人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

台北・孔子廟と…

最終日の早朝、台湾らしい風景を見たいと思い、出向いた孔子廟

DSC06145 46

所在地:台北市大龍街275号
開館時間:8:30~21時 ※日・祝日は17時まで 月曜休
無料  (2013年4月)

儒教の祖として、また、学問の神様として知られる孔子を祀る孔子廟。
これは、屋根の端が燕の尾のように反り返った「黌門」で、受験シーズンには多くの参拝者がこの門をくぐり、訪れるそうです。

さらに一回り小さい西門から足を踏み入れると…

DSC06150 46

年配の女性達が音楽に合わせて舞っておられました。
太極拳ではないように思うのですが…^^

石造りの立派な「櫺星門」の柱には、龍が巻きつくように施され、女性達を見守っているようです。

DSC06156 46

ちなみに「櫺星」とは教育と文学を司る星とのこと。

さらにこの先の広場に出ると、本殿である「大成殿」の姿が飛び込んできます。

DSC02985 47

荘厳な空気を放つ大成殿、その屋根は「黌門」同様に反り返っています。
大成殿内部には、孔子を祀る「神龕」=神棚や仏壇、と位牌が安置されています。

DSC06177 46

極彩色の中にひときわ目立つ「有教無類」の文字は、蒋介石が描いたもの。
論語の教えで、「人は教育によってどうにでもなるものであって、生まれつき貴賎の差があるものではない」との意。

感銘を受けてたたずんでいると、女性達が拍子木を鳴らしながら歩いてきました…

DSC06168 46

これから何が始まるのかと見ていると…

DSC06192 46

長い尺のようなものを手に、広場で舞を始められました。
「佾舞」と呼ばれる祭祀の舞踏のようです。

この孔子廟、至る所に極彩色が溢れているものの…

DSC06160 46

終始厳かな雰囲気の漂う不思議な空間でした。

このあと中心街に戻り…

DSC06268 47

ビジネス街の中の「林森公園」を散策。

この時は4月上旬でしたが、既に公園は新緑に覆われ…

DSC06278 47

日本より半月ほど早い季節の歩みのようです。

中央部にはモダンな管理事務所やトイレもあり…

DSC06277 47

都心のオアシスといった空間をなしています。

定番の観光地や賑やかな市場も良かったですが、たまにはこうした観光とは無縁な公園でのんびりするのもいいな…と感じました。

2泊3日、駆け足の台湾旅行…

DSC06297 47

近いうちに再び足を運ぶ予感がします…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

以下、長くなって恐縮です。 続きを読む
  1. 2013/04/21(日) 08:58:03|
  2. 台湾旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

台北・ホテル「六福客桟」

我が家が宿泊したのはこちらの「六福客桟」

DSC06127 46

所在地:台北市松江路306号
電話:02-2521-5151
1泊:S 4,000元~ T 4,500元~ (2013年4月)

ロケーションは、MRT新蘆線・松江南京駅から徒歩5分程度。
ほぼ台北の中心部と言えるのではないでしょうか。

グレードは中級

DSC05763 45

フロントは日本語も大丈夫で、エレベーターの隣には…

DSC06059 46

セブンイレブンが併設。水を買ったりするのに便利でした。
ちなみに約40年前に開設された当時は、台北でも超高級ホテル扱いで、外国要人も多数宿泊されたそうです。

造りとしては、真ん中に吹き抜けがあり…

DSC05519 46

口コミでは、ここを通じてレストランのライブの音が上まで通じるので耳栓が必須だの…
朝食のバイキングはコーヒー以外食べられたものじゃないだの…

DSC06062 46

かなり厳しい評価でしたが、我が家としては、MRT駅からも近く、連泊して何のトラブルや不自由も感ずることなく快適に過ごせました。

ここの特徴は部屋の鍵

DSC05748 46346

空港からのガイドさんも、ホテルの特徴として、「ココノホテル、カギオモタイデス」と真っ先に挙げられるだけあって、ずっしりした重厚なものでした。

窓の外には「TAIPEI 101」も眺められ…

DSC05760 46 213 301 DSC05737 237 301

危惧していた朝食バイキングも、メニューが多彩で、席も余裕があり、特に不満はありませんでした。
特筆すべきはコーヒーで、コクと香りが素晴らしく、何杯もおかわりさせていただきました。

この「客桟」という名前は古い中国式の宿の呼び名で、台北ではここ以外ほとんど姿を消したとのこと。

DSC05762 46

しかも驚いたことに、ガイドさんによると、このホテル、2013年6月で営業を終え、その後は一等地にあるため、超高級マンションに建て替わるそうです。

台北の歴史にも足跡を残したオールドタイマーなホテル…

DSC06129 45

過去の記憶となる日は間もなくのようです…

応援いただけると、励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

以下、小市民的おやつです… 続きを読む
  1. 2013/04/20(土) 12:03:56|
  2. 台湾旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

台北・大龍峒保安宮と青空市場

華やかな供物が供えられた大龍峒保安宮

DSC06198 46

「大龍峒保安宮」
所在地:台北市哈密街61号
開廟時間:6時30分~22時 無休・無料

10世紀に産まれ、多くの患者さんを治したといわれる「保生大帝」を祀る廟。
今でも、無病息災、長寿の神様として台湾では厚く信仰されています。

DSC06197 47

1年を通じて多くの人で賑わうという保安宮、この日は静かなたたずまい…

DSC06200 46

ランの花も美しく、南国の廟にマッチしています。
入口で長いお線香を買い…

DSC06202 46

大帝にゆかりの神様?ごとの小さな廟に線香をあげる仕組みのようです。

と、ここで突然、表通りで爆竹の音が鳴り響いたと思いきや、太鼓の音ともに、青い帽子、青いシャツの一団が突然、宮内になだれ込んできます。

DSC06211 46

何やら神輿のようなものまで入ってきて、あっという間に保安宮内は…

DSC06213 47

青帽子軍団に占拠されてしまいました。

これまた帰国後にググってみたら、旧暦3月15日の保生大帝の誕生日を祝し、周りの廟や、地域の人々などがこぞってお祝いに駆けつけられるとのこと。
誕生日前後の3日間は、道路が真っ赤になるほど大量の爆竹が鳴らされ、色とりどりの花車や山車、大きな神様の人形が市内を練り歩き、お祭りムード一色になるそうです。
これらの皆さんもそうした一団の方かとお見受けします。

保安宮から表に出て、MRTの駅に向かう途中には、極彩色のバスが何十台と停まっており…

DSC06215 47

ミラーがアヒルの首というか、フラミンゴを連想させます。
先ほどの「講」のような一団も、こうしたバスで地方から来られているのでしょうか…

圧倒されたまま、MRTに乗って、清の時代の繁華街「迪化街(=てきかがい)」へ向かおうと降り立った雙連駅

DSC06218 47 461

ここで、我が家は計らずも出会ってしまったのです、青空市場に…^^
ここの市場、朝5時から開いているらしく、我が家が訪れた10時頃が人出のピークとか。

47 DSC06221 

魚や肉類、野菜・果物などの食料品屋に加え、衣料品、花…

DSC06226 47

日用品など、多数の店がひしめき合っています。
自分的に「なんじゃコレは!」と突っ込んでしまったのはコチラ…

DSC06227 47

揚げ物の横で売られているコーチ(?)のバックや…

DSC06250 47

わかりにくですが、鳥の丸焼きの横で化粧品が売られている光景…
この「カオス感」がたまりませんな~(笑)

そうした中、この優しそうな女性が売っているパン?ケーキ?(1個5元=約17円)を4つと…

DSC06228 47

試食して、めちゃくちゃ美味しかったパイナップル(1個70元=約230円)を買い込み…

DSC06249 47 360

市場に沿った緑地帯に腰掛け、休憩がてら食してみました。

DSC06238 47 DSC06240 47 221

ふんわり柔らかいパンは甘さもほど良く、いくらでも食べられる味。
パイナップルは常温にもかかわらず、ジューシーで甘味も絶品…。

ちなみに、パイナップルはすぐ食べられるようにお店でカットを頼んだら、手際良くオバサンが切ってくれましたが、家族5人で食べ切ると、もうお腹いっぱいになりました^^

活気にあふれ、気取らない台湾の青空市場…

DSC06244 47

もう、この居心地の良さはヤミツキになるな…(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2013/04/18(木) 21:35:25|
  2. 台湾旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

台湾料理「好記担仔麺」

台北2日目の夕食は台湾料理にしようと出向いた「好記担仔麺」(ハオジィダンズィミエン)

DSC06120 46

所在地:台北市吉林路79号
MRT「行天宮」駅、「松江南京」駅から徒歩10分
営業時間:11~翌3時
JCB、マスター、VISAカード使用可(2013年4月)

我が家が泊まったホテルから徒歩5分ほどの所にあるお店。

近くて名前が良さげ…、くらいのイメージで出向いたのですが、あとでよく確認したら、某「地球の歩き方」では、台北のレストランの筆頭に挙げられていました(笑)

ここは人気店らしく、趣を変えた3軒ほどの店構えとなっており…

DSC06092 46

かなり賑わっています。
「台北ナビ」によると、オーナー夫婦が一代で築き上げてこられたお店。
食材の新鮮さにこだわり、台湾でも芸能人や有名人がちょくちょく訪れるとのこと。

変わっているのは、注文の仕方。
店先に本物の料理が飾られ…

DSC06091 46

それを指さしながら注文をするシステム

DSC06121 46

メニューでは海鮮類が眼につきます。
我が家は注文した後、小路を挟んださらに隣の姉妹店内に案内されます。

DSC06096 46

台湾か大陸からの工芸品が飾られた店内で、料理を待ちます。

まずはこちら「麻婆豆腐」

DSC06100 46

ご想像どおり、ピリ辛が強ーい… > <
でも美味しい~♪

お次は「台式鹽酥蝦」220元(=約700円) 

DSC06105 46

エビの素揚げ。
ちなみに白い粒はお米を揚げたもの。
昼間もさんざん川エビを食べたような気がしますが(笑)、このエビはピリッと胡椒が効いて、ビールが進むお味ですなぁ~

ハイ、その次も甲殻類「阿美牌紅蟳米糕」490元(=約1,600円)

DSC06099 46

竹の葉で包まれた蟹おこわ。蟹ミソの部分は堅かったものの、ダシが利いたご飯もあっぱれ。
間違いなく絶品でした!

DSC06111 228 DSC06113 225

また、この店の名前にもなっている人気の担好麺(35元)は、台南地方の名物麺。

ガイドブックに「思わずおかわりしたくなる」の説明どおり、きっちりおかわり^^
小ぶりな鉢で出されることもあり、本気を出したら10杯はイケルな。出さないけど(笑)

この日の夕食代は家族5人で合計1,225元、日本円にして約4,000円ほどでした。

帰り道に気になったのがこちら…

DSC06126 46

店名が「小媽臭臭鍋」…???
さらに、店先のメニューには…

DSC06125 46

筆頭に「大腸臭臭鍋 110元」との表示!なんじゃコレは?

帰国後、ググってみたら、豆腐を発酵させた「臭豆腐」にアヒルの血と酸菜、豚のモツをいっしょに煮込んだもので、夜市でも名物料理となっているとのこと。

そういえば、士林夜市で、強烈な臭いのする店があったけど、これだったのかな?
次回はぜひ試してみタイワン…って、絶対試さないな(どっちやねん!)

台湾の御夫婦が長年かけて、大きく育ててこられた台湾料理店…

DSC06122 46

庶民的な味わいを堪能できました。ごちそうさま

応援いただけると、励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

温泉 ブログランキングへ
  1. 2013/04/17(水) 19:29:48|
  2. 台湾旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

台湾・士林夜市と商店街

北投温泉からホテルへ戻る途中、MRT士林駅で下車

DSC05694 45

台北で最大規模の夜市、士林夜市へと向かいます。
実は、士林夜市の最寄り駅はもうひとつ南の劍潭駅だったのですが、今回の台湾旅行にあたっての下調べがいまひとつで、この時には気付かなかった次第です> <

とはいえ、駅から3~4分も歩くと夜市の端に隣接する繁華街へと出ます。

DSC05696 45

雨にぬれた路が広告塔や照明を反射します。
ここで気になったのがこの看板…

       DSC05697 45

「便所」と書かれた看板と……?
台湾でトイレは「厠」の表示なので、一体これは…?
気になりつつ、夜市の中へと分け入って行きます。

雨でもあり、露店などやっているのかな?という不安はなんのその

DSC05703 45

飲食店を中心に雨の中、多数の店が出ています。
台湾、大陸とも3連休の初日ともあり、人出も相当なもの。

DSC05706 45

行列のお店は何かの揚げ物ですが、よくわかりません。
何せ、雨の中の人ごみと色んな食べ物の香りが入り混じり、テンションだけが高めに…

こちらはカニやエビなどの海産物の店

DSC05707 45

食欲をそそる良い臭いがします。

そんな雑踏と人いきれのスゴイ夜市ですが、途中ぽっかりと空いた空間があり…

DSC05708 45

赤い派手な装飾で包まれたお寺。
ここだけが周囲の賑やかさから取り残された雰囲気です。

この先には「激烈哥」の看板の鳥からのお店
「哥」とはお兄さんの意味だと思うのですが、確かに呼び込みも唐揚げを揚げるのも若い元気なお兄さん達だったのですが…、よくわかりません。

DSC05711 45

ここのお兄さん、自分が選んだネギとニンニク風味に加え、「これが一番人気だから!」と、チリソース風味の混じったミックスを勧めてくれます。
なかなか商売熱心ですね。ちなみに値段は60元(=約200円)

DSC05716 45 230 DSC08642 229

二つの風味が楽しめて、味もそれほど刺激的でなく、双子どもも「美味しい」との感想…、

…で、ここで思い出したんです。
対岸わずか数百キロ先の浙江(せっこう)省で、鳥インフルエンザで死者が出ていることを…> <

独り蒼い顔になったものの、その後も娘らは屋台のカリカリチキンを「美味しい」とパクつく始末(笑)
まぁ、生きた鳥に触れたわけではないし、加熱処理もしているし…と、自分に言い聞かせます。

そうこうするうちに果物が目にとまります。

DSC05719 45

「木瓜牛乳」と表示されたこちらは、500CCで35元(=約120円)のパパイヤ牛乳。

DSC05720 45

台湾ではコンビニでパック入りや缶入りで多数販売されているスタンダードな飲み物。
眼の前のジューサーで作ってくれるフレッシュな牛乳は、見た目のイメージより甘さ控えめでした。

士林の夜市は、傘をさして人ごみではぐれないよう進まなければならず、正直、かなり疲れました。

翌日の夜は趣を変えて、ローカルな商店街に行こうということで、ホテルと同じブロックにあった商店街へ出向きます。

DSC06074 45

こちらは、様々な果物や薬草の乾物を扱うお店。
「眼に良いものはある?」と尋ねると、黒ゴマのゆべしを勧めてくれました。

店内に分け入ると駄菓子のデパート…

DSC06081 45

カラフルなお菓子の数々。見た目にもお腹いっぱいになりそうです^^

DSC06079 45

ゆべしを自分へのお土産にして、衣料品店をひやかします。

DSC06075 45

昭和の時代、元気だった頃のダイエーやニチイを思い出す店構え。
はじめはひやかしだったのですが、記念にとベルトを1本買いました。

すると店のオバサン、「ちょっとちょっと」という仕草で、私の腰のまわりにベルトを巻きつけ…

DSC06076 45

ちょうどいい長さに手際良くカットしてくれました(笑)
なんか嬉しいなぁ、これ…

観光客向けの夜市も良かったけど、こういうローカルな商店街はこれだから足を運びたくなります^^

いろんな魅力満載の台北の夜…

DSC05723 45

早速、満喫しました。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

温泉 ブログランキングへ
  1. 2013/04/12(金) 21:03:57|
  2. 台湾旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (133)
春の花木 (5)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (8)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (3)
登山 (62)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (28)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (17)
国内旅行 (153)
花の旅(春) (9)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (10)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (206)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (6)
熊本県の温泉 (4)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (12)
未分類 (12)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる