人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

「マリーゴールド」 大阪・花の文化園

10月31日、世間はハロウィンとやらで賑やかなこの日…
オジサンが子どもの頃、いや若かりし日にはこんな習慣はなかったはず‥
「なんだこのにわか騒ぎは!」…とは思いつつ、オレンジづくしの記事を綴ります。m(__)m

ペアのテラコッタドールがただずむ花時計…

1DSC06342-5.jpg

「花の文化園」
所在地:大阪府河内長野市高向2292-1
開園時間:10~17時
入園料:大人500円 ※12~1月は300円 (2013年10月)

これは現皇太子のご成婚を記念して造られた花時計。
思えば、皇太子妃のティアラが、雨上がりの西日を浴びて輝いていたあの光景から、もう20年も経つのですね…。

こちらはファミリーのテラコッタドール

1DSC06347-3.jpg

植木鉢の連なりとは思えない、息遣いのようなものを感じます。

この花の文化園、10月下旬ともなれば正面ゲート前に広がるマリーゴールド花壇が見頃となります。

1DSC06429-3.jpg

ご存知かもしれませんが、マリーゴールドの名前の由来は「聖母マリアの黄金の花」…

細々と畑を耕している自分には、根にセンチュウという害虫の防除効果があるので、ダイコンの株間に植える「コンパニオン プランツ」としてなじみ深いです^^

夕陽を浴びるマリーゴールド

1DSC06410-5.jpg

オレンジがますます輝いて見えます。

それにしてもこの面的広がりは…

1DSC06205-3.jpg

う~ん、もはやオレンジの海ですな^^

1DSC06214-3.jpg

実はこの花壇、オレンジの空に満月というコンセプトになっていて、一部、黄色のマリーゴールドも…

DSC06423-8.jpg

ただ、満月に見えるか否かは…、正直わかりにくかったです(笑)

ところで、やや俗っぽくなりますが、これほどのオレンジ色と黄色、金運や商売運にもご利益があるように感じるのは自分だけでしょうか?

DSC06420-3.jpg

おせちに黄金色の料理を盛り付けるのも、そうした願いが込められていたはずでしたが、効果のほどはどうでしょう…

ハロウィンの時期のオレンジの海…

1DSC06413-3.jpg

ご覧いただいた皆さんの金運、商売運向上にご利益がありますように…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村 続きを読む
  1. 2013/10/31(木) 23:26:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

「酔芙蓉」 庭

我が家の庭にも急に寒さが押し寄せ、一気に季節が進んだ感があります。
やや時期遅れとなりましたが、2013年10月の中旬まで、我が家の庭全体を見下ろすように咲いていた酔芙蓉です。

DSC05507 2

花後にバッサリと強剪定する以外は、特に施肥もしていないのに、毎年多数の花をつけ、楽しませてくれます。

DSC05502 -2

こちらは、青空を背景にした白い花…

DSC05523-3.jpg

これが時間が経つにつれ、ほんのり薄いピンクからやがて紫に近い色まで、1日で変わるというは本当に不思議です。

ちなみに、綺麗なピンクがないかと探したら、京都の大乗寺に行った時の写真がありました。

DSC03749 2

ちなみに、訪れた2013年9月の初旬、大乗寺の酔芙蓉の花は2分咲き程度…。
行きの階段ですれ違ったご婦人は、「全然咲いてないわよぉ」と残念そうでした^^

我が家の庭の花つきの良い酔芙蓉…

DSC05515 2

お隣さんからもよく見えていたと思います。

そのお隣さん…

週明けの月曜日、疲れて帰宅してポストを覗くと、回覧板がありました。
中を開くと、お隣のご主人の名前であいさつ状が…

DSC05680 2

内容は、奥様が亡くなられ、家族葬を日曜日に執り行ったこと、香典やお供えは辞退されること、生前のご厚誼に感謝申し上げます…というものでした。

DSC05511 2

ただただ驚きました。
まだ60歳代かとお見受けしていましたが、そう言えばここ数カ月、お顔を見なかったな…と。

DSC05514 4

公園の一斉清掃でお見かけしたのが最後だったかな…
確かに春先に畑で採れたイチゴを持ってあがった時も、出て来られたのはご主人だったし…

あの頃から病の床に伏せっておられたのだろうか…

DSC05677 2

純白の花に人の命のはかなさを想う、秋の夜長です。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/29(火) 20:45:34|
  2. 秋の花木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

@スピンオフ 「バラ」 大阪・靫公園

靫公園のバラは2013年春にも、仕事帰りに観に行きました。

これは5月末に満開だった「スパニッシュ ビューティ」

DSC08790 2 460

アーチ仕立てのスペイン美女は背も高く、下から見上げるカップ咲きが見事でした。

DSC08788 5

このほかにも、「つるゴールドバニー」

DSC08753 5

「マチルダ」

DSC08821 2


                                  「ロイヤル サンセット」

DSC08776 5
                              
…など、カラフルなバラが文字どおりりサンセットの中で咲き乱れていました。

最後に、バラにちなみ「PSY・S(=サイズ)」というアーティストの曲を、靫公園のバラの写真をエフェクトを使ってご紹介します…


                    「薔薇とノンフィクション」


                     37.8度のデジャ・ブ

                  今しかできないことが 今あるはず

                     炎のメルトダウン

IMG_2969 02 03 460

                    コップの中のメビウス

                    なぜって訊かれた答え

                      返せないけど

                   静かなコミュニケーション

IMG_2993 05 460

                     殺意より激しい愛

                  息がつまるほど抱きしめていて

                    吹きぬける風の中で

                     私たちの今 未来

IMG_2993 2-2 460

                    遠い火を見つめながら

                 やさしい気持ちでいつもいるから
 
                     一輪の薔薇を胸に

                     私たちの今 未来…
 

IMG_2999 03 460

                 「薔薇とノンフィクション」      作詞:松本由紀夫
                                         1988年


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/27(日) 19:21:09|
  2. 薔薇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「バラ」 大阪・靫公園

大阪の都心のオアシス、靫(うつぼ)公園

13.jpg

台風接近に伴い、あいにくの曇天ですが、昼時とあって、親子連れのほかビジネスマンの姿も見られます。

ここは中之島公園とともに、大阪のバラの名所として知られます。
10月下旬、四季咲きのバラが多数咲いています。

こちらは「プリンスセス・ノブコ」

IMG_2957 3 460

ひげの殿下で親しまれ、先年亡くなられた寛仁親王のお妃、信子妃殿下にちなんだ名前。
薄いオレンジとピンクのグラデーション…

IMG_2960-5.jpg

優しい印象のハイブリットティー系です。

その隣には、オーソドックスなバラの形、剣弁高芯咲きの「ローズオオサカ」

IMG_2966 -3

大阪ゆかりのバラとして、すっかりおなじみになりました。

これは「エーデルワイス」

IMG_2985 -3

背筋の伸びた純白の花に、好印象を持ちます。

こちらは「ストロベリー アイス」

IMG_2992 -3

奈良の霊山寺でも可愛いなと思いましたが、小雨を滴らせる花は、汗をかいた美少女を彷彿させ…(笑)

その先には、黄色いバラの絨毯「ゴールデン ボーダー」

IMG_2999-5.jpg

この一角は明るい光が射したように感じます。

IMG_3005 -3

ほのかなピンクのバラは「セレッソ」

IMG_3036-3.jpg

スペイン語で桜、言うまでもなく大阪市の花…

IMG_3024-3.jpg

よく考えたら、バラに桜という名前もおかしいですね^^;

人が優しい街のバラ園…

131024301 460

いつまでもたたずんでいたい、都会のオアシスです。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/26(土) 02:22:04|
  2. 薔薇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「コスモス」 大阪・穂谷コスモスの里

2013年10月のとある週末、この日は快晴で絶好のお出かけ日和…

…にも関わらず、家内は終日休日出勤、愚息は中間テストまっただ中…orz

仕方なく、洗濯機を回している間に家の周囲の溝を掃除をしたあと、洗濯物やキッチン用品やバス用品、クッション類を天日干しにして…

131013995.jpg 131013993.jpg

愚息の昼食を用意し、ルンバにお掃除をゆだね…

131013997.jpg

近居の祖母(=義母)の家で宿題をすると言いだした双子の娘どもを祖母宅へ送り届けたのち、
高速を飛ばして、独りやって来ましたコスモス畑^^;

131013001-3.jpg

「穂谷コスモスの里」
所在地:大阪府枚方市穂谷4
入園料無料
駐車場無料(関西外国語大学内駐車場など)

100万本のコスモスが咲き乱れるコスモスの里…

131013004-3.jpg

休耕田を利用したというこちらのコスモス畑、この日は大勢のお客さんで賑わっていましたが、駐車場は誘導の方も手慣れた感じですんなり入れました。
なにより入園料も駐車場も無料というのが良いですね^^

131013008.jpg

ただ、実は高速のICを下りてからひとつめの信号を通過するのに、30分近く渋滞に巻き込まれました。
大阪市内方面からだと、ひとつ手前で降りる方が断然早いと思われます。

秋晴れのもと咲くコスモスは…

131013003.jpg

オーソドックスなものが多いようですが、見応えがあります。

131013005.jpg

少しパートカラーで遊んでみます。

131013006.jpg

ん~、アンニュイな感じですなぁ(なんやソレ!)

こちらのコスモス畑では、10本100円で切り花として持ち帰ることができます。
竹筒の料金箱に100円を入れ、オジサンもせっせと花を集め、ご覧のとおり…

131013009.jpg

ちなみにコスモス畑の隣には、やはり満開のヒマワリがあり…

131013001.jpg

こちらも3本100円で切り花として持ち帰ることができます。

ヒマワリもゲットし、一路、来た道を引き返し、途中、翌日の朝食のパンや牛乳、ヨーグルトを買いつつ、陽が傾くまでに自宅へ戻り、洗濯物や天日干ししていた物をダダダっと取り込みます。

その勢いで切り花をバシバシ花瓶に放り込み…

131013016.jpg

玄関に飾りました。フゥ…(-。-)

コスモス畑からの帰路は1時間半、さすがに一部のコスモスはクタっとしていましたが、たっぷりの水に浸けるとすぐに元気を取り戻しました。

それまでコスモスにはあまり香りを感じなかった自分ですが、狭い玄関ホールのせいか、かすかに菊のような香りが2,3日の間、楽しめました。

慌ただしい週末の1日…

131013015.jpg

俺ってホンマ、ええ奥さんやと思うねんけど…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/23(水) 23:35:01|
  2. 秋桜
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

「クレオメ」 熊本・ヒゴタイ公園

九重の山を背景に咲くクレオメ

13922805.jpg

ヒゴタイ公園
所在地:熊本県阿蘇郡産山村大字田尻771
開園時間:9~17時
入園料:大人300円 ※有料期間(秋など)以外は無料

訪れた2013年9月の下旬、紫やピンクに白など、色とりどりの花が真っ盛り…

13922804.jpg

以前にも綴った気がしますが、この花を見るとどうもネコのひげを連想します^^

13922801.jpg

このヒゴタイ公園は九重山麓の丘陵地帯に位置し、クレオメの向こう側には、阿蘇の外輪山地帯へ続く丘が波打っています。

13922808.jpg

よく見ると、薄いピンクがかったつぼみは、花が開くと白っぽくなるようですね。

13922806.jpg

のんびりした空気が流れる昼下がり、明るい陽射しが映えるのは、やはり濃いピンクでしょうか…

13922814.jpg

視線を横にすると、似たような形のヒガンバナにお客様…

13922811.jpg

さらにその横では、ハイテンションの双子1号…

13922810.jpg

なんばしよっとかね?^^;

感化されたのか、こちらの並んだクレオメまで、茎のラインや雄しべが…

13922809.jpg

ダンスを踊っているようです(笑)

高原に咲く表情豊かな花々…

13922812.jpg

楽しく拝見しました。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村 続きを読む
  1. 2013/10/21(月) 20:30:33|
  2. 花の旅(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「綿の花」 奈良・山の辺の道

※いつもにも増して長い記事で恐縮です。

奈良・山の辺(やまのべ)の道の秋…

13106001.jpg

黄金色の稲穂が頭を垂れます。

ここは、天理市郊外の「夜都伎(やつぎ)神社」あたりに広がる田園地帯。
10月の快晴の日曜日とあって、山の辺の道は多くのハイカーで賑わっていました。

鎮守の森をバックにコスモスが咲いていないかと探していたところ、田の一角に綿花の畑を見つけました。

13106003.jpg

「H.A.M.A 木綿庵(ゆうあん)」
所在地:奈良県天理市乙木町777番地
電話:0743-67-0072

ここの綿畑は、HPによると、不登校、ひきこもり、うつ、対人恐怖症など、心が閉じこもりがちな人たちが、自然の中で自分と向き合うことのできる、心が落ち着く『居場所づくり』を目指して活動を始められたとのこと。

木々の合間に白く見えるのが綿。

13106007.jpg

近づいてみると…

13106004 (2)

初めて見ましたが、植物になぜ綿が生えているのか、自分には不思議でたまらない風景です。

オーナーさん曰く、このあたりは雨が少なく、全ての土地を田とすると水が不足するため、綿花と稲を1年ごとに植えたとのことで、かつては大阪の河内地方とともに、全国屈指の綿花の栽培地帯だったそうです。

この日は綿摘み体験をさせてもらえるというので、早速チャレンジすることに…

13106010.jpg

女工さん達はせっせと綿を摘んでいます。そのコットンボールはフワッフワ…

13106230.jpg

集めた洋綿はあっという間に入道雲のように…^^

13106012.jpg

以下、再びHPからの引用です。

  「医療現場では欠かすことのできない脱脂綿。
   人の心の傷を癒し、傷口を守り、快復を促す
   綿のような綿畑でありたいと念じています。

 そして、着物や洋服、肌着の素材として重宝され、
  また雑巾にでもおしめにでもなる木綿のように、
 どんな状況にあっても、少しでも人に喜んでもらう
 ことができ、力となる(役に立つ)ことができるよう
 お互いに近づくことができれば、との願いをこめて
     『木綿庵』と名付けました…」

改めて、オーナーさんの心優しくて、熱い思いが込められた綿畑だなと思います。

肝心の花はこんな感じ…

13106014.jpg

色がすっかり飛んでいますが、淡い黄色の花はハイビスカスやオクラのようです。

開花期は夏で、花は1日でしぼみ、しばらくすると桃のような実になり始め…

13106019.jpg

次第に膨らみ、これが蒴果(さくか)と呼ばれます。
開花後から約40日~60日すると蒴果が弾け、中から白い繊維(綿)があふれ出し、いわゆるコットンボールとなります。

13106006.jpg

1つのコットンボールは3~7つの奇数の部屋に仕切られています。
摘み終えられた物は、洋綿と和綿とに分けられています。

13106025.jpg

洋綿と和綿は畝も別になっていましたが、洋綿の方が大きさも密度もボリュームがあり、木になっている数も多かったように思います。

ここでオーナーさんが、綿から種取りの技を伝授してくれます。

13106013.jpg

この器具にコットンボールを挟みこむようにして、手でくるくる回すと種がこぼれ落ちる仕組み。
コットンボール1つに、4~8つの種が入っているとのこと。

13106029.jpg

種はご覧のとおり、うっすら綿に包まれていますが、厳密に言うと、綿はタネから生えた毛だそうです。

さらに、オーナーさんの手ほどきのもと、糸を紡ぎます。
見よう見まねで双子が糸巻き車を回すと…

13106021.jpg

あれよあれよと糸が紡がれていきます。
オーナーさんからも「うまいなぁ…」と言われ、得意げな双子です(笑)

山の辺の道で出会った綿の花…

13106015.jpg

柔らかいコットンに包まれたような、温かいまほろばの秋です。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村


 最後に、HAMA 木綿庵さんの理念をご紹介します。
 
    「綿のような心、木綿のような心の人に!」
  
    こころはればれ晴れ(are)の日も、
     こころしとしと雨(me)の日も、
        前(ae)を向いて、
       歩き(ruki)たい…。

     晴れの日も、雨の日も、前を向いて…
   我が子(H.A.M)らも、そうあってほしいです。
           
  1. 2013/10/19(土) 12:28:30|
  2. 花の旅(秋)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10

「コスモス・ダブルクリック」 大阪・花の文化園

秋の陽射しを目一杯浴びるサルビア

13101303.jpg

「花の文化園」
所在地:大阪府河内長野市高向2292-1
開園時間:10~17時
入園料:大人500円 ※12~1月は300円 (2013年10月)

自分が訪れた10月初旬、赤や紫のサルビアが今を盛りと咲いていました。

その先には「ベンタス」が、小さな小さな花を多数つけています。

13101305.jpg

ちなみに「ベンタス」とはギリシャ語で「5」を意味する「ペンテ」に由来。

13101308.jpg

花の形が星を連想させる、5つの花びらからなるためでしょうか…。

こちらは日陰で咲く「シュウメイギク」

13101301.jpg

耐寒性があり、半日陰でも育つ花…
木漏れ日を浴びながら咲く姿は控えめで、自分はどこか惹かれます。

こちらは斑点もキュートな「ホトトギス」

13101302.jpg

名前の由来は、この斑点の花びらが、ホトトギスのおなかの模様と似ているからとのこと…。
…ていうか、ホトトギスにそんな模様があるんですね、初めて知りました^^:

自宅近くにありながら、今回、数年ぶりに訪れた「花の文化園」で一番、眼福だったのがこちら…

13101310.jpg

「コスモス・ダブルクリック」
半八重~八重咲きで、ボリューム感ある花は、コスモスの中では異端で、豪華な印象を与えます。

13101311.jpg

ピンクの他にも赤…

13101313.jpg

紫…

13101319.jpg

白…

13101318.jpg

色とりどりの八重咲きコスモス、土質を選ばない丈夫で育てやすい品種で、日当りと水はけのよい場所を好むとのこと。
初めてタネまきをする方にもオススメです。

13101315.jpg

ボリューム満点の八重咲き…

13101312.jpg

可憐なイメージだけだったコスモスの印象を変えてくれました。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/17(木) 23:23:18|
  2. 秋桜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「ラン」 大阪・花の文化園

明るい陽射しを浴びるタワー型の寄せ植え

13101201.jpg

「花の文化園」
所在地:大阪府河内長野市高向2292-1
開園時間:10~17時
入園料:大人500円 ※12~1月は300円 (2013年10月)

ここから奥へ進むと大温室があります。

13101202.jpg

いきなり現れたのはモヤシの塊、へちまの実の中身…???

13101203.jpg

これはエアプランツの「チアンジア・ウスネオイデス」…
分類上はパイナップル科の植物、水分はなんと、ハカラキュウシュウスルノデス…m(__)m

その先には得体の知れない花が…

13101204.jpg

この紫とピンクの色合いといい、本当に変わったこの植物もパイナップル科。
名は「タチハナアナナス」というそうです。
どう写真を撮っていいのか、ヨクワカリマセンデス…もう、ええって^^:

13101207.jpg

その先には、色んな種類のランが待ち構えています。

13101208.jpg

案内板によると、カトレアやコチョウランだけでなく、シンビジウムやサギソウもランの仲間であるとの記載があります。
ちなみに、シンビジウム、インドからミャンマー、マレーシアにかけての地域が原産とのこと。

13101210-2.jpg

ここで全く余談ですが、我が家、順調ならマレーシアに旅することが決まりました。
…と言っても来年のことであり、まだまだ鬼が笑う話です^^

13101214.jpg

これは「アロカシア・デューイズ・リヴァーサ…」

13101215.jpg

タワー型マンションの名前か?
このあたりからは、カトレア系のオンパレードとなります。

13101216.jpg

マクロで迫ります…

13101221.jpg

ややグロテスクな感じも…^^:
それにしても、カトレアは花が大ぶりで、存在感たっぷりですね。

13101217.jpg

記事を綴っておきながら申し訳ありませんが、最後の方は、なんとなく食傷気味になりました(笑)

13101219.jpg

温室を彩るランの数々…

13101220.jpg

モウ、オナカイッパイデス m(__)m

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/15(火) 21:00:30|
  2. 夏の花木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「ノゲイトウ」 大阪・花の文化園

我が家から車で10数分の所に位置する「花の文化園」

13101001.jpg

「花の文化園」
所在地:大阪府河内長野市高向2292-1
開園時間:10~17時
入園料:大人500円 ※12~1月は300円 (2013年10月)

河内長野市内のあちこちで、街づくりのシンボルとして見られる「テラコッタ・ドール」が迎えてくれます。

13101002.jpg

エントランスをくぐると、すぐに花盛りのケイトウ…

13101002-3.jpg

あえて言うなら自分は、暖かさを感じさせるオレンジ色系統が好みです。

13101003-5.jpg

鮮やかな色合いから想像されるように、アジア、アフリカの熱帯地方を原産とするケイトウ。
日本には、奈良時代に大陸から持ち込まれたようです。

オレンジに加え、一般的な赤も…

13101006.jpg

どうも発色がドギツイ感じになってしまいますね。実際にはもう少しおとなしい赤でした。

その横に咲いているのが、ノゲイトウ「ルビーパフェ」

13101007.jpg

日本では、関東地方以西の暖地で野生化しているノゲイトウ。

花穂の先端は色が濃く、咲き終わった下の方は銀白色になります。

13101010.jpg

普通のケイトウより直立性が高く、背筋が伸びた感じです。

13101009.jpg

ん~、この色合いはまさにルビーですな(笑)

ケイトウの花と葉はアフリカと東南アジアで食用とされ、日本でもかつて食用として栽培されていた時期もあったと言いますが、こんな愛らしいパフェなら食べてみたい…とは思いませんが^^:

こちらは同じくノゲイトウの「シャロン」

13101014.jpg

優しい感じの色合いと形状から、キツネの尾っぽを連想させます。

13101011.jpg

ビンを洗うブラシのように見えなくもありませんが…^^

13101017.jpg

青い空に向かって伸びる様…

13101013.jpg

どこか見習いたいものを感じました。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/13(日) 20:49:25|
  2. 秋の花木
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

「700万本のそばの花畑」 熊本・波野

牧草ロールが転がる阿蘇の山裾…

13923601.jpg

この「ロールベールラップサイロ」と呼ばれる牧草の保管手段は、従来のタワー型サイロに取って代わりつつありますが、北海道や岩手県では好奇心旺盛なヒグマやツキノワグマが、ポリエチレンのラップを破る被害が出ているそうです。

我が家では双子2号がこれを見ると決まって「ラムネ、ラムネ!」と言います^^;

13923602.jpg

二段重ねは初めて見ましたが、雪だるまか、こけしのように見えます(笑)

牧場のそばを通り、JR豊肥本線の波野駅から北に細い道に入り、数百m進むと看板が出てきます。

13923603.jpg

「700万本のそばの花畑」
奈良と大阪の府県境の葛城山は「ひとめ百万本」と言われるツツジの群落があり、山頂部が真っ赤になることで知られていますが、その7倍とはいったい…

畑へ向かう途中には紫の花…

13923606.jpg

自分では名前が出て来なかったところ、拍手コメで「ツリフネソウ」だと教えていただきました。
ありがとうございました。(10月13日)

ということで、ハイ、来ました波野のそば畑!

13923609.jpg

所在地:熊本県阿蘇市波野
花の見頃:例年9月中旬~下旬、5月

案外狭く見えますね。これはあえて、コントラストで杉林を入れた写真…^^;
振り返るとこちら…

13923615.jpg

うわぁ~、そばの花の海ですやん~

一面に小さな小さなそばの花が重なります。

13923617.jpg

訪れたのは2013年9月下旬。
例年、10月には実が収穫され、11月頃にはこのそば畑で採れた新そばが、「道の駅波野」の蕎麦屋さんで食べられるそうです。

13923612.jpg

ズームしてみる阿蘇五岳とそば畑…

13923616.jpg

向かって左のギザギザの山は阿蘇の根子岳。

信州のそばの名所、戸隠のそば畑の背景もこんなギザギザの山容でしたが、偶然でしょうか…^^

13923613.jpg

明るいそば畑に秋の陽射しが注ぎます。

秋風に揺れる一面のそば畑…

13923618.jpg

いつまでも眺めていたい風景です。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/11(金) 23:39:32|
  2. 花の旅(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「コスモス」 大分・坊ヶづる庵

昼食で訪れた飯田(はんだ)高原の「坊ヶづる庵」、我が家が通されたのは、テラス席

13922702.jpg

「坊ヶづる庵」
所在地:大分県玖珠郡九重町田野1726-368
営業時間:11~20時  ※冬季は休憩時間あり
電話:0973-79-3366

この席からは、九重の山並みと手前にコスモス畑が望めます。

13922703.jpg

事前に目星をつけていた名物の「長者てぼ定食」も良さげでしたが、結局、我が家が注文したのは、炭火で焼く地鶏のセット(1,600円)

13922706.jpg

塩味のコリコリした歯触り、自分は好みの味わいです。
こちらは、同じく豊後牛のセット(2,500円)

13922704.jpg

写真は、各々二人前ですが、どうも家族は、肉厚の豊後牛が断然美味しく、地鶏はやや硬いとの反応…

13922705.jpg

自分としては棲み分けできて良かったかなと…(笑)
(地鶏の旨さを分からないなんて、キミらはホンマ、お子ちゃまやのう…)

食後に双子の縄文人らとコスモス畑に出てみました。

13922713.jpg

九重連山を背景にしたコスモス…

13922708.jpg

風に揺れる様は、秋本番を感じさせますが、写真は撮り辛いのなんの…

13922709.jpg

もう、左手で茎を持って撮るしかないかと…^^;

13922712.jpg

色とりどりの畑は、キャンディを撒き散らしたかのようです。

13922714.jpg

風に揺れるコスモスに四苦八苦する父のかたわらで、縄文人は種を集めてきました。

13922716.jpg 13922717-2.jpg

一体、何の種やら…(笑)
ともかくも、のんびりした昼下がりのランチとコスモス…

13922720.jpg

目もお腹もいっぱいになりました

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/09(水) 22:00:48|
  2. 秋桜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

「ヒゴタイ」 熊本・ヒゴタイ公園

※またしばらくの間、花好きのオジサンに戻ります。

九重連山の南麓に広がるヒゴタイ公園

13922613.jpg

ヒゴタイ公園
所在地:熊本県阿蘇郡産山村大字田尻771
開園時間:9~17時
入園料:大人300円 ※有料期間(秋など)以外は無料

最盛期は過ぎたものの、アザミに似たヒゴタイの花が見たくて足を運びました。
9月の後半ともあって、至る所でススキが穂を吹いています。

13922617.jpg

こちらはオミナエシの花

13922618.jpg

言うまでもなく秋の七草ですが、自分は初めて見たような気がします。

その先に咲いていました。

13922603.jpg

ん〜、やや盛りは過ぎていますが、何とか…(笑)
形はアザミというより、もはやマリモに近いような気がします^^
青紫色の花は触ってみると固く、ブラシのような触感です。

13922604.jpg

日本と大陸がまだ地続きだった時代の名残である多年生植物のヒゴタイ…

主に朝鮮半島南部、九州、愛知県、岐阜県、広島県の特定地域に分布し、現在は環境省のレッドデータブックの絶滅危惧Ⅱ類に分類されています。

このあたりは、まだ盛りの色合いといったところでしょうか…

13922605.jpg

ここでヒゴタイ公園について言うと、自分は15年前の秋に訪れて以来、2度目…

13922619.jpg

前回は、家内のお腹の中に息子がいました。

その息子は、写真に夢中な父を尻目に、ふざけて家内をおぶって坂道を駆け上がったりしています。

13922609.jpg

月日の過ぎる早さを思わずにはいられません。

13922602.jpg

実は、このブログ、我が子らが成人した時のアルバムであるとともに、自分の身に突如、万が一のことが起きた時のメッセージのつもりでも綴っています。

13922607.jpg

もちろん、自分としてはまだまだ「世にはばかる」つもりですが…(笑)

後世にこれを見た息子に、改めて伝えておきたいことは山ほどありますが、
あえて選ぶとしたら何だろう…

月並みな言い方だけど、人との良好なコミニケーション力が、幸せへの乗車券だとしたら…

13922608.jpg

己に打ち克ち、時間をうまく制する力は、その特急券ということだろうか…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

※またしばらく「季節の花」にお邪魔いたします。
  1. 2013/10/08(火) 00:02:55|
  2. 花の旅(秋)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

愛媛・湯之谷温泉

早朝4時に大阪を車で発ち、大鳴門橋を通過したのは6時過ぎ…

13830213.jpg

四国へ入り、神戸淡路鳴門道から徳島道へ。
さらに川之江JCTを経由し、自宅から300km、「名水のまち」伊予西条へ到着したのは8時過ぎ。

138301002.jpg

四国最高峰・石鎚山の麓にあって、「うちぬき」と呼ばれる地下水の自噴水が2千本に及ぶ西条市。
瀬戸内海に面した土地は肥沃で農業が盛んな一方で、交通至便なこともあり、近代は四国有数の工業地帯として発展。
西条市の工業出荷額は、なんと高知県全体の額をはるかに上回るようです。

そんな東予にある温泉で、朝一番に訪れたのはこちら…

13830201.jpg

「湯之谷温泉」
所在地:愛媛県西条市洲之内甲1193
電話:0897-55-2135
入浴営業時間:8時半~22時 ※受付は21時まで
入浴料:大人360円

西暦600年に斉明天皇が入浴したという伝説が残る湯之谷温泉。
愛媛県では珍しい、源泉掛け流しの温泉です。

これは玄関脇の足湯

13830202.jpg

ほのかに硫黄臭もあります。
このそばには「足湯カフェ」なるものがあり、食事や喫茶のほか、アートのワークショップやヨガなども催されて、地域の交流拠点となっているようです。

8時半より少し前に玄関が開き、一番風呂をいただきます。
こちら脱衣所はコイン式ロッカーがずらり…

13830203.jpg

成分表は大きな看板となって掲示されています。

13830211.jpg

最後のひときわ大きい「愛媛県」の文字を見て、以前、愛媛県の温泉の消毒基準は厳しく、塩素臭がガンガンするほどでないと許可されないような話を聞いたことを思い出しました。

いざ、浴室へ…

13830204.jpg

泉質:弱アルカリ単純泉
源泉温度:18.5度 PH:7.6

大小2つの浴槽にはまだ湯が注がれ始めたばかりで、満水に至ってないようですが、
浴室内にははっきりとした硫黄の香りが漂います

13830214.jpg

湯はわずかに褐色を帯びたように見えますが、多数舞う湯の華のせいかもしれません。
懸念された塩素臭は感じられず、朝一番の新鮮な湯を楽しみます。

カランが並ぶ洗い場…

13830205.jpg

嬉しいことに、カランの湯も水も硫黄臭があり、温泉のように感じました。
ただ、ここは宿泊施設でもあるとともに、地元の公衆浴場的な役割もあってか、石鹸・シャンプー類は備えられていないようです。

加温された源泉はこちららから注がれますが、投入量や温度はムラがあります。

13830208.jpg

すぐそばで浸かっていたところ、年配の方が「熱いのが出るから、危ないよ」と教えてくれ、しばらくすると、突然、熱湯がドバっと噴き出しました。

浴室には他に、サウナや水風呂もあり、常連の方は長湯を楽しんでおられました。

余談ですが、ここ30年の間、周辺市町村が軒並み人口を減らす中にあって、西条市は一定水準を維持しているようです。地方都市での人口維持は奇蹟に近く、要因はこの町の多彩な産業構成にあるように思われます。

半導体の大きな工場を有し、先行きには大きな課題も見えつつある西条ですが、大都市圏に伍して地方都市が気を吐く姿は頼もしく、この温泉の受付や清掃スタッフさんの表情にも明るさや、常連さんとの会話にも元気が感じられたように思います。

早朝からの遠距離ドライブ…

13830209.jpg

優しい湯の朝風呂が、身体をほぐしてくれました


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/05(土) 22:01:17|
  2. 愛媛県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊本・わいた温泉 「豊礼の宿」

湯けむりに包まれる、わいた温泉郷「豊礼の宿」

13922499.jpg

「豊礼の湯・豊礼の宿」
所在地:熊本県阿蘇郡小国町西里2917
電話:0967-46-5525
入浴営業時間:24時間 年中無休
※檜家族露天風呂、大露天風呂は8:00~20:00
 
素泊まり:1泊3,800円~
入浴料:檜家族露天風呂1室1時間 1,500円
家族露天風呂同上 1,200円、家族風呂同上 800円 (2013年9月)

2013年8月に日帰りで訪れて、すっかり気に入った我が家は、9月の三連休に再び訪れることに…(笑)

13922501.jpg

今回は素泊まりでの利用。
こちらはシンプルな和室。

13922502.jpg

我が家は12畳と8畳の二間に分かれて宿泊しました。

多数の家族風呂で知られるこちらの宿ですが、宿泊者は専用の男女別露天風呂が使えます。

13922504.jpg

泉質:ナトリウム塩化物泉
源泉温度:97.5度 PH:8.53

この時は、夜明けの遅い朝の露天風呂とあって、コバルトブルーが際立っています。
この色合いは、湯を溜めてからしばらく時間が経過する方が良いとのこと。

但し、利用は朝の6時から夜の23時まで。
警察からの指導もあって、なんと宿泊棟自体、23時には施錠されてしまい、24時間営業の家族風呂には入れません…

13922503.jpg

下調べが甘かったとはいえ、深夜に十六夜の月を眺めながらの湯浴みなど風流だなぁ…と目論んでいた自分は、かなりショックでした…orz

こちらは自炊用の食堂

13922508.jpg

食器や調味料も使えるこちらのスペース、皆さんマナーが良く、清潔に保たれています。

我が家はせっかくなので、蒸し器の並ぶそばのスペースで朝食を摂ることに…。

13922509.jpg

蒸し器からは前回訪れた時と同様、激しく湯気が吹き上げます

13922511.jpg

今回は、玉子、サツマイモに加え、ソーセージも蒸すことに…

13922507.jpg 13922506.jpg

蒸した玉子はプルンプルン…^^ 我が家の評価としてはソーセージが一番好評でした。

朝食後、まだ真新しい檜の家族風呂へ…

13922514.jpg

ここはおなじみのコインタイマー式ですが、500円玉しか使えないようでした。

脱衣所も木の香がするほどの気持ち良い感じ…

13922515.jpg

コインを入れて勢いよく注がれる源泉で、湯船は数分で満杯。
左側半分は寝湯にすることもできます。

13922519.jpg

ただやはり、湯を出して間もないうちはコバルトブルーにはならないようですね。

眼の前には明るい陽を受ける湧蓋山(=わいたやま:標高1,500m)の雄姿が…

13922520.jpg

円錐形の山容は秀麗で、その均整の取れた姿に、登攀意欲がそそられます。
そういえば、この記事を記している10月3日は、トオとサンの語呂合わせで「登山の日」でしたね…^^

明るい陽射しの中の湯浴み…

13922518.jpg

何度も訪れたくなる温泉でした

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

※以下、10月5日追記しました。 続きを読む
  1. 2013/10/03(木) 23:24:41|
  2. 熊本県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

熊本・産山温泉 「やまなみ」

黄金色に色づき始めた稲田…

13923498.jpg

熊本県北東部に位置する産山村は、名水百選の一つ「池山水源」を有する美しい山村です。

こうした山里を目の当たりにすると、「日本人の美意識を育んできたのは、こういう美しい風景なのかな…」などと思わずにいられず、何度も車を停めて写真を撮りました。

そんな中、昼食も兼ねて湯浴みに来たのはこちら…

13923501.jpg

産山温泉 「やまなみ」

所在地:熊本県阿蘇郡産山村田尻254-3
電話:0967-25-2414
日帰り入浴営業時間:10時30分~21時
入浴料:大人500円 家族風呂50分2,000円 (2013年9月)

「日本秘湯を守る会」のお宿のようで、家族風呂での日帰り入浴、昼食も摂ることができます。

入口わきには地下1,000mに泉源を持つ源泉が掛け流されています。

13923499.jpg

元々民宿だったこちらのお宿、平成18年温泉を掘り当てられ、リニューアルされたようです。
古民家風の待合…

13923502.jpg

重厚感のある梁が眼につきます。

フロントの横には「ヒゴタイ」をメインとした生け花も…

13923503.jpg

館内の案内板のぬくもりが感じられる文字といい、さりげなくセンスが光るなぁと感じます。

こちらは和室大広間

13923511.jpg

昼食時に奥の囲炉裏が満席になると、こちらへ案内されるようです。

幸い、我が家は囲炉裏の方へ通していただけました。

13923516.jpg

ここで自分は、産山村名物のそば(定食1,050円)をいただきました。

13923504.jpg

やや甘めのつゆでいただくそばは自分好みで、だんご汁やおはぎなどとともに、我が家は美味しくいただきました。

うっかり写真を撮り忘れましたが、ここの名物のひとつに、女将が愛情込めて造られた30種類以上ある漬け物があります。
色とりどりの小皿に盛られた漬物は、バイキング型式で自由に味わえ、自分はキュウリや大根の漬物をいただきましたが、塩加減も絶妙で、これでビールが飲めたら最高だなぁ…などと考えてしまいました(笑)

食後に家族風呂へ。お宿の方は、「4つの家族風呂のうち、空いている所にどうぞ」とのこと。
こちらは「つばき」

13923506.jpg

泉質:アルカリ性単純温泉  源泉温度:45.1度  PH:9.1

丸い樽風呂も魅力的でしたが、我が家の5人が入るキャパも考え、結局、選んだのはこちら…

13923507.jpg

「やまぼうし」渋い石造りの湯船に、竹筒から透明の湯が注がれています。

13923508.jpg

無色無臭のようにも感じますが、口に含んでみると、はっきりとした玉子風味が感じられました。

余談ですが、これは双子2号の作品

13923514.jpg

な~んか湯の音まで聞こえてきそうじゃないか…^^;
昼下がりの家族風呂、PH9.1を誇る滑らかな肌ざわりと満腹感で、心も身体も満たされた気分になりました

静かな山里で味わう素朴な食事と、綺麗な温泉…

13923513.jpg

こうして娘と家族風呂に入れるのも、人生であと何度あるかな…

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2013/10/01(火) 20:28:09|
  2. 熊本県の温泉
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (136)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (8)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (65)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (28)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (20)
国内旅行 (156)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (11)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (207)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (6)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (14)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる