人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

長湯温泉 「山の湯・かずよ」

山肌にかたどられた温泉マークの植栽…

201707 nagayu 100

九重連山の麓に位置する長湯温泉。温泉客を歓迎するこの植栽、かなりの時間と労力がかけられていると
見受けるものの、多くの温泉宿や飲食店が並ぶ県道からは死角になっており、我が家が泊まった宿からしか
見えないのではないかと思われる。

こちらが、2017年7月の3連休に宿泊したお宿…

201707 nagayu 95

山の湯・かずよ
所在地:大分県竹田市直入町長湯横枕2405

滝や水辺の石橋など、炎天下にあちこちを観光した後、チェックインしたのは、早めの午後3時。

早速に温泉へと足を運んでみると…

201707 nagayu 120

泉質:炭酸水素塩泉  源泉温度:52.1度  PH:7.0

黄色味を帯びた褐色の湯が、広い湯舟の9分目ほどに張られ、その表面には、白い炭酸カルシウムの結晶が
浮いているが、湯の香りは感じられない。

余談ながら、この時間に湯を張り終えていないということは、毎日、湯舟の湯を落としているのだろうか…。

何より目を引くのは、源泉が流れ落ちる場所に、山のように積み重なった析出物…

       201707 nagayu 115

鍾乳洞の棚田を連想させる色と形状。

流れる源泉と析出物が織り成す造形美に見とれるものの…

   201707 nagayu 135

やや熱めの湯のため、あまり長く浸かっていられないので、露天風呂へ…

201707 nagayu 145

外の光で見ると、やや白濁した感じに見える露天風呂。

小さめの湯舟にはどんどん源泉が注がれ、あふれ出た湯は、縁石の切り欠き部分から、勢いよく流れ出ていく。

       201707 nagayu 160

時刻は、午後4時。
まだまだ日が傾いたばかりの九州・大分…

     201707 nagayu 170

「おんせん県」の名に納得の湯めぐり。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

 

夕食後…

続きを読む
  1. 2017/08/01(火) 22:51:06|
  2. 大分県の温泉
  3. | コメント:0

明礬温泉 鶴寿泉

別府七湯のひとつ明礬温泉。
小さな旅館が並ぶ一角に位置する、共同湯「鶴寿泉」のたたずまい。

20170716 kakujyusen 90

鶴寿泉
大分県別府市明礬3組
営業時間:午前7時~午後8時 寸志

時刻は午前6時50分。
7時からの営業開始前とあって、周囲には誰もいない。

手持ち無沙汰の中、周囲を見回すと、すぐそばの空き地で、温泉の蒸気が吹き上げている。

    20170716 kakujyusen 160

家並みのそこかしこから湯けむりが立ち昇る、別府ならではの光景が見られる。

午前7時少し前、鍵を持った管理人さんが現れると、どこからともなく一番湯を求める常連客が集まってくる。

狭い脱衣所から浴室へ入ると、正方形の湯舟に青磁色の湯がたたえられている。

    20170716 kakujyusen 150

泉質:酸性含鉄 硝酸塩泉  源泉温度:61.8度  PH:1.7

湯舟に近づくと、湯の色は白く濁ったような色合いに変わり…

20170716 kakujyusen 140

管の先から静かに流れ出る湯からは、硫化水素臭が漂う。
源泉温度が高く、酸性度も高いため、肌にキツイかなと思いきや、意外にマイルドな浴感。

地元の方達が大切に守り、受け継いできた共同浴場で、朝一番の綺麗な湯に包まれる至福の時…

20170716 kakujyusen 120

「豊の国」の真髄に触れる、早朝の湯浴み。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

 

  1. 2017/07/29(土) 18:43:01|
  2. 大分県の温泉
  3. | コメント:0

大分・筋湯温泉 「かくおや」 内湯

2014年2月、立春を過ぎたというのに、寒さが半端でないですね…> <
温暖で雨量が少なく、乾燥気味の大阪ですが、記事を綴っている今、我が家の周囲は一面の雪景色と化しています…

寒さを吹き飛ばすのにはやはり温泉…
以下は、今とは真逆の季節、2013年8月に大分の筋湯温泉に行った折の記録です。

狭い谷合に張り付くように大小の旅館が並ぶ筋湯温泉、我が家が宿泊したのはこの「かくおや」さん

20138137999-3.jpg

筋湯温泉「旅館かくおや」

所在地:大分県玖珠郡九重町筋湯659
電話:0973-79-2014
1泊2食:大人7,700円~(2013年8月)

昭和のたたずまいの旅館、内部はリニューアルがなされています。
こちらは、フロント横のスペース

20138138002.jpg

囲炉裏のそばに民芸品が並べられたり、館内には小さな生け花があったり、細かな心遣いを感じます。

我が家が通された3階の部屋、やはり小奇麗に整えられています。

20138138004.jpg

窓の外を見ると、共同浴場「打たせ湯」が、目の前にあります。

20138138005.jpg

この日は夜遅くまで、下駄の音、桶の響く音が聞こえ、布団の中で「湯の街だなぁ…」と感じました。

ここのお宿、一番のウリは貸切露天風呂ですが、我が家が到着した夕方、既に他のお客さんの予約で埋まっており、内湯の貸切風呂へ…

20138138007.jpg

泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) 泉温:94.3度 PH:7.6

どーんと広い貸切内湯。軽く10人くらいは入れそうです。
壁の反対側にももうひとつ、反転した形で貸切湯があることから、恐らくかつては、男女別の浴場だったのでしょうね…

湯は筋湯温泉らしく無色透明、無臭…

20138138008.jpg

訪れたのは盛夏でしたが、この時期はこういうあっさりした浴感の湯が良いように感じます。

それにしても、なぜ内湯に洗面台が2つもあるのだろう…??
ちなみにカランは別にあります。

湯浴みから部屋に戻ると、隣の部屋に夕食の用意ができているとのこと。

ズラッと並ぶ、献立の数々…

20138138016.jpg

九州の温泉旅館らしい品数の多い夕食、壮観ですね^^
量は少なめですが、豊後牛や馬刺しなども…

20138138017.jpg 20138138014.jpg

ありきたりな言い方ですが、どれも頬が落ちそうなほどの美味…。

無粋ですが宿泊代金、2013年8月の旧盆の時期にも関わらず、家族5人で飲み物代も含めて、ひとり当たり9,000円程度でした。
これで貸切湯も追加料金なしですから、かなり良心的だと思うのですが…。

ともあれ、見た目にもお腹いっぱいな夕食ですが、海川を問わず、魚の大好きな自分はこちらが…

20138138012.jpg

美味しく感じました(笑)

夕食後、部屋に戻り、しばらくテレビを見たり、ゴロゴロしたのち、別館側にある貸切内湯へ向かいます。
別館へは道路の上に架けられた渡り廊下を進み、1階へ下りたすぐのところの貸切内湯へ。

やや窮屈な脱衣所から戸を開けると…

20138138009.jpg

石造りの長方形の湯船、大人4人ぐらいが入れば一杯の大きさです。
竹筒の先からは、源泉が惜しげなく注がれています。贅沢だなぁ…

湯量が豊富な筋湯温泉…

20138138010.jpg

あ~、夏の暑さと温泉が恋しい…^^;


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

※リーズナブルなお値段で温泉と料理を堪能できるこの旅館、何より若いスタッフさんの礼儀正しさ、フロントの方の対応の良さが印象に残りました。

<ご参考>
 貸切露天風呂の記事 http://cat9171000.blog.fc2.com/blog-entry-244.html
  1. 2014/02/07(金) 23:45:49|
  2. 大分県の温泉

大分・赤川温泉 「赤川荘」その2

多彩な料理がずらりと並ぶ食卓

139223001.jpg

赤川温泉 「赤川荘」

所在地:大分県竹田市久住町大字久住4008-1
電話:0974-76-0081
1泊2食:大人7.900円~
日帰り入浴 9時~19時 
入浴料:大人500円  (2013年9月)

夕食は食事処で夕方6時からと決められ、宿泊客が勢ぞろいしていただきます。
2013年9月2回目の3連休とあってか、テーブルは全て埋まっていました。

このお宿、年配のご夫婦で切り盛りしていることもあり、ご飯や飲み物はセルフサービス…

139233002.jpg

ビールやジュース類は冷蔵庫から取り出し、自己申告で精算するシステムです(笑)
料理は豊後牛の陶板焼きや山女魚の塩焼き、野菜の天ぷら、茶碗蒸しなど。

実は前日に立ち寄った食事処のご主人から、川魚の骨を一気に抜き取る技を伝授されたのですが、双子1号は早速それを披露…

139233003.jpg

父親より見事に骨を抜き取っておりました。^^

料理の多くは最初から盛られていたものの、天ぷらも温かく、総じて美味しくいただきました。


翌朝の入浴は6時から。
前夜と入れ替わりの脱衣所。ガラス越しに浴室も見えます。

139233004.jpg

こちらの方が浴室はやや広めの印象です。

139233005.jpg

こちらは手前にある非加温の源泉(25度)

139233006.jpg

劣化していないせいか、加温浴槽より透明度が高いようです。
前夜同様、浸かることはしませんでしたが、飲用してみると、とても強い苦み…

139233008.jpg

宿の掲示によると、飲用は解毒など体内浄化にとても効果があるとか…。
ただ、あまりゴクゴクは飲めません。

39度の浴槽は、まだ朝日の射しこまない谷間にあって、綺麗なコバルトブルーの色彩を放っています。

139233011.jpg

前夜同様、体を温めてから露天風呂へ…

139233010.jpg

露出が明るい湯に合っているせいで、背景が暗く埋没していますが、実際にはもう少し明るく、気持ち良い朝の湯浴みです。

ただやはり、一番手前33度に浸かるのが精いっぱいで、水同様の真ん中や奥の湯船にはとても足を踏み入れることさえできませんでした。

139233013.jpg

時折、木の葉が舞い落ちてきますが、広葉樹の自然林に囲まれたこの露天風呂、紅葉の頃には、素晴らしいロケーションとなるのでしょうね…

硫化水素臭ムンムンの一軒宿…

139233012.jpg

帰宅後もほのかに残る湯の香に、久住の風景を思い出しました…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2013/09/29(日) 20:00:01|
  2. 大分県の温泉
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

大分・赤川温泉 「赤川荘」その1

九重連山の南麓、標高1,100mの原生林の中に建つ秘湯・赤川温泉…

139222001.jpg

赤川温泉 「赤川荘」

所在地:大分県竹田市久住町大字久住4008-1
電話:0974-76-0081
1泊2食:大人7.900円~
日帰り入浴 9時~19時 
入浴料:大人500円  (2013年9月)

宿泊者は宿の前の駐車場まで車の乗り入れができますが、日帰りの場合は100m程度手前の、登山口駐車場を利用する仕組みです。

宿の周囲には源泉の注ぎ口があり…

139222027.jpg

蹲には温泉成分がこびりつき真っ白…^^

駐車場横の小屋の中では、多数のウサギが出迎えてくれます。

139222030.jpg 139222029.jpg

このウサギ、フロントのテーブルにも1羽いて、びっくりさせられます^^;

こちらは、我が家が宿泊した15畳の「滝見の間」

139222004.jpg

ワッ、広っ!^^

窓の外には滝が…

139222005.jpg

ん~、木の間越しでビミョーです(笑)
画面下に見えるのは湯屋の屋根、部屋にも硫化水素臭がかすかに漂ってきます


お茶を一服いただいたあと浴室へ…

こちらはロッカーがずらりと並びます。

139222006.jpg

故障中のものがいくつか見られますが、全て無料で鍵もかけられます。

ちなみに、男女別の浴室は夜10時半まで入浴可で、翌朝には男女入れ替わる仕組み。

戸を開けるとそこには…

139222007.jpg

泉質:含二酸化炭素・硫黄・カルシウム・硫酸塩冷鉱泉 源泉温度:26度 PH:4.9

硫化水素臭がもわ~んと漂う浴室
手前が25度の源泉浴槽、奥は加熱した浴槽です。

こちら加温無しの浴槽の注ぎ口…

139222008.jpg

足を浸けてみたものの、とてもそれ以上入れませんでした…orz

ここの源泉は、国内でもトップクラスの硫化水素を含み、アトピーなどの皮膚炎の治療に大きな効果があるとのこと。
長期の逗留で症状が劇的に改善している事例の紹介が、館内のいたるところに掲げられていました。

源泉温度が低く、長時間浸かっていられるのが治療には良いようですが、自分はやはり39度に加熱された浴槽がやはり一番心地よいです。

139222015.jpg

この大きなガラス窓の外に露天風呂が続きます。

充分に身体を温めて、露天風呂へ…

139222010.jpg

手前側は33度、先ほどの39度に比べ、冷たさが感じられますが、徐々に慣れてきます。

さらにその奥には、ほぼ水と同じ温度と化した源泉が続きます。

139222011.jpg

最奥には、部屋からは見えにくかった滝がよく見えます。

しばし、この33度の湯船に浸かり、内湯の39度の湯船との間を往き来すると、不思議と身体全体がポカポカしてきます

139222014.jpg

この絶妙な温度差は、例えて言うなら、往年の中日ドラゴンズで、150km近いストレートと、70km台の超スローカーブの緩急を使い分けたピッチングで黄金時代を築いた、今中投手(現コーチ)を彷彿とさせます…
って、なんのこっちゃ、よ~わからんがな(笑)

とにもかくにも、この温度差浴…

139222009.jpg

クセになること間違いなしだな
※食事と朝風呂につづきます


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2013/09/27(金) 23:04:17|
  2. 大分県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (139)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (73)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (35)
百名山 【東海・北陸】 (6)
近畿の山 (20)
国内旅行 (170)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (18)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (209)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (15)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる