人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

「黄金の湯」 新潟・燕温泉

妙高高原のいもり池から、めざすは燕温泉の「黄金の湯」。
通常なら、赤倉温泉の上部を通って数kmの道のりですが、GWの後半にも関わらず、山肌を縫うように走る近道は、いまだ通行止…。
やむなく、かなり麓の方まで降りて、関温泉を抜け、標高1,150mの燕温泉入口までやってきました。

14506501.jpg

急な坂の途中に、数軒の宿が軒を連ねる燕温泉。
日帰り客用の駐車場から「黄金の湯」へは、徒歩10分程度とのこと。

14506502.jpg

温泉街を抜けると、まだかなりの雪が残っています。
冬季は雪に埋もれる「黄金の湯」、2014年は5月3日がオープンとの情報を、ホテル花文の女将さんのブログで得ていました。

坂を登りつめると、雪渓の奥に妙高の頂も…

14506502-2.jpg

いもり池から見あげた姿とは、かなり山容が異なります。
この右手に、めざす「黄金の湯」はありました。

14506504.jpg

「黄金の湯」
新潟県妙高市燕温泉(温泉街から徒歩5~8分)
開設時期:例年5月~11月
開設時間:日の出から日没まで ※清掃時間あり
入浴料:寸志

男女別の露天風呂、脱いだ服を置く小屋はあるものの、周囲をさえぎるものはなく、解放感はバツグン…
大きな岩を配した湯船には、青白い湯がたたえられています。

14506505-0.jpg

泉質:ナトリウム・カルシウム炭酸水素塩・硫酸塩塩化物泉 
源泉温度:65℃

洗い場はおろか、洗面器もないワイルドな温泉(笑) 掛かり湯に苦労しました。
林の中には硫黄臭もたっぷり漂います。

14506510.jpg

湯口付近はかなり熱めながら、全体としては適温。
湯の華も多数舞っています。
山の冷気の中で硫黄臭に包まれて快適な湯浴み… 

結局、30分以上滞在しましたが、最初に入っておられたお客さんが出られたあとは、男女とも我が家だけで貸切状態でした。

このあと国道18号まで降りて、昼食に「縄文そば」とやらを食しました。

14506509.jpg

「今町屋」
新潟県上越市中郷区稲荷山291-4 
営業時間:11時~13時30分、17時~19時30分
月・火休み (2014年5月)

大盛りのざるそば(900円)、コシがしっかり、シャキシャキ感も秀逸で、香りも良し…。
双子どももあっという間に平らげました(笑) 
久しぶりに美味しいお蕎麦をいただいた気がします。

残雪の中の露天風呂…

14506505-2.jpg

気分も黄金色(?)にしてくれる湯浴みでした

応援ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/05/21(水) 22:58:22|
  2. 新潟県の温泉
  3. | コメント:4

新潟・湯沢温泉「山の湯」

あけましておめでとうございます。
拙いブログですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2013年の初日の出

DSC00432 460

今年は新潟県・ガーラ湯沢駅から拝むことになりました。

DSC00427 315 300 DSC00428 133 300

ご存じのとおり、スキー場に直結した新幹線駅。
「思い立ったらガーラ」のキャッチコピーで知られるガーラ湯沢は東京駅から最速77分で行けるスキー場。
改札を出たら本当にそこはスキーセンター… ^^

DSC00429 101

元日のこの日も早朝から多くの人で賑わっています。
スキーシーズンのみ営業のガーラ湯沢駅、1990年の開業以来、1日平均1,000人前後の利用があるそうですが、この駅からスキー場に背を向けて、温泉に向かうのは自分だけでしょう(笑)

DSC00431 101

道端の雪に足を取られないように気遣いながら歩くこと数分、「山の湯」へのアプローチにかかると…

DSC00437 101

道路に濛々と湯気が立っています。
お察しのとおり、融雪用にパイプから噴き出しているのは温泉

DSC00469 101

湯量の豊富さを実感できる光景ですね。
坂を登りきり、到着した「山の湯」

DSC00466 101

「山の湯」
所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢930
営業時間:6~20時 火曜休
入浴料:大人400円 (2013年1月)

DSC00440 240 300 DSC00465 224 300

こちらウッディな山小屋のたたずまいの日帰り温泉。
2013年の元日は火曜日でしたが、祝日や年末年始は後日振り替えでお休みされるとのこと。
こちらは畳スペースもある休憩室

DSC00442 101

貴重品用のロッカーはリターン式ではなかったと思います。(昨日の事なのに…> <)
朝日が差し込む脱衣場

DSC00458 101

至ってシンプルな造りです。
全体的に新しい雰囲気がする中で、体重計だけが年代物です。

DSC00460 235 300 DSC00463 222 300

この「山の湯」、源泉2本を使用との話も耳にしましたが、結局はよくわかりませんでした。

そして、2013年初入湯となる湯浴み

DSC00446 101

泉質:単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)
源泉温度:43.4度 PH:9.6

浴室全体にほのかに甘い硫黄臭が漂います
6、7人も入るといっぱいになる小さな湯舟、加水されていない源泉の湯はとても滑らか…。
別名「美肌の湯」の名にふさわしいものです。

DSC00447 101

使用位置での温度は42.7度となっていますが、それほど熱くもなく、とても優しい肌触りの湯。
湯の中には白い湯の華も舞っています。
飲泉はできないということでしたが、口にしてみると、特に酸っぱいとかの特徴は感じられませんでした。

DSC00453 247 300 DSC00450 212 300

掛け流しの新鮮な湯が、湯舟の縁からあふれる湯をボーっと眺める瞬間、とても幸せなひと時です。
また、洗い場のカランは位置が低く、椅子を使わずにタイルの床に座って使う方が便利なようです。地元の方がよくされているスタイルですね。
こちらでは皆さん使われた洗面器を戻されるなど、マナーもきっちりしており、とても気持ちの良い湯浴みができました。

2013年最初の温泉…

      DSC00456 101 344

1年の出だしとして、快適な湯浴みを満喫しました。


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
  1. 2013/01/02(水) 17:06:09|
  2. 新潟県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

新潟・笹倉温泉

日本列島を東日本、西日本に分ける糸魚川静岡構造線

92304.jpg

白い線が境目となる断層です。
プレートの向かって右側には「東日本」、左側には「西日本」とあります。

92305.jpg

皆さんは既にご存知かもしれませんが、「フォッサマグナ」とは、ラテン語で「大きな溝」の意味であり、この糸魚川静岡構造線はあくまでもその西の端であって、柏崎千葉構造線など諸説ある東のラインとで囲まれたエリアを指すのだそうです。
恥ずかしながら、ここに来るまで、てっきり「糸静線」=「フォッサマグナ」と思い込んでおりました…orz

地学のフィールドワークの後、国道8号線を日本海に沿って北上し、梶屋敷から県道270号線を笹倉温泉へと向かいます。
正面に鉾が岳(1,316m)が見てきます。

92306.jpg

標高2,400m以上となる焼山、妙高、火打の頸城(くびき)三山に比べると低いものの、秀麗な姿をしています。
周囲の田では稲がその重さに頭を垂れています。

92303.jpg

天気が良ければなぁ…;;
焼山温泉を右手にパスし、しばらく行くと笹倉温泉の建物が見えてきます。

92307.jpg

笹倉温泉「龍雲荘」
所在地:新潟県糸魚川市大平5804

日帰り入浴:午前9時~午後8時 但し、GW・お盆・年始は午後3時まで。
入浴料:平日 大人:700円 土日祝日 大人:800円 
    ※但し、3の付く日は大人200円引

先ほど見えていたのは宿泊施設。日帰り入浴施設はこちらの「千寿荘」

92308.jpg

こちらの「千寿の湯」には内湯と露天風呂があり、廊下には100円の戻るコインロッカーもあります。
内湯の脱衣場。

92310.jpg

浴室との間のガラスには…

92309-2.jpg

朱色の「湯の華」の文字がいいですねぇ。
はやる心を抑え、浴室へ

92311.jpg

泉質:ナトリウム・炭酸水素塩泉
源泉温度:「千寿の湯」50度 湧出量:毎分60リットル 源泉掛け流し
     宿泊施設側の「龍雲の湯」は53度 湧出量:毎分75リットル 循環濾過。

ちなみに先客は、私の小学校以来の友人です。^^;
湯は無色透明、無臭ですが、湯口の周りは…

92312.jpg

温泉成分が付着し、茶色くなっています。
浴槽の反対側の縁からはオーバーフロー。

9231.jpg

ぬめりのある湯は適温。
湯の華はと見ると…

DSC02725.jpg

底に沈殿しています。ここはやるしかないでしょう(笑)
通常時の湯の中。

DSC02727.jpg

撹拌すると…

DSC02729.jpg

「湯の華の乱れ咲きやぁ~」(彦麿呂風に)

さて、露天風呂に行くには一旦着替えて、廊下を進みます。こちらはその脱衣場。

92315.jpg

先ほどの内湯側といい、大変清潔な感じです。
造作の至る所には真新しい木が使われています。

92314.jpg

いざ浴室へ 

92316.jpg

木と石で装飾された浴槽は広い。
源泉の注ぎ口からは熱めの湯がどんどん投入され…

92317.jpg

オーバーフローしています。

92313-2.jpg

先ほどの内湯と同じ源泉だと思いますが、湯の華はあまり見えません。
天井を見上げると…

92318.jpg

かなり高いです。
この写真を撮り終えると、地元の年配の方が、「これ何に見えるかね?」と話しかけてこられました。
答えに窮していると、「これは馬屋だよ」と教えてくれました。
浴槽と洗い場を隔てる木の壁などもこの地方の馬屋の造りそのものだそうです。

オジさんによると、このあたりでは冬の積雪4mはざらだそうですが、逆に雨は海岸部に比べて少なく、国道8号線付近で雨が降っている時でも、笹倉温泉あたりはからっと晴れているようなことがあるそうです。

いろいろ教えていただいたのち、露天の陶器風呂へ

92319.jpg

こちらの投入量はやや少なめ。

92320.jpg

独り占めも良いのですが、陶器の露天風呂は複数並んでいると思いこんでいたのは、女性用だったのかな…?

92321.jpg

実際に現地に足を運んでみて初めて知ることの多い日でした。

応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村





  1. 2012/09/28(金) 01:42:08|
  2. 新潟県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (139)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (68)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (31)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (20)
国内旅行 (164)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (17)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (209)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (15)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる