人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

薩摩の美

薩摩藩主・島津家の庭園、「仙厳園」

201801 senganen 80

藩政をつかさどる鶴丸城に対し、薩摩藩の別邸として賓客をもてなす迎賓館的機能を
担っていたとされる。
冬枯れの芝にすっくと伸びる松は、どれも丹念に剪定されている。

モノトーンの庭園の中で、彩りを添えるのは、冬牡丹…

201801 senganen 50

島津家の家紋のひとつが、「牡丹絞」ということから、庭園の一角に多数植えられている。

201801 senganen 100

晴れていれば、錦江湾越しに勇姿が見られる桜島が、雨で霞んでいた分、牡丹がせめてもの慰めに…。

もうひとつ、島津家にゆかり深いのが薩摩切子。
仙厳園の中に設けられたギャラリーの艶やかなディスプレイ…

201801 senganen 150

硝子に施された精緻なカットと素朴な色合い…

201801 senganen 90

このほのかな色合いこそが、薩摩切子の特徴とされる。

なお、幕末から明治維新頃に作られた当時の薩摩切子は、薩英戦争や西南戦争の影響もあり、
わずか200個ほどしか現存しないらしく、高値で取引されているとのこと。

薩摩の美のシメは、やはり食だろうか…

201801 senganen 200

キビナゴの造り、さつま揚げ、黒豚のスペアリブ…

仙厳園とあわせ、眼と舌で堪能した薩摩路の旅。




  1. 2018/01/24(水) 22:54:05|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:2

西伊豆 夕暮れ

西伊豆の海岸沿いの国道136号は、高い崖に沿って続く。
展望台から見下ろすと、冬枯れの崖が海に落ち込んでいるよう…

201801 nishiizu 100-2

雲見の町に入ると、道路は海に近づき、水平線の向こうに薄暮の富士が浮かぶ。

201801 nishiizu 140-3

この日の宿の松崎を越え、夕陽を見に黄金崎まで足を延ばす。

201801 nishiizu 160

風化して黄色くなった安山岩の断崖で夕陽を待つ人々の彼方には富士。
夕陽の時間帯は、この断崖が黄金色に輝くとのこと。

ただ、展望台に駆け上がると、既に太陽は水平線に…

201801 nishiizu 170-2

タッチの差で見られなかった黄金崎の夕陽、もう一度見に来いとの啓示だな…



続きを読む
  1. 2018/01/14(日) 21:55:02|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0

富士遠望 大室山

眼下に輝く相模灘…

20180103 omuroyama fuji 80-2

大海原の彼方に、利島、新島の島影。

大室山のお鉢めぐり、登る坂道の左奥には、天城の山並み…

20180103 omuroyama fuji 95

ほどなく噴火口のピークに。

360度の眺望。伊豆から箱根に連なる山塊の奥には、富士の高嶺…

20180103 omuroyama fuji 100-3

穏やかな平成30年(2018年)の年頭、今年も良い年でありますように…。



  1. 2018/01/03(水) 14:17:20|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0

「神在月」 出西窯

JR出雲市駅の東、ヤマタノオロチ伝説で知られる斐伊川沿いの田園地帯に、その窯元は位置する。

201710 kama 100-2-2

出西(しゅっさい)窯

島根県出雲市斐川町出西3368
営業時間:午前9時30分~午後6時
火曜休み (平成29年10月)

戦後間もない時期、5人の青年によって立ちあげられたという窯元。
展示販売する「無自性館」には、1,000を超える器が並ぶ。

201710 izumotaisya 1000

道具としての使いやすさにこだわったという器の数々は、出雲や雲南など、地元の土から生まれたもの。

自由に見学できる工房…

201710 izumotaisya 1200

20人前後の若い陶工さん達が、それぞれの持ち場で、無心に作業をしている。

この窯で生まれる器には、共同作業の考えの元、いずれも名が入れられていない。
土地から与えられたもの、多くの人たちの支えによるもの、おかげさまの心、「無自性」があってこそ
人の役に立つ器を作ることができるという信念が受け継がれている。

「無自性」の心に育まれた器…

201710 izumotaisya 1400-3-2


背筋の伸びる思いのする工房





他人を押しのけた上での手柄とか、それを声高に吹聴したがる風潮に、一石を投じてほしいね。

  1. 2017/10/29(日) 12:48:25|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0

「神在月」 出雲大社

出雲大社の正式な呼称は、「いづもおおやしろ」。
石、木、鉄の鳥居をくぐり、最後の銅の鳥居の下に立つと、拝殿が見える。

201710 izumotaisya 800

拝殿は参道の位置から微妙に左にずれ、鳥居下から右奥に本殿の屋根が見える意匠が凝らされている。

このほか、シンボルの大注連縄の向きは、他の神社のそれとは反対の向き…
拝礼は、ニ礼四拍手ののち一礼…
ご神体の大国主大神は、拝礼者の方向ではなく、西の稲佐の浜を向いて鎮座している…

ことほど左様に、出雲大社は他の神社とは作法が異なる。

本殿の西側には、瑞垣越しに大国主大神を拝礼できる場所。

201710 izumotaisya 600

参道、拝殿と本殿の周囲も女性参拝者が目立つが、この静かな一角にも女性の行列が連なる。

門前の「ご縁横丁」には、小綺麗でセンスの良い飲食店や土産物屋が並び、多くの女性で賑わうなど、
全国各地の門前町とは一線を画している。

縁結びのご利益への期待は、女性の方が高いということだろうか…。

201710 izumotaisya 700


本殿を囲む瑞垣、桧皮の厚さ…

201710 izumotaisya 900

「神在月」の出雲、八百万の神のおはしますところ…




  1. 2017/10/21(土) 15:08:54|
  2. 国内旅行
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (142)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (2)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (9)
新緑 (4)
登山 (73)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (35)
百名山 【東海・北陸】 (6)
近畿の山 (20)
国内旅行 (174)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (18)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (211)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (2)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (12)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (16)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる