人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

広島・原田温泉「ゆうじんの湯」 その弐

木造の建物の浴室へ

DSC08314.jpg

脱衣所はややうす暗いながら…

DSC08313.jpg

簡易式の鍵のかかるロッカーもあります。

DSC08312.jpg

そして浴室… 

DSC08306.jpg

泉質:放射能泉 源泉温度:11.5度 PH:7.2 湧出量:340L/分

朝の光を浴びて、湯が琥珀色に見えます。

DSC08310.jpg

琥珀色は底の石材の色と見受けますが、ここは素直に視覚的な素晴らしさを受け入れたいと思います。
湯船はやや深く、大人の胸くらいまであります。湯温はやや高めで無臭。
天井を見上げると…

DSC08287.jpg

電灯の笠に文字が刻まれていますが、判読できません。「ラドン温泉」でしょうか?
外の分析表にあるように、ここの湯は三朝温泉よりもラドン含有量が多いとのことです。

洗い場にシャンプー・ボディソープ類はありません。常連さんが多いからかもしれません。

DSC08291.jpg

湯船からあふれ出る湯はこちらへと流れていきます。

DSC08290.jpg

そう多くはオーバーフローしていません。
そして、ここの温泉の特徴のひとつに、注意書きの多さが挙げられます。

DSC08308.jpg

この他にも「熱い時はたたいてください」「おむつのとれないお子様はベビーバスの使用を…」etc(笑)

それにしても熱く、湯気がもうもうと湧きあがります…

DSC08289.jpg

内湯で十分に体を暖めてから、隣接する露天風呂へ 

DSC08275.jpg

こちらはなんといっても湯の流れがスゴイことになっています。

DSC08276.jpg

もう湯船全体に川のような水流が渦巻いています。
湯温は40度を下回る程度でしょうか。内湯と比べかなりぬるめです。薪をくべる香りが立ち込めています。
湯は反対側のこちらからも…

DSC08277.jpg

ガンガン注がれています。
しかし、オーバーフローは…

DSC08279.jpg

あまり見られません。2名の方が入れ替わりに上がられた直後だったからかな…。
吸い込み口があるのかと探そうにも、あまりの水流に見つけられませんでした(笑)

こちらは源泉そのままの湯船

DSC08280.jpg

見た目にも冷たそうで今回はパス > <
盛夏の頃なら、湯と交互に入れば気持ち良いかもしれませんね。

ラドン豊富な新鮮な朝湯…

DSC08294.jpg

広島の温泉も捨てたもんじゃないね!


<オマケ>
温泉のあと「尾道ラーメン」を食べに行きました。
こちら「大亀食堂」

DSC08338.jpg

所在地:広島県尾道市美ノ里町三成1097
営業時間:10~21時

おばあさんが経営する地元の方のための食堂といった風情。
開店直後ということもあり、他にお客はおられませんでした。
待つこと数分、「尾道ラーメン」がやってきました。

DSC08343.jpg

豚の背油が光るスープに多めのネギ、チャーシューと刻んだ鶏肉。
好き嫌いの分かれるところかもしれませんが、我が家は愚息も双子1号にも好評。ちなみに1人前500円でした。

食べている途中、おばあさんに「どこから来たの?」と問われ、「大阪です」と答えると、
「大阪はどうだかわからないけど、尾道は景気が悪くてねぇ…」とポツリ…

DSC08339.jpg

なんとも答えようがありませんでした。しまなみ海道の観光効果は、このあたりまでは恩恵がないのでしょうか…。

会計を済ませ、駐車場に戻ると、なんとおばあさんが子ども3人分の缶ジュースと菓子パンを持ってきてくれました。不景気の中、頑張っておられるおばあさんから頂戴するのはとても恐縮でしたが、ありがたくいただきました。
おばあさん、美味しいラーメンごちそうさま。いつまでもお元気で…


応援してくださると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村




  1. 2012/10/30(火) 23:42:57|
  2. 広島県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

広島・尾道と原田温泉「ゆうじんの湯」

尾道・千光寺公園からの眺め

DSC08223.jpg

観光バスが来る前の早朝を狙って、早起きして来ました。
朝の霞がかった空気の中に、尾道の街をはじめ、まるで河のような尾道水道、造船所が並ぶ向島が見下ろせます。

DSC08241.jpg

眼を東に転ずると「しまなみ海道」の新尾道大橋。
朝でこれだけの景色ですから、夜景などは言葉を失くすほどの美しさではないでしょうか。

DSC08259.jpg

ちなみに、あるNPOが認定した全国111箇所の「恋人の聖地」の一つにされているそうです。
それで思い出した話がありました。

DSC08252.jpg

かつて私の職場の同僚に、尾道出身のご主人を持つ女性がいました。
彼女から聞いたエピソードとして、独身時代に交際が進み、恋人(のちのご主人)の実家でお母さんにご挨拶したあと、この場所から尾道の街を眺めた時に、
「あぁ…こんな素敵な街が、私の故郷になるのね…」と迷う気持ちに整理がついたという話を思い出しました。

DSC08235.jpg

この話、もちろん恋人との良縁がベースにあったとはいえ、街の眺めを観て自分の人生のボタンを押すとは、瑞々しさとともに、感受性の強さに賭けた女性の潔さを感じたのですが…
昭和の話だと言われたら、それまでですね… ;;

麓から駆け上がってくる小さなロープウェイ。

DSC08254.jpg

サザエさんのオープニングにありがちなショットですね。
尾道は、全国の観光地を紹介するサザエさんのオープニングで、2005年度の後半に登場していました。

千光寺公園からは山手に車を走らせること15分、すっかり鄙びた山あいに、カントリーテイストの建物が見えてきます。

DSC08265.jpg

原田温泉「ゆうじんの湯」
所在地:広島県尾道市原田町梶山田4476-1
営業時間:9~21時 入浴料:大人600円 火曜休み(2012年10月)

多数の薪が見えます。

DSC08325.jpg

あたり一面、薪を焼く香ばしい香りが立ち込めています。
こちらは何でしょう…?

DSC08267.jpg

あけび、煎じてお茶にするそうです。
ひときわ目に付く赤字の看板

DSC08320-2.jpg

あひゃ~ > <
んでもってありましたよ、コレも

DSC08269.jpg

手足を広げたモモンガに見えなくもないですね(笑)
寄り道が長くてスイマセン。こちらが分析表

DSC08270.jpg

「ラヂウム」「マツヘ」…、いいですねぇ~。
期待を胸に浴室棟へと向かいます。

DSC08318.jpg

(つづく)

応援してくださると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


  1. 2012/10/30(火) 00:13:17|
  2. 広島県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (137)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (9)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (65)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (28)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (20)
国内旅行 (156)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (11)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (207)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (6)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (14)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる