人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

続・弘南鉄道と新屋温泉

大鰐温泉から弘南鉄道に乗り換え、中央弘前へ向かいます。

昼間の運行はほぼ1時間に1本。朝と夕方の一部のみ30分ごとの運行。
お客さんは1975年から2005年までの30年間で3分の1以下に減少、
現在ではさらに減少していると思われます。

利用客が少ないから本数が減る、本数が少ないからお客が減る…、寂しいですね。
途中、車両基地のある津軽大沢駅

DSC01486.jpg

地方の鉄道は少子化の影響で、観光輸送・貨物輸送やSLなどの目玉商品がない路線はどことも苦戦を強いられ、その多くが存続さえ危ぶまれています。

弘前市街地に入ると、土淵川沿いに走り、弘前城に近い弘前中央駅に到着。

DSC01488.jpg

なんとも古めかしい案内表示

DSC01489.jpg

最上段にかすかに「かいそく」と読めますが、1981年に運行を開始した快速電車は、2006年には廃止されたようです。
タイムスリップしたかのような駅。

DSC01492.jpg

発車時刻表もまばらで寂しい限り。
通りからの面構えは…

DSC01493.jpg

古い公設市場といった表情ですね。
駅周囲には「鍛冶町」「紙漉町」「銅屋町」「元大工町」「桶屋町」といった城下町らしい風情ある町名が残ります。

ここから弘南鉄道のもうひとつの路線、弘南線の始発駅、JR弘前駅に隣接する弘南鉄道弘前駅へ向かいます。

DSC01499.jpg

2004年に新築されたJR駅ビルと同じダークグレーの外観を持つ弘南鉄道の弘前駅。
駅舎や窓口は垢ぬけており、中央弘前駅との差が大きすぎます。
こちらの電車は青いラインカラー。

DSC01500 2

弘南線は30分間隔で運行する時間帯が長く、大鰐線に比べると使いやすいです。

新屋温泉に向かうため、途中の平賀駅で下車

DSC01496.jpg

車両基地に赤い小さな電気機関車が見えます。昔はりんごを満載した貨物列車を引いていたのかな。
なんとここは都会のターミナル並みの駅ビルが…

DSC01495.jpg

JAとの複合ビルで、弘南鉄道本社もここにあります。

ここから車で新屋温泉へ 

DSC09667.jpg

※新屋温泉のパンフレットから引用させていただきました。

所在地:青森県平川市新屋平野84-14
営業時間:5:30~21:30  年中無休
入浴料:大人350円 ※5:30~7:30の朝湯は200円 ネット割引クーポン300円

プリントした割引券が1枚少なかったところ、番台のお母さんが「私のを1枚あげるよ!」とおっしゃってくれました。
ありがとう、お母さん (^^)/

エメラルドグリーンの湯で知られる新屋温泉、脱衣場からも緑色の湯が確認できます。

DSC01494.jpg

青森県の温泉は、脱衣場と浴室との間がガラス張りというのがよく見られますね。
浴室には、明らかに病気療養の方と思われる方がおられたので、この先、写真は撮るのを控えました。

onsen_shokai.png

※新屋温泉HPの写真を引用させていただきました。
泉質:含硫黄、ナトリウム、硝酸塩、塩化物泉(硫化水素型)
源泉温度:45度

硫黄臭たっぷりの湯は真ん中の湯口からどんどん注がれ、ざあざあ掛け流し…
エメラルドグリーンの湯は、見ているだけでも不思議な気持ちになります。
夜行列車の後の温泉がこんなに気持ちいいとは… 

ローカル私鉄で来た青森の温泉、思いのほか良いなぁ~ 

※記事は2011年夏のものです。

応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


  1. 2012/09/14(金) 23:53:27|
  2. 青森県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

惜別「日本海」 弘南鉄道と新屋温泉

大阪駅10番ホーム。
夕方のラッシュの人ごみの中、17時47分発、青森行き寝台特急「日本海」の入線を待ちます。

DSC01444.jpg

1947年に大阪と青森を結ぶ急行列車として運転開始以来、「日本海」は60年以上にわたり、大阪・北陸と山形・秋田・青森、一時期は北海道をも結ぶ列車として、長年親しまれてきました。

DSC01447.jpg

しかし近年は、旅客の航空機へのシフト、新幹線網の発達、車両の老朽化などにより利用が低迷、2012年3月末をもって定期運転は取りやめ。
以降は、GWや盆の時期などに細々と運転される臨時列車になってしまいました。

DSC02738.jpg
(at 青森駅)
通常、大阪から秋田・青森まで行こうとすれば空路で1時間半、新幹線であれば新大阪を17時17分ののぞみに乗れば、東京乗り継ぎで秋田へは23:38分に、青森には23:54分に着きます。
そんな中、青森まで15時間近くもかけて走る、しかも航空機の割引運賃より高いのですから、よっぽどの理由がなければ積極的に利用するお客はいなかったのが実態と思われます。

DSC02759.jpg
(at 敦賀駅)
かつては2往復が運転され、夜の8時台に大阪を出る便は酒田、鶴岡方面への時間帯も良かったので、月山など南東北の山を登る折にも使ったことがありました。
1往復になってからは、事実上、関西から東北へというより、福井・金沢・富山など北陸と秋田・大館・弘前方面とを結ぶなど、その役割はごく限られたものになっていたのではないでしょうか…

nihonkai 005
(at 青森駅)
大阪駅を定刻に発車。京都を過ぎ、山科から湖西線に入ると右側車窓には夕暮れの琵琶湖が広がります。

DSC01459.jpg

二段寝台。我が家のチビどもは二段ベッドを登ったり、降りたりといつもにも増してテンションあがり気味 ^^;

DSC01452 3

ただ、この寝台列車、長時間の運転なのに車内販売はおろか、飲料水の自動販売機すらありません。
食べ物・飲み物は乗車前に調達しなければならず、こういった点も夜行列車の魅力を失くした理由でしょうね…。

めったに乗る機会のない寝台列車、発車の衝撃で何度か眼が覚めたものの、短い夜は明け、大阪駅を出発して14時間ちょうどで青森県・大鰐温泉駅に到着。

DSC01478.jpg

ここで、弘前までを結ぶローカル私鉄・弘南鉄道に乗り換えます。

DSC01479.jpg

長年使われてきた案内表示が濃いローカル色を感じさせます。

DSC01480.jpg

この路線も他の地方の中小私鉄同様、近年は少子化、マイカーの普及で、お客さんは激減しているようです。
リンゴ園や畑の中を行く電車

DSC01484.jpg

ふと吊り革を見ると…

DSC01483.jpg

りんごの形。緑の葉は「津軽富士」の異名を取る岩木山がモチーフとのこと。

DSC01485.jpg

ずらっと並ぶとそれはそれで可愛いもんですね(笑)

(つづく)  

※記事は2011年夏のものです。

応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


  1. 2012/09/13(木) 00:56:56|
  2. 青森県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (139)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (68)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (31)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (20)
国内旅行 (162)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (16)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (209)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (14)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる