり、自転車の方もしばし足を停めています。

2014216103.jpg

他にも、バイクのツーリング仲間の方々が並んで記念撮影していたりと、ほのぼのとした空気が漂います。

せっかくなので、明るい空を背景に撮りたいと挑戦しますが…

2014216112.jpg

なかなか思うような写真になりません^^;

遠景と一緒にならどうかと…

2014216114.jpg

自分的には遠景の比良の山並みを入れる方が、撮りやすいですね(笑)

余談ですが、約12,000本もの花が咲くこの菜の花畑、夏にはヒマワリ畑に姿を変えるそうです。

2014216123.jpg

夏の比良を背景にしたヒマワリの時も、ぜひ足を運びたいところです^^

黄色いカーペットが敷き詰められた湖畔の公園…

2014216121.jpg

吹きつける風の冷たさを、しばし忘れる風景でした。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

※冒頭にご紹介した"nonno"さんの素敵な写真は、こちらです。
  1. 2014/02/19(水) 23:06:21|
  2. 花の旅(春)
  3. | コメント:4

兵庫・灘黒岩水仙郷 & 松帆の郷 その2

淡路島には、いくつか日帰り温泉施設があり、我が家は淡路島の最北端、
明石海峡に面するこの「松帆の郷」を訪れました。

2014217103.jpg.

「松帆の郷」

所在地:兵庫県淡路市岩屋3570-77
営業時間:11~22時 ※21時までに入館 毎月第1木曜休
入浴料金:大人 700円
 WEB割引券など各種割引有 (2014年2月)

平安期以来、和歌にも詠まれた「松帆の浦」と呼ばれるこのあたり。
昔から明石海峡で潮や風を待つために、この浦に船がひしめしたことから、潮待ち、風待ちの浦というのが、その名前の由来のようです。

白亜の建物、中へ入ると物産店と大きなレストラン

2014217111.jpg

お土産類は、淡路島特産の玉ねぎを使ったドレッシングや菓子類をはじめ、大きな牧場があることから、乳製品なども多数見られます。

フロントでJAFの割引を受けて、スポーツジムのようなロッカーの鍵を受け取ります。
ここは畳敷きの休憩スペースやマッサージなども充実しているようです。

いざ、浴室へ…

2014217105.jpg

泉質:単純弱放射能低温泉・低張性弱アルカリ性低温泉 源泉温度:33.7度 PH値:7.56

天井の高い内湯。
意外と源泉温度がありますね。湯の色はやや褐色気味に見えます。

2014217106.jpg

内湯はあまり香りは感じません。
この大きな湯船の他に、サウナやジャグジー、水風呂などもありました。

で、内湯はそそくさとあとにして、お目当ての露天風呂へと向かいます。

2014217114.jpg

あずまやの下にジャグジーと大きめの露天風呂。ここは、やや消毒臭が感じられた気がします。

ただ、それを補って余りあるのがこの眺め…

2014217107.jpg

ライトアップされた明石海峡大橋が、漆黒の海の上にプラチナのように輝いています。
橋の下には時折、船が行き交うのも見えます。

この眺め、他のお客さんもずっと釘付けで、泉質よりもむしろ眺望を楽しむという湯浴みでした

帰路、淡路のSAへと立ち寄ります。
こちらはライトアップされた観覧車

2014217115.jpg

幾何学的な表情の観覧車…

2014217116.jpg

私見ですが、関西空港の対岸といい、大阪の天保山の観覧車といい、大阪湾に面した観覧車のライトアップに緑色が多いのは偶然でしょうか…^^;

この足許からも明石海峡大橋が望めます。

2014217117.jpg

いやはや、いつまで見ていても飽きないなぁ…

夕食はこのサービスエリアのレストランで、これまた淡路島名産のシラス丼を注文しました。

2014217119.jpg

ボリュームは少なめですが、塩味の効いたシラス、風味豊かなワカメなどの海藻とともに、美味しくいただきました。

多彩な魅力の淡路島…

2014217121.jpg

足しげく通いそうです

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/17(月) 22:00:14|
  2. 兵庫県の温泉
  3. | コメント:4

兵庫・灘黒岩水仙郷 & 松帆の郷 その1

冬晴れのこの日、灘黒岩水仙郷にスイセンを観に行こうと、淡路島へやってきました。
ランチに訪れたのは、うずしお科学館や展望レストランの入る大鳴門橋記念館。

2014113101.jpg

団体のバスが入れ替わり、立ち替わり、駐車場に入ってきます。
また、建物の入口では、ご当地バーガーで人気の「淡路バーガー」に行列ができていました。

それを横目に、数多くのおみやげを扱うお店を抜けて、2階の展望レストランへ

2014113103.jpg

「展望レストラン うずの丘」
所在地:兵庫県南あわじ市福良丙936-3
営業時間:11~15時半 (L.O 15時)

大鳴門橋の展望と地産地消のウリとしたこのレストラン。幸い、大きな窓辺の席に座ることができ、海の向こうの四国の山並みを見ながらの食事となりました。
自分が注文したのは、「地だこの壷飯」1,260円

2014113105.jpg

南あわじの砂地に生息する地だこを柔らかく煮込んだたこめし。
噛めばかむほど味がしみ出るような食感のたこ、タレの甘みも絶妙でした。

こちらも同じく地元産玉ねぎを使用した「島のうま玉」淡路牛みそ添え 735円

2014113107.jpg

淡路島玉ねぎをまるごと1個をじっくりと蒸し焼きにしたこの料理、
日によっては早々に売り切れることもあるとのことです。
お味の旨さもさることながら、原価数十円の玉ねぎを、
こうして限定メニューとすることで、付加価値を高める手法が上手いと思います。

お腹もいっぱいになり、陽も傾きかけた頃に、灘黒岩水仙郷に到着

2014113108.jpg

「灘黒岩水仙郷」

所在地:兵庫県南あわじ市黒岩2
開園期間:平成25年12月27日(金)~平成26年2月下旬
開園時間:9~17時
入園料:大人500円

今から約180年前、漁民が海岸に漂着した球根を山に植えたのが始まりとされるこの水仙郷。
標高607mの諭鶴羽山から海に続く45度の急斜面、約7ヘクタールにわたり広がっています。

2014113109.jpg

500万本もの野生の水仙が咲き誇る急峻な谷間には、甘酸っぱい香りが漂います。

2014113112.jpg

コンクリートの急な道をどんどん登りつめると、足許に駐車場が…

2014113121.jpg

相当な高度感があります^^
皆さん、急な登りにワイワイ、ゼイゼイ言いながらも、一様に笑顔がいい感じです。

スイセン郷の最上部にあるあずまや付近からは、海を背景にしたスイセンが…

2014113117.jpg

遠くに紀伊半島の山々まで見えるこの角度、皆さん、思い思いにカメラを構えてらっしゃいます。
年配者に混じり、ここでは女性単独のカメラマンの姿が目立ちました。

2014113122.jpg

できれば海を背景に花を入れたいと、試みるのですが…

2014113131.jpg

ん~、柵もあって、なかなか横顔は難しいですね(笑)

ともあれ、温暖な淡路の急斜面に咲くスイセンの花…

2014113129.jpg

春の訪れを告げる白い清楚な花でした。(つづく)

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/15(土) 21:58:21|
  2. 兵庫県の温泉
  3. | コメント:8

和歌山・白浜温泉 「綱の湯」

関西では有馬温泉と並んで、多くの観光客でにぎわう白浜温泉。

その中でも、ここは海水浴客や花火見物客で賑わう白良浜の喧騒とは無縁の共同浴場。
静かに温泉を楽しみたくて訪れました。

20142121002.jpg

白浜温泉 「綱の湯」
所在地:和歌山県西牟婁郡白浜町和3354-1
営業時間:13~21時  毎週木曜休み
入浴料:大人300円 (2014年2月)

アースカラーが暖かい印象のこちら、以前より営業時間が短縮されたようです。
入浴券はこちらの古めかしい券売機で…^^

2014212102.jpg

いろいろ注意書きが付された券売機、外壁の新しさとは対照的(笑)
何年くらい使っているのだろう?

こちらは脱衣場

2014212103.jpg

ここも小奇麗な感じです。
無料で鍵のかかるロッカーが並びます。

2014212107.jpg

シンプルに番号が打たれているのも良いなぁ(笑)

いざ浴室へ…

2014212104.jpg


泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉  源泉温度:55.0℃ PH:7.1

四角い湯船に透明な湯がいっぱいに張られ、縁の切り欠きからどんどん流れ出ています。
源泉の噴き出し口付近はかなり熱く、自分は、肩まで浸かるのは困難…><

香りの方はかすかな硫黄臭という印象ですが、風味は温泉らしく、かつ、かなりの塩味^^;

2014212105.jpg

やはり海辺の温泉だからでしょうか…

網戸越しに外を眺めると、静かな田辺湾の風景…

2014212109.jpg

この日の滞在時間中は、結局、常連さんらしきオジサンと二人だけ…。
この景色を眺めながらボーッと過ごしました。

海辺の共同浴場…

2014212108.jpg

大観光地らしからぬ、静かな、静かな湯浴みを楽しみました。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/12(水) 22:56:47|
  2. 和歌山県の温泉
  3. | コメント:8

鹿児島・藺牟田温泉 「下ノ湯」 

鹿児島県、北薩と呼ばれるこの地域に藺牟田池があります。

2014210099.jpg

直径約1キロメートルの池、もともとの成り立ちは火山湖ですが、冬枯れの景色の中、観光客の姿も見かけず、森閑としています。

ここから車でほどなく行くと、鄙びた情緒の藺牟田温泉があります。

2014210098.jpg

くすんだ色合いのゲート、そう、「藺牟田」と書いて「いむた」と読みます。
スッキリされましたか?…^^;

この日、ご先祖様の墓参りを済ませてから訪れた藺牟田温泉…
実はお目当ての「さざらしの湯」がお休みだったため、川沿いのこちらの共同浴場へ足を運びました。

2014210101.jpg

藺牟田温泉「下ノ湯」

所在地:鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田2652-5
電 話: 0996-56-0402
営業時間:6~22時
入浴料:150円 (2014年2月)

平成の大合併でここまでも薩摩川内市の一部になりました。
ちなみに「祁答院」は、「けどういん」。改めて北薩は難読地名が多いですね^^

さて、「ふだん着の温泉」といった風情の共同浴場

2014210102.jpg

受付でオバサンに入浴料を払って、脱衣所へ。

広さは8畳くらいでしょうか、鍵のかかるロッカーはありません。

2014210103.jpg

カゴに入れられたシャンプー類が、地元常連さんのための共同浴場の証左かもしれませんね^^

いざ、浴室へ…

       2014210104.jpg

泉質:単純温泉(低張性中性高温泉) 泉温:45.0度 PH:7.1

正方形の湯船が真ん中に鎮座する小さな浴室、平日の昼下がりにも関わらず、ご覧のとおり混雑しており、写真は小さめにしております。

無色透明で新鮮な湯が、ライオンの口から勢いよく注がれています。

2014210109.jpg

備え付けのコップは飲泉できる湯の証…
試しに飲んでみましたが、それほど特徴的な風味は感じませんでした。

シャワーのあるカランは3つほど。シャンプー・石鹸類はありません。

2014210106.jpg

地元の方は、カランを使わず、湯船のそばに座って湯を汲みだす光景が見られます。
あぁ~、ローカル感満載だな(笑)

昼下がりの共同浴場、タイル張りの湯船に浸かって、湯があふれる様子をボーッと眺めていると…

2014210107.jpg

豆腐になった気分ですな(笑)


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/10(月) 23:04:31|
  2. 鹿児島県の温泉
  3. | コメント:2

大分・筋湯温泉 「かくおや」 内湯

2014年2月、立春を過ぎたというのに、寒さが半端でないですね…> <
温暖で雨量が少なく、乾燥気味の大阪ですが、記事を綴っている今、我が家の周囲は一面の雪景色と化しています…

寒さを吹き飛ばすのにはやはり温泉…
以下は、今とは真逆の季節、2013年8月に大分の筋湯温泉に行った折の記録です。

狭い谷合に張り付くように大小の旅館が並ぶ筋湯温泉、我が家が宿泊したのはこの「かくおや」さん

20138137999-3.jpg

筋湯温泉「旅館かくおや」

所在地:大分県玖珠郡九重町筋湯659
電話:0973-79-2014
1泊2食:大人7,700円~(2013年8月)

昭和のたたずまいの旅館、内部はリニューアルがなされています。
こちらは、フロント横のスペース

20138138002.jpg

囲炉裏のそばに民芸品が並べられたり、館内には小さな生け花があったり、細かな心遣いを感じます。

我が家が通された3階の部屋、やはり小奇麗に整えられています。

20138138004.jpg

窓の外を見ると、共同浴場「打たせ湯」が、目の前にあります。

20138138005.jpg

この日は夜遅くまで、下駄の音、桶の響く音が聞こえ、布団の中で「湯の街だなぁ…」と感じました。

ここのお宿、一番のウリは貸切露天風呂ですが、我が家が到着した夕方、既に他のお客さんの予約で埋まっており、内湯の貸切風呂へ…

20138138007.jpg

泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) 泉温:94.3度 PH:7.6

どーんと広い貸切内湯。軽く10人くらいは入れそうです。
壁の反対側にももうひとつ、反転した形で貸切湯があることから、恐らくかつては、男女別の浴場だったのでしょうね…

湯は筋湯温泉らしく無色透明、無臭…

20138138008.jpg

訪れたのは盛夏でしたが、この時期はこういうあっさりした浴感の湯が良いように感じます。

それにしても、なぜ内湯に洗面台が2つもあるのだろう…??
ちなみにカランは別にあります。

湯浴みから部屋に戻ると、隣の部屋に夕食の用意ができているとのこと。

ズラッと並ぶ、献立の数々…

20138138016.jpg

九州の温泉旅館らしい品数の多い夕食、壮観ですね^^
量は少なめですが、豊後牛や馬刺しなども…

20138138017.jpg 20138138014.jpg

ありきたりな言い方ですが、どれも頬が落ちそうなほどの美味…。

無粋ですが宿泊代金、2013年8月の旧盆の時期にも関わらず、家族5人で飲み物代も含めて、ひとり当たり9,000円程度でした。
これで貸切湯も追加料金なしですから、かなり良心的だと思うのですが…。

ともあれ、見た目にもお腹いっぱいな夕食ですが、海川を問わず、魚の大好きな自分はこちらが…

20138138012.jpg

美味しく感じました(笑)

夕食後、部屋に戻り、しばらくテレビを見たり、ゴロゴロしたのち、別館側にある貸切内湯へ向かいます。
別館へは道路の上に架けられた渡り廊下を進み、1階へ下りたすぐのところの貸切内湯へ。

やや窮屈な脱衣所から戸を開けると…

20138138009.jpg

石造りの長方形の湯船、大人4人ぐらいが入れば一杯の大きさです。
竹筒の先からは、源泉が惜しげなく注がれています。贅沢だなぁ…

湯量が豊富な筋湯温泉…

20138138010.jpg

あ~、夏の暑さと温泉が恋しい…^^;


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

※リーズナブルなお値段で温泉と料理を堪能できるこの旅館、何より若いスタッフさんの礼儀正しさ、フロントの方の対応の良さが印象に残りました。

<ご参考>
 貸切露天風呂の記事 http://cat9171000.blog.fc2.com/blog-entry-244.html
  1. 2014/02/07(金) 23:45:49|
  2. 大分県の温泉

愛媛・鈍川温泉 & 今治「焼豚玉子飯」

愛媛で午後の予定を順調にこなし、心地よい達成感と疲労の中、この地域の湯治場として知られる鈍川温泉を訪れます。
日帰り入浴で訪れたのは、こちらの「鈍川温泉ホテル」

2014201401.jpg

「鈍川温泉ホテル」
所在地:愛媛県今治市玉川町鈍川
1泊2食:大人9,450円~
日帰り入浴営業時間:6~17時 ※受付終了
入浴料:大人500円 (2014年2月)

午後5時の札止め前の時間帯、駐車場はほぼ一杯。
ホテルでありながら、ロビーには日帰り入浴の自動販売機が備え付けられ、地元客らしい家族連れも散見されるなど、日帰り入浴施設としても親しまれているようです。

脱衣所には網カゴとは別に、鍵のかかる無料ロッカーもあります。

2014201402.jpg

ホテルでありながら庶民的な設え、好みは分かれる所かもしれませんが、自分は好感を持ちました。

いざ浴室へ…

2014201403.jpg

泉質:低張性アルカリ性冷鉱泉  源泉温度:20.0度(使用位置:42度) PH値:9.2

ブーメラン型とでもいうのでしょうか、変わった形の浴槽に、透明な湯が満ちています。
湯気がこもる浴室ですが、特徴的な香りは感じられません。

2014201406.jpg

シャワー付きカランは全部で6つほど。

さらにサウナ室もあり、その入り口には源泉がたたえられたポリ浴槽が…

2014201405.jpg

20度の源泉、サウナ上がりには気持ち良さそうですが、自分は手をつけるのがやっと…TT
PH9.2とのことですが、ヌメリなどは感じられません。

ここは渓谷沿いの露天風呂もウリのひとつです。
内湯からガラス戸を開けてみると…

2014201404.jpg

白い岩の並ぶ渓谷に張り付くように木製の湯船があります。
湯は同じく透明ですが、不思議なことに木製の床にかなりのヌメリがあります。

2014201411.jpg

うっかりすると転んでしまいそうなほどの露天風呂、湯温は外気に触れているせいか、やや温め…
長湯には良さそうな感じです^^

露天と内湯を行き来しながら、身体も充分に温もったところで、山あいの鈍川温泉から、夕暮れ迫る今治の中心市街地へと出ます。
少し早目の夕食に訪れたのはこちら…

2014201407.jpg

「白楽天 今治本店」
所在地:愛媛県今治市常磐町4-1-19
営業時間:11~15時、17~22時
毎週火曜日休 (2014年2月)

今や今治が誇るB級グルメとして、B-1グランプリでは上位入賞の常連「焼豚玉子飯」

2014201408.jpg

ご飯の上に薄くスライスした焼豚をのせ、その上に半熟の目玉焼きをのせた丼。
たっぷりかけられたコショウの香りが鼻孔をくすぐります。
(この日は車、ビールじゃないところが哀しいね~orz)

余談はともかく、この「焼豚玉子丼」、元は中華料理店のまかない飯だったとのことですが、若者を中心に人気を博し、今や大手コンビニでもお弁当として販売されているとか…。

2014201409.jpg

お味の方は、ご飯にかけられた焼豚のタレも絶品、焼豚もしっかり味が浸みこんでおり、あっという間に平らげてしまいました^^

温泉、グルメとも庶民的なテイストの今治…

2014201410.jpg

飾らない味わいにハマりそうです…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/05(水) 22:50:55|
  2. 愛媛県の温泉
  3. | コメント:6

愛媛・権現温泉

2014年2月1日、所用で松山に出かけるのに、LCCピーチ・アビエーションの関空-松山の就航第1便を利用することにしました。

関空では早朝からセレモニーが行われ、多数の報道陣も取材に来ています。

2014201201.jpg

松山と泉州地方のゆるキャラ達が見守る中、乗客には記念のグッズが入った手提げ袋が配られ、クルーとハイタッチしながら搭乗口へ。
ちなみに、低運賃でネット予約が主流のせいか、客層のほとんどは20~30代の若い人々で、自分はやや浮いた気がします^^;

関空2期島にあたるこのLCC専用スポットは、地上からタラップで乗りこむスタイル…

2014201202.jpg

ここは陸地から6km以上離れた沖合でもあり、荒天の時には人が吹き飛ばされそうなくらいの突風が吹くこともありますが、この日はとても穏やかな天候。

やや昂揚したムードが漂う満席の第1便、定刻に離陸したのちも松山まで気流の乱れもなく、着くことができました。

2014201203.jpg

降り立った松山では、折り返し関空行きの第1便の出発セレモニーが行われ、関空を上回る報道陣が押し寄せています。
それを横目にレンタカーカウンターに向かうと、愛媛みかんの産直コーナーがあります。

2014201204.jpg

愛媛には、「蛇口をひねるとポンジュースが出る」という都市伝説がありますが、毎月第3日曜日の10時から14時まで、空港2階の出発ロビーにポンジュース蛇口が本当に出現するそうです(笑)

危惧していた市内の渋滞もなく、午前の早い時間に予定を済ませ、立ち寄ったのがこちら

2014201205.jpg

「権現温泉」

所在地:愛媛県松山市権現町670
営業時間:10~23時 毎月第4木曜日休
入浴料:大人550円 (2014年2月)

松山市郊外の温泉地。レンタカーのナビが示したとおりに行くと、系列なのか、最初、特別養護老人ホームへ出るなど、道に迷ってしまいました。

おそらく、地元の方が大勢を占める日帰り入浴施設、館内もいたって「ふだん着」という仕様です。

2014201206.jpg

観光客とは縁が薄い感じですが、一昔前まで、ここ権現温泉の地には、プロ野球・ヤクルトスワローズの池山選手や宮本選手が自主トレで訪れていたということです。

脱衣所は案外広く、無料で鍵のかかるロッカーが整然と並びます。

2014201206-2.jpg

残念ながら、鍵が壊れたままのものがチラホラ散見されました…。

いざ浴室へ…

2014201208.jpg

泉質:アルカリ性単純温泉  源泉温度:27.7度  PH:9.7

明るい大きな窓からの陽が射す浴室、透明な湯が注がれています。
余談ですが、この時は地元の常連さんで混んでおり、写真は控えめに撮らせていただくことに…。

基準の厳しい愛媛県ということで危惧していた消毒臭もほとんど感じられず、かすかに温泉の石膏っぽい香りがします

カランは多数ありますが、シャンプー・ソープ類はありません。

2014201209.jpg

こうしたことにも地元専用という色合いが感じられます。
壁には「節湯・源泉を大切に」という表示があることから、カランの湯も温泉のようです。

浴感はかすかなヌメリがあり、昨年の晩夏に訪れた道後温泉より、肌触りも良く感じられました。

松山郊外ののどかな田園地帯に湧く透明な温泉…

2014201207.jpg

想像していた以上に“い~よ!”

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

以下、余談です。
続きを読む
  1. 2014/02/03(月) 23:37:06|
  2. 愛媛県の温泉

長野・七味温泉 「山王荘」

松川渓谷温泉に宿泊した翌日、ヤマボクスノーパークに滑りに行きました。
青い空のもと広がる樹氷…

1312236002.jpg

まだ全面滑走可能でない中、ガラガラのゲレンデ…
フワッフワの新雪に、思い思いのシュプールを描いて…

1312236006.jpg

この日、夕方まで滑りを満喫しました^^

晴天とはいえ、標高1,700m以上のスキー場上部は、氷点下10度くらいはあったでしょうか…
寒さと運動で疲弊した体を温めにやって来たのはこちら、七味温泉「山王荘」

1312236007.jpg

「七味温泉・山王荘」

所在地:長野県上高井郡高山村七味温泉
営業時間:8~20時 清掃時間あり
入浴料:大人500円 (2013年12月)

個性豊かな温泉が点在する高山温泉郷、中でも奥に位置する七味温泉はスキー場から車で10分ほどの距離。

残念ながら近年は営業を休止する宿も見られる七味温泉、この山王荘も現在は宿泊を休止…。
日帰り専用施設となって建物も新築されたようで、脱衣所の仕様も真新しく見受けます。

1312236008.jpg

四角く間仕切った木枠のロッカー。ちなみに、鍵のかかるロッカーは受付のそばにあります。
とにもかくにも、摺りガラスの向こうが気になります^^

いざ浴室へ…

1312236009.jpg

泉質:含硫黄 カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・塩化物泉
源泉温度:71.4度 使用位置:42度 PH:不明

もわ~んと硫黄臭の満ちた浴室…
四角い湯船に張られた緑黄色の湯。
その周りは、濡れた木の床板が、外の光を跳ね返しています。

湯口の温度はやや熱め…

1312236010.jpg

「あ”~、生き返るぜぇ~。もうこのまま泊まりたいよ~」とは行きませんね(笑)

男性用浴室は、自分と愚息の他にお客さんは他に2人ほど。
年配の方から「スキー帰りかい?」と声をかけられ、ひとしきり話をさせていただきました。

1312236011.jpg

長野市内から長年通っているというこのおじいさん曰く、
「ここはいつもこんな感じで空いていて、一番良いよ…」とのこと。
このあたりは他にも良い温泉が多いですね、と水を向けると、
「他は高い所もあるねぇ。ここは泊まりを止める前から通ってるよ。」との評価。

実は自分もこの色と香り、鄙びた雰囲気もあって七味温泉が一番気に入っているので、同志ですな…^^

内湯を満喫したのちは、思いを決して露天風呂へ…

1312236012.jpg

内湯からは階段を下りていく露天風呂。
湯の噴き出し口に近づくと、湯の成分が付着し、ユラユラと揺らめくのが見えますが…

1312236017.jpg

この周りの温度は内湯よりかなり熱く、とても長居できません。
自分は、ホースの水でうめられている縁の方が好みの温度で、そこに陣取ります。

それにしても、雪と岩の中にたたえられた湯の色合い、つくづく良いなぁ…

1312236016-2.jpg

温泉とは、もっぱら肌と嗅覚で楽しむものではなく、視覚でも楽しむものだと痛感します^^

目と鼻で楽しめ、熱い湯と適温の湯の入り混じる七味温泉…

1312236018.jpg

スキーで冷えた肌にピリッとスパイスの効いた温泉でした…

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
  1. 2014/02/02(日) 00:18:39|
  2. 長野県の温泉
  3. | コメント:8

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (137)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (9)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (65)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (28)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (20)
国内旅行 (156)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (11)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (207)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (6)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (14)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる