人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

高山植物 長野・高ボッチ高原

信州・高ボッチ高原の朝…

137151001.jpg

前夜、豪雨をもたらした雨雲はどこへ行ったのやら…。
とりあえず、雨で濡れたテントを干して、牧場の中を散歩に出かけます。

137151002.jpg

足許にまず現れたのは、ややずんぐりめのイブキトラノオ…

137151003.jpg 137151013 230

スイカズラの方は多数の花がついていました。

13715 1013

こちらは朝日に輝く、キク科のコウリンカ

137151005.jpg

これはまだ咲き始めなのだろうか…。

群生していたコウリンカはこんな感じで…

137151010.jpg

花弁が垂れさがって咲くという、少し変わった花のようです。

こちらはウツボグサ…

137151006.jpg

今回の信州旅行では、もうすっかりおなじみになってしまいました。
改めて調べてみたら、漢方薬の材料に使われるとのこと。

しばらく行くと、絵になるスポットがあり、若い女性をモデルに彼氏?が
写真を撮っているところに遭遇しました。

137151008.jpg

早朝6時の高原、リゾート風のいでたちの女性は上機嫌のようで、
「今度は○○君に、もっと違ったイメージの服を買ってもらわなきゃね!(笑)」
と甘~い会話も聞こえてきます…^^;

さらに行くと高ボッチ山の頂上。

137151011.jpg

ケルンが積み上がる標高1,665mの頂上からは、北に鉢伏山。

眼を東南に転ずると、雲間に富士山がかすかに…

137151016.jpg

今日も多くの登山客が数珠つなぎになっているのだろうか…、などと考えてしまいます。

ところで、7月中旬のこの日、高ボッチ高原では、外来種の草花の駆除が一斉に行われていました。
係員の方に確認したことろ、ヒメジオンなどが駆除の対象とのこと…。
こんな地味な努力が、高ボッチ高原の植物を守っているんですね。

これはお馴染みのノアザミ

137151009.jpg

改めて調べるとノアザミもキク科のようです。

最後に、高ボッチ高原では比較的多く見られるという、ハクサンフウロ…

137151014.jpg

以上、早朝から多数の花々と逢うことができました。

信州の高原の短い夏…

137151015.jpg

何度でも訪れたくなる景色です。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/29(月) 21:15:22|
  2. 花の旅(夏)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「日光黄菅」 長野・志賀高原

今を盛りと咲くニッコウキスゲ

13714702.jpg

7月中旬のこの日、志賀高原・丸池のあたりでは満開…

13714703.jpg

ご存じのとおり、日光・戦場ヶ原で数多く見られることからついたニッコウキスゲ。
ユリ科のオレンジの花は、尾瀬や霧ヶ峰にも数多く自生することで知られます。

ここは国道から少し入った所なので、他に誰もおられず、ややもったいない感じ…。
人が多いと邪魔だなぁ…と感じたり、人がいないと寂しいなぁ…と感じたり、なんとも自分勝手なものです。

13714704.jpg

ニッコウキスゲを堪能したあとは志賀高原の最高峰、横手山を目指します。

13714705-2.jpg

アクセスである「スカイレーター」は、上下交互運転で約10分ほどの時間待ち…。

動き始めるとゆっくり、ゆっくり高度を上げていきます。

13714707.jpg

途中にはニッコウキスゲ

13714719.jpg

やはり群生の方が見応えがあるかな…

途中、冬のスキーでも何度か使ったリフトに乗り換え。
さすがにリフトは急こう配で、ぐんぐん高度を稼ぎます。
見下ろすと車を停めたレストハウス…

13714710.jpg

我が家の車も白い米粒のように見えます。

着いた横手山からの眺望はこのとおり…

13714715.jpg

左側の笠ヶ岳の麓に熊の湯、丸池方面へと広がる志賀高原が手に取るように見えます。

草津方面に続く道の先には浅間山のシルエット…

13714714.jpg

自分にとっては、草津や万座の温泉が「おいで、おいで」をしているように感じます^^

残念ながら、高山植物は期待していたほどはなく…

13714720.jpg 13714717.jpg

ほとんど収穫はありませんでした。ちなみに、これはタテヤマウツボグサ??

一方で、この日は高い雲と低い雲の形が印象的で…

13714716.jpg

空ばかり写していたような気がします。

13714713.jpg

青い空、どこまで続くのだろう…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/26(金) 20:36:16|
  2. 花の旅(夏)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

「雪紫陽花」 長野・黒姫高原

コスモス畑が広がる黒姫高原…

13714501.jpg

黒姫高原「雪アジサイ園」
所在地:長野県上水内郡信濃町大字野尻3807
入園料:7/13~8/2 無料 8/3~10/14 大人600円
パノラマリスト:大人往復700円

シーズンオフはゲレンデを利用してひとめ100万本とも言われるコスモスが咲き乱れるものの、残念ながら見頃は9月…。
ただ、この時期は1万株もの雪アジサイが咲くと耳にして、急きょやってきました。

雪アジサイはパノラマリフトで昇った先にあるようですが、ゲレンデの下にも…

13714503.jpg

紅白の花弁をもつガクアジサイが咲いています。
微妙に花弁の先が焼けていたりしますが、見応えもあるし、わざわざ上にあがるまでもないかな……

13714505.jpg

子らとともにリフトで上がっても、すぐに降りたがるだろうな…、などと逡巡していました。

13714504.jpg

…と、リフト脇にあるものを見つけると、双子らの表情は一変(笑)

13714533.jpg

これやりたいとせがみ出します。利用料は5分間で1人500円、計1000円。

幸いなことに係員のお兄さんは、「他にお客さんがいないから、気の済むまでいいよ~(笑)」とのこと。

13714532.jpg

普段、この手のアトラクションにはあまり良い顔しない自分ですが、この時ばかりは「さぁ行け!」とばかりに乗り込むのを見届け…

13714531.jpg

キャッキャッとはしゃぐハムスター達をおいて、リフトに飛び乗ります。

長さ950m、所要時間8分のクワッドリフトの上部になると、足許にアジサイの群落が広がります。

13714508.jpg

終点で降りるとそこは、落葉松の林に広がる雪アジサイ…

13714517.jpg

いわゆるヤマアジサイだと思いますが、薄いブルーがとても涼しげです。

13714511.jpg

この雪アジサイの群落、自分はてっきり、コスモスや春の芝桜などと同じで、スキー場が集客目的で植栽したと思っていましたが、なんと自生だとのこと。

13714512.jpg

色が単一なのは仕方ないかもしれません。

このあたり標高1,000m以上はあろうかと思いますが、高山植物らしき花も…
これはハナチダケサシ?

13714515.jpg

ヤグルマソウだろうか…?

ゲレンデに出て麓を見ると、遠くに野尻湖…

13714516.jpg

今回は時間がなかったけど、一度は行きたいなぁ…。

ここで、ふと足許を見ると、青以外のアジサイを発見!

13714519.jpg

あまり平地では見かけないアジサイ、やはりヤマアジサイの一種でしょうか…。

13714520.jpg

…と、予定をたっぷり超過して、自分独り、雪アジサイを堪能しました^^

静かで涼しい山の冷気の中で見る雪アジサイ…

13714518.jpg

夏の暑さをつかの間、忘れさせてくれるものでした。
(ハイ、ハイ、もうリフトで戻るところだから…)


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/23(火) 22:04:50|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「薄雪草」 長野・鉢伏山

高ボッチ高原から見上げる鉢伏山(1,928m)…

137150001.jpg

前夜の大雨も嘘のように晴れ上がった早朝、諏訪湖の北西に位置するこの高ボッチ高原から、車で細い道をひたすら登りつめます。

137150001-2.jpg

標高は既に1,800m近いでしょうか。空がとても青く…

137150003.jpg

登ってきた道を振り返ると、塩尻市街地には雲海が垂れこめています。

137150004.jpg

目指す鉢伏山は、本当に鉢を伏せたような穏やかな横顔…

137150005.jpg

朝のこの時間は、木々の陰影が出て、山肌の表情が豊かになり、自分は大好きな時間帯です。

137150011.jpg

道脇にはウスユキソウ…

137150008.jpg

雲海を背景にひっそりと咲く姿は、とても愛らしく思えます。

137150007.jpg

光るのは朝露?それとも前夜の雨のしずくでしょうか…?

駐車場に車を停め、丸いなだらかな山頂を目指します。

137150019.jpg

道を振り返ると、前夜降った雨が地表で暖められ、どんどん水蒸気になって山肌を駆け上がってきます。

137150020.jpg

子どもらも、最初はブーイングの嵐だった早朝登山にリズムが出てきたのか、鼻歌混じりに登っています。
歌はもちろん、“エ~デル、ワ~イス♪ エ~デル、ワ~イス… ♪”
双子らがちょうど音楽の時間で習ったばかりのようです ^^

137150018.jpg

こうして子どもらの歌声を聴きつつ、1歩ずつ歩む高原の道…

137150014.jpg

自分は今、人生の夏を謳歌している気がします。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/20(土) 11:34:54|
  2. 花の旅(夏)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

信州・まるべりーオートキャンプ場

※花の記事というより、私的なキャンプ記録です。

予約なしに訪れたキャンプ場…

1371300104.jpg

「信州まるべりーオートキャンプ場」
所在地:長野県小県郡青木村夫神541-1
電話:0268-49-0001
利用料:オートキャンプ 4,000円、トップシーズンは5,000円

海の日に続く3連休、当初の予定はニッコウキスゲを見に、霧ヶ峰キャンプ場に宿泊する予定だったのですが、この日は大気の状態が不安定で、特に諏訪や霧ヶ峰周辺は雨模様…。

岡谷JCT手前で、このキャンプ場のことを思い出し、電話をすると空いているとのことで、急きょ麻績IC経由でやってきました。

全部で40サイト、3つのバンガローを有するキャンプ場…
ただ、連休の初日にも関わらず、サイトは我々だけで貸切状態。

テントの設営が終わると、双子の娘らは、シャボン玉遊びに興じたり…

1371300111.jpg

クローバーで花飾りを作ったり…

1371300122.jpg 1371300121 234

四つ葉はあっと言う間に集められ、双子1号によってボンネットの飾りに…(笑)

1371300118.jpg

1番手前はなんと5つ葉 ^^

この草地では白だけでなく、赤いクローバーも見られるなど…

1371300106.jpg

他にも小さな花々が多数。

1371300116.jpg

これは、もう花が終わっているのかな…?

1371300117.jpg

実だろうか…。

夜になるとお約束の昆虫採集…

1371300108.jpg

これは、涼しい山間部でよく採れるミヤマクワガタ。

メッシュテントには、セミも這い上がってきて羽化も…

1371300109.jpg 1371300110.jpg

無事に見届ける事ができました。
しかし、セミの羽化、改めて見ると、出初めはイナバウアーみたい…と、思うのは自分だけでしょうか?

ちなみに、写真はありませんが、夜中にトイレに行こうと夜空を見上げると、満天の星が見えました。


翌朝は小鳥たちのさえずり、いや、合唱のようなにぎやかさで眼がさめるものの、時刻はまだ5時…(笑)

朝日を浴びる野の花達…

1371300107.jpg

ツユクサ…

1371300114.jpg

これは…、申し訳ありません、名前がわかりません。

1371300105.jpg

双子らも、いつになく早く起きてきたなと思ったら…

1371300113.jpg

早朝からシャボン玉…。この浮世離れした時間が良いなぁ…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/17(水) 23:04:39|
  2. 国内旅行
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

「蕎麦」  長野・戸隠

単純だが、信州に来たのなら蕎麦を…ということで訪れた戸隠。

朝10時半の時点で、有名店の周辺には100名以上の行列。
我が家はこちらのお店に立ち寄ることにした。

1371400001.jpg

「仁王門屋」
所在地:長野県長野市戸隠中社3419
電話:026-254-2244
営業時間:10:30~17:00 金曜休(2013年7月)

連休中ともあって、駐車場はどこともいっぱいの中、幸いいいタイミングで停められた。

店内に入ると、通路脇に蕎麦湯を茹でる釜が現れる。

137140005.jpg

内部は静かなBGMが流れる落ち着いた雰囲気

137140003.jpg 137140002 217

注文したのは、特製のごまくるみ、醤油、いくさと3種のつゆでいただく三味そば(1,200円)

137140004.jpg

根曲り竹で編まれた円形のざるに盛られた蕎麦。
しょうゆはさっぱり、しゃきしゃき感のある食感で、のどごしも良く、くるみとごまのつゆは蕎麦によく絡み、濃厚な風味と甘めの味わい…。
いくさとは、シソ科の荏ゴマのことらしく、独特の風味が蕎麦に合い、この3種のつゆで、いくらでも食べられる気がする。

ここはネット上での評価は平均だが、自分には十分に美味しいと感じた。

ここから車で5分程度行った、蕎麦畑に花を観に行くが…

137140006.jpg

教えられた場所は刈り取り済み。ちなみに手前の白い花はヒメジオン…orz

しかし、奥の方にかすかに白い畑が見え、そこを目指す。
あれもヒメジオンならがっくりだが…。

137140001.jpg

途中には黄色や紫の野の花が咲き乱れる。

137140010.jpg

アゲハ蝶もチラホラ見かける。

137150009-2.jpg

バッタやキリギリスが多数飛び交う道を進み、現れたのは、やはり蕎麦の花

137140022.jpg

初めて間近で見たが、意外と背の低いものだった。

137140008.jpg

これが戸隠の名前を全国区に押し上げているのかと思うと、とても不思議な感じだ…。

137140023.jpg


修験者が携行食として戸隠に持ち込んだとされる、白くて小さな蕎麦の花…


137140024.jpg

不思議な力を感じるものだった。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/16(火) 07:13:27|
  2. 夏の花木
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

「木槿と小さな花たち…」  高知・「北川村 モネの庭」

雨のしずくをまとう木槿…

13706305.jpg

「北川村 モネの庭」
所在地:高知県安芸郡北川村野友甲1100
電話:0887-32-1233
営業時間:11~17時  火曜日休
入園料:大人700円 ※JAF割引有

ご存じかもしれないが、木槿は1日花。
しかし、次々に花が咲くため、自分はてっきり長く咲いているものだと思っていた。

こちらは白。

13706306.jpg

この花を見ると夏も本番という気持ちになる。

13706307.jpg

木槿の花は写真映えもいいのだが、自分は足許の小さな花達が気になる。

これは、アニスヒソップ・リコリス・ブルー

13706317.jpg

舌を噛みそうな名前だ。

これはアゲラタム…?

13706322.jpg

優しい紫が印象的だ。

生垣によく見られるアベリア

13706319.jpg

小さな花が無数に咲く。

こちらはプレクトランサス

13706321.jpg

紫が造る不思議な世界だ。

「花の庭」の中央にある噴水

13706314.jpg

噴水の縁に置かれた花鉢には…

13706316.jpg

小さなムシの輝く背中が見える。

この小さな花は三尺バーベナ…

13706312.jpg

これはグラジオラス?

13706324.jpg

いつも以上に花の名前が頼りなくて申しない。
いずれにせよ、紅白とはなかなかめでたい。

これは、フサフジウツギ。

13706310.jpg

長く伸びた花が象の鼻のようだ。

小さな小さな花達…

13706325.jpg

いつまで見ていても飽きない…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/13(土) 23:30:12|
  2. 花の旅(夏)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「桔梗」  高知・「北川村 モネの庭」

純白のキキョウの花…

13706 201

「北川村 モネの庭」
所在地:高知県安芸郡北川村野友甲1100
電話:0887-32-1233
営業時間:11~17時  火曜日休
入園料:大人700円 ※JAF割引有

周囲の緑にもひときわ映える白いキキョウ、風船のような蕾…

13706 205

小学生の時、ボンッと音を立てるのが面白くて、庭のキキョウの蕾を全て指先で潰して、親に叱られたことを思い出す。
改めて調べてみたら、潰しても花は咲くが、形が悪くなるとの記述を見かけた。

ちなみにこれは何の花だろう…

13706 203

まだまだ知らない草花が多いな…。

この白いキキョウがある「水の庭」エリアにはカスケードがある。

13706 105

茶色い石と赤い花が夏によく似合う。

「花の庭」へのゲートをくぐり…

13706 101

カフェや土産物店の入るレストハウスを抜け、展望デッキへ出てみると、「花の庭」が眼下に広がる。

13706 204

こちらは紫のキキョウ…

13706 103

記事を綴るにあたり初めて知ったが、キキョウは絶滅危惧種らしい。

13706 102

もちろん野生のものに限っての話だが、「秋の七草※」として古くから日本人に親しまれている草花が絶滅危惧種とは軽い驚きだ。

13706 109

ここで、ふと思い出したが、我が家の披露宴、家内が着ていた色ドレスは、トルコキキョウをあしらったものだった…

13706 107

濃淡を織り交ぜた紫、青とスカイブルーのドレスは涼しげで、今思えば、この時期に合っていたな…。

7が3つ並ぶ日に入籍して、あれからはや18年…。

そう言えば、家内は今夜も双子を迎えに、車で3分の実家に…

13706 106

「キキョウ」していたな…

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

※…「秋の七草」の桔梗、厳密には朝顔のことです。
  1. 2013/07/12(金) 00:06:20|
  2. 花の旅(夏)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「睡蓮」 モネの庭

パリ郊外の街・ジヴェルニーにあるモネの庭…

13706001.jpg

…を模して造られた、高知県北川村「モネの庭」^^

「北川村 モネの庭」
所在地:高知県安芸郡北川村野友甲1100
電話:0887-32-1233
営業時間:11~17時  火曜日休
入園料:大人700円 ※JAF割引有

印象派の巨匠クロード・モネは、自宅の庭をまるで生きたキャンバスと見立て、多くの草花や木を植えたことで知られる。

パリのオランジュリー美術館で、壁を一周するモネの睡蓮を見て感動した自分は、もう10年前に出張のついでにジヴェルニーに足を運んだことがあるのだが、池、植栽、睡蓮、橋…、本当に現地の物とウリふたつだ。

13706006.jpg

それもそのはず、この土佐の山中に忽然と姿を現した「北川村 モネの庭」は、ジヴェルニーのモネの庭の管理責任者の指導・監修のもと、造られた庭だという。

13706004.jpg

訪れたのは昼下がりで、睡蓮のほうは、もう花を閉じかけているものもある。

ただ、この池の周囲には、ユリや多数の花が、競い合うように咲いている。

13706005.jpg

これは珍しい青い睡蓮「ウィリアムストーン」

13706008.jpg

鋭角の13枚の花弁を持つ睡蓮は、フランスから送られてきたものらしい。
高温多湿の日本の気候にも馴染んでいるとはたくましい。

それにしても睡蓮以外の花、数え上げたらキリがないほどある。

13706014 232 13706018 221
13706017.jpg

主役はあくまで睡蓮だが、どれも可憐で可愛い花達だ。

この太鼓橋、緑の質感までもがジヴェルニーのものとそっくりだ。

13706003.jpg

睡蓮、あえて難所を言うなら、花が岸辺から遠く、そばで見られないことかもしれない。

そういう声に応えるかのように、「花の庭」の展望デッキには鉢植えの睡蓮が多数…

13706009.jpg

こういう所もセンスあるなぁと思う。

左側は「ヘルボラ」、右側は「マリアセア・カルネア」という品種

13706010.jpg 13706011.jpg

これは「ダーウィン」とのこと。

13706012.jpg

正直、事前の予想では、バブル期に各所で乱立し、姿を消した海外の国を模したテーマパーク程度にしか考えていなかったため、純粋に庭園の見事さ、花の多さに感動した。

土佐の山中の花園…

13706020.jpg

期待以上のものだった。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/10(水) 01:19:04|
  2. 花の旅(夏)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

「ササユリ、イワガラミ…」 滋賀・奥伊吹

日本百名山・伊吹山の麓



満開の「タマノミズキ(?)」の花が、そこかしこに目立つ。

遠目にはオフホワイトの花、アップで見ると…

13630204.jpg

純白の世界が広がる。

この日、伊吹山のお花畑で高山植物を観察しようと早朝に家を出たものの、伊吹山には濃いガス…

13630202-2.jpg

6合目あたりから上は全く望めない中で、登頂は諦め、麓の姉川沿いを探索することにした。

河原に下りてみると早速こんなものが…

13630206.jpg

温泉旅館の夕食で出るとカリッと美味で…、
と考えるのは口が卑しいからだろうか、それとも温泉欠乏症…?

多彩な高山植物で知られる伊吹山は、近年、イヌワシ、クマタカなどの貴重な猛禽類の住処としても注目を集めており、この日も姉川の渓谷沿いには「巨砲」と呼ばれる大型カメラを構えたオジサン連中が100人はいる。

ひがな1日、鳥を待ち続けるなんて素人にはとても真似できないな…、なんて考えていたら…

13630205.jpg

真上を飛んでいるではないか!(゜o゜)
恐らくクマタカであるが、翼を広げると2mは超えるという。

自分など、フラッと車で来て、幸運にも写真を撮れたが、早朝から場所取りをして、ずっと待っていた巨砲の皆さんにしてみたら、ようやク、マッタカいがあったかと…、
もうやめることにする。

さらに道を奥伊吹スキー場の方へ進めると、宿り木のような白い花

        13630205-2.jpg

ツルアジサイに似た「イワガラミ」

13630221.jpg

ツルアジサイとの見分け方は、周囲の花弁が1枚ずつヒラヒラしているのと、葉がギザギザになっていること。

この姉川沿いの道には他にも…

13630224.jpg 13630223.jpg

野生のガクアジサイや、名も知らぬ花が多数咲いている。

スキー場間近のカーブには湧き水の表示

13630215.jpg

有名どころでは土日ともなれば、ポリタンクを抱えた人々の行列だが、ここではそれも見られない。
口にしてみると…

13630216.jpg 13630225.jpg

冷たく甘い感じ。こういうのを「甘露」というのだろうか。

ほどなく着いたスキー場。

13630210-2.jpg

シーズンオフともあって誰もいない草原が広がる。

レストハウスの脇で咲いていたのは「紫蘭」

13630231.jpg

施設の方が植えたものだろう。

このあたりの標高では、伊吹山頂近くのような高山植物は無理だろうなと諦めたものの、スキー場を登ってみる…

13630233.jpg

山を登るとよく見かけるこれ、名前忘れたな…。

ズームで近寄ってみると…

13630210.jpg

オット、失礼(笑)

諦めかけた頃、それはススキの中に見つかった。

13630236.jpg

独りだけで咲く「ササユリ」

13630237.jpg

群落の見応えには劣るものの、これはこれでいいではないかと思う。

高山植物のお花畑を期待して出向いた伊吹山…

13630238.jpg

次こそは、写真も頭もお花畑で…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/07(日) 18:25:21|
  2. 花の旅(夏)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「紫陽花」 滋賀・醒井宿 (その弐)

宿場町に咲くアジサイ

13630101.jpg

「醒井宿」
所在地:滋賀県米原市醒井
JR醒ヶ井駅前の「醒井水の宿駅」に駐車場(50台程度)有
※バイカモ開花期間中は、国道21号沿いに無料臨時駐車場有

もっぱらガクアジサイが目立つ。

13630103.jpg

バイカモばかりを目当てにしてきたが、ここのガクアジサイは色も形も多彩で、とても見応えがある。

13630116.jpg

とはいえ、花より団子の我が家、昼食に訪れたのはこちら…

13630105.jpg

「夛々美家」
所在地:滋賀県米原市醒井362
電話:0749-54-0024
営業時間:昼 11:30~14:30
     夜 17:00~20:00
     不定休
※パンフには「予約制 事前に連絡を」との表記有

元は畳屋さんを兼ねた旅籠。通された2階の部屋はこのとおり…

13630106.jpg

立派な和室。畳の上にテーブルと椅子というのが、とても贅沢な気がする。
部屋の造作もさることながら、装飾品や床の間、欄間も本格派…

13630107.jpg 13630110-2.jpg

ここでも花はガクアジサイ。

養鱒場で知られる醒井、注文したのは鱒の塩焼き定食(1,300円)

13630111-101.jpg

とてもシンプルな定食。
鱒はいけすで泳いでいるものを、注文してから調理するというこだわり。

13630113-101.jpg 13630112.jpg

お料理は下手な説明は無用とばかり、双子の娘らが、鱒の皮や目まで奪いあうように食すなど、大変美味。

窓の下には緑の庭…

136301052.jpg

食後に娘と降りてみた。

13630109.jpg

かつて旅籠として、どれだけの人々がこの庭を愛で、旅の疲れを癒したのだろう…。

改めて地蔵川の紫陽花を写真に収める。

13630114.jpg

清涼な川の流れととても調和している。

13630122.jpg

白川郷もそうだったが、花以外もとても手入れが行き届いている街並みだ。

流れ清き初夏の醒井…

13630115.jpg

またひとつ、お気に入りの場所ができてしまった。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/04(木) 22:15:04|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「梅花藻」 滋賀・醒井宿 (その壱)

中山道、醒井(さめがい)宿を流れる地蔵川

13630001.jpg

「醒井宿」
所在地:滋賀県米原市醒井
JR醒ヶ井駅前の「醒井水の宿駅」に駐車場(50台程度)有
※バイカモ開花期間中は、国道21号沿いに無料臨時駐車場有

中山道61番目の宿駅として栄えた醒井は、日本書紀にも記述がみられるほどの歴史を誇る。

136300012.jpg

落ち着いた風情の街並みに季節の花が彩りを添える。

136300081.jpg 136300082 229

水面に見えるのは、流れに揺れるバイカモの花

136300027.jpg

冷水を好むバイカモは北日本ではよく見られるというが、西日本では水温が一定である湧水が豊富な場所に限られるようだ。

梅雨明け以降が本格的な開花時期とはいえ、かなりの花数が見える。

136300015 233 13630008 225

バイカモが好む清らかな冷たいこの流れは、醒井宿の関ケ原寄りの所から湧き出る

136300018.jpg

ここがその「居醒(いざめ)の清水」

136300020.jpg

「平成の名水百選」に選ばれているこのあたりの水温は極めて低く、周囲にはバイカモの姿すら見られない。

下流側に戻り、せっかく水中対応のカメラなので、双子の娘らに水中の写真も撮らせてみるが…

13630009.jpg

なかなか角度やピントがあわない。

ひとつには川の流れが急過ぎること、そして何より水温が低くて、
長く手を水に浸けていると、手が痛くなるためでもある。

13630004.jpg

ま、これはこれでひとつの宇宙という気がする^^

川沿いに並ぶ飲食店の店先には、木枠に入れられたバイカモがある。

13630005.jpg

ほとんどの花が、顔を水面から出しており、写真を撮るにはうってつけである。

13630006.jpg

白く小さな5枚の花弁、本当に梅の花のようだ。

宿場町の一角には問屋(宿場を通る大名や役人に人足や馬の提供、荷物の積替えなどを行った場所)を復元した建物があり、中ではバイカモに棲む絶滅危惧種の淡水魚「ハリヲ」も展示されている。

1362300026 263 136300026.jpg

これまたピントが合わず、申し訳ない限り…orz

最後に、お父さんがもう一度、水中写真を試してみる。

136300023.jpg

ん~、なかなか難しい。これが精一杯か…。

ともあれ、水中で見る梅花藻の魅力…

136300022.jpg

水面で見るより、美しさはバイカモ…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
  1. 2013/07/02(火) 20:36:43|
  2. 花の旅(夏)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (136)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (8)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (65)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (28)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (20)
国内旅行 (156)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (11)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (207)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (6)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (14)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる