人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

筑波山 Ⅱ

筑波山・男体山から、人混みをかき分けるようにしてたどりついた女体山からの眺め…

201805 tukuba 204-750

渋滞によるロスが原因とはいえ、ケーブルカーでの百名山踏破。

若干後ろめたい気持ちを抱きつつ、下山は緑のシャワーの中、つつじヶ丘に向かう。

    201805 tukuba 205-2

写真はないものの、女体山からの下山ルートは、岩がむき出す狭いルートに、多くの登山客が数珠つなぎとなり、
低い山とあって、スニーカーや革靴で足元のおぼつかない行楽客、よちよち歩きのこどもを岩にしがみつかせ、
道をふさぐ家族連れなどで、数百mにわたって大停滞…。

通常なら1時間もあれば下れるルートも、何倍もの時間がかかる気配の中、わずかに隙間ができたタイミングで、
「ゴメンナサ~イ、ゴメンネ~」と、声をかけつつ、家族連れを追い越し、停滞する登りの行列をかすめるように下る。

ようやく登山者もまばらになると、「弁慶七戻り」の岩が現れ…

    201805 tukuba 202-3

「聖と俗」を分ける門とされる巨岩に、傾いた日が射し込み、神々しくさえ見える。
通常なら、麓側が俗、山頂側が聖なのだろうが、先ほどまでの喧騒を思うと、山頂側が俗、麓側が聖にすら感じる。

このあとも、快調に下り続けると、下山口のつつじヶ丘の手前で、燃えるようなツツジの花に…

201805 tukuba 205

ケーブルカーを使っての山頂踏破。ともあれ、これで踏破した百名山は、66座となった。



  1. 2018/05/26(土) 11:30:50|
  2. 百名山 【関東・甲信越】
  3. | コメント:3

筑波山

都心のホテルから見下ろす日本庭園と早稲田大キャンパス…

201805 RoyalH 100

宿泊したリーガロイヤルホテル東京からの眺め。
関西では老舗資本だが、東京での立地は、都心とはいえ、繁華街やビジネス街からも離れ、
終始、静かにくつろぎの時間を過ごす。

五月晴れのこの日、目指すのは茨城県の筑波山。
ホテルを11時過ぎにチェックアウトし、秋葉原から「つくばエクスプレス」に乗り換え、約1時間でつくば
センターのバスターミナルに降り立ったのは、午後0時半過ぎ。

     201805 tukuba 100

筑波山行のバス乗り場に着くなり、関東鉄道バスの係員から、「本日は、筑波山神社まで、約2時間かかります!」
と無情の宣告…。

通常なら約40分の道のりが、GWの渋滞により、通常の3倍もの時間を要することにショックを隠しきれない。
というのも、この日は、東京駅を午後7時過ぎに出発するのぞみを予約しており、逆算すると、筑波山を踏破し、
このバスターミナルに午後5時頃までに戻らないと間に合わないためである。
ホテルでの朝の時間を満喫したことが、一瞬、悔やまれる。

その後、係員から、午前中の大渋滞はやや緩和されたとのアナウンスがあったものの、一旦、スマホでのぞみの
予約を午後8時の便に遅らせ、バスに揺られる。

車窓に各種の研究機関などが流れるのを眺めつつ、やがて田畑などが広がり始めると、右手前方にめざす筑波山
の姿が大きく見える。

201805 tukuba 110

標高は877m。日本百名山の中で最も低い山で、何かと揶揄される山だが、関東平野に位置する高いビルや
高速道路などから遠望できるその山容は、端正な部類に入ると思う。

このあと、山腹に刻まれた道に入った途端、渋滞に巻き込まれ、筑波山神社口の手前で、午後2時に…。
もはや、片道をケーブルカーか、ロープウェイを使うしかないと判断し、この先、ロープウェイが出る
つつじヶ丘までの渋滞ロスを勘案して、ケーブルカー駅のある筑波山神社口でバスを下車。

土産物屋が並ぶ参道を早足で歩き、神社の境内に入ると、石段が繰り返し現れ、やがて立派な本殿に達する。

201805 tukuba 120

古事記、日本書紀にも記載があるという筑波山神社は、古くから男女の縁結びにご利益があるとされる。
GWのこの日は、家族連れ、ペアをはじめ、善男善女で溢れている。

文字どおり、神殿の脇にある宮脇駅からケーブルカーに乗り込み…

 201805 tukuba 130
      201805 tukuba 140

一気に山頂手前の展望台へ。
広場状になったここも、ケーブルカーを待つ長蛇の列が連なる。

ここから、筑波山のピークのひとつ、男体山までは約15分。
岩が剥き出す道の脇にはツツジ…

201805 tukuba 160

岩場の登り下りの順番待ちを経て、たどり着いた筑波山・男体山

201805 tukuba 180

眼下には霞に包まれた関東平野。
田に張られた水が初夏の訪れを感じさせる。
(つづく)



  1. 2018/05/23(水) 08:18:07|
  2. 百名山 【関東・甲信越】
  3. | コメント:0

孤高の山 学能堂山

針葉樹の森に射しこむ朝の光…

    201803 gakunodo 110

奈良県の最東端、御杖村の神末集落の林道脇に車を停め、人工林の森を1時間あまり登りつめると、小須磨峠に到着

201803 gakunodo 120

この先は、広葉樹の稜線伝いに道が続く。

201803 gakunodo 125

雪が残る道を進むと、目指す学能堂山の恰幅の良い山容が姿を現す。

201803 gakunodo 130

再び針葉樹の森の道を進み、頂上直下のぬかるんだ急登を一歩一歩登ると、青い空が頭上に広がる。

201803 gakunodo 135

後ろを振り返ると、登ってきた稜線のはるか向こうに高見山の端正な姿…

201803 gakunodo 145

稜線で鹿の群れと出会ったのち、学能堂山の山頂に到着

201803 gakunodo 140

昭文社の登山地図にも名前がなく、登山者も少ないことから「不遇の山」とされる学能堂山。
360度の展望が広がる山頂には誰もおらず、雄大なパノラマを独り占め。

201803 gakunodo 150

ただ、多くの人々の登攀対象にならないことをもって、「不遇」と称するのは、いかがなんだろう…。
三峰山から望む山容も美しく、どこかアカデミックな響きを持つ学能堂山、自分は孤高の気高さを感じるのだが…

東南側には、ピラミダルな山容の局ヶ岳(つぼねがたけ)

201803 gakunodo 155

次は、あの山にしようか…

201803 gakunodo 165

2018年になって、毎週のように通い詰めている室生の山々、その魅力は尽きない。



<山行記録・平成30年3月中旬>
 神末登山口 8:45  ~ 林道終点 9:12  ~ 小須磨峠 9:46  ~ 学能堂山 10:54 昼食・休憩 11:45  ~
  ~  小須磨峠 12:32 ~  神末登山口 13:06



  1. 2018/03/26(月) 00:05:18|
  2. 近畿の山
  3. | コメント:0

春の息吹 三重・大洞山(その2)

三重県西部、奈良との県境に近い大洞(おおぼら)山。
先に到達した雌岳の頂上から、ずんぐりした山容の雄岳へと向かう。

201802 obrayama 200-2

この日は、いつまでも晴天が続き、樹々の幹回りの雪も解け…

201802 obrayama 201

残った雪の上には、幹がくっきりとした影を落としている。

尾根伝いの道は明るく…

    201802 obrayama 203

歌を口ずさみたくなるような快適な山歩きが続く。

雌岳から20分足らずでたどり着いた雄岳山頂

201802 obrayama 202

稜線沿いには円錐形の尼ケ岳、さらに奥には、風力発電機が林立する青山高原が広がる。

山頂には濃い緑の木々が多く、これはアセビだろうか…

201802 obrayama 212

残雪の山でも春の息吹が、そこかしこに感じられる。

終始明るい陽射しのもとで歩いた大洞山…

201802 obrayama 206

帰路に麓の国道を走っていると、端正な横顔を覗かせていた。




  1. 2018/03/13(火) 21:08:15|
  2. 近畿の山
  3. | コメント:0

春の息吹 三重・大洞山

快晴のこの日、三重県西部の大洞山麓のキャンプ場から登り始める。

201802 obrayama 100-3

空は明るいものの、風は冷たく、体感的には氷点下。

人工林の急な坂道を登ると、南側が開ける。

201802 obrayama 102

幾重にも重なる奥伊勢の山並み…。

息をはずませつつ登ること1時間余で稜線へ。

    201802 obrayama 105

サクサクの雪を踏みつつ進めば、山頂はもう目の前。

広がる大パノラマは、古光(こご)山から続く、ニホンボソ山、倶留尊(くろそ)山…

201802 obrayama 108

春まだ浅い陽射しを浴びる、室生の火山群のスカイライン。




  1. 2018/03/11(日) 22:54:04|
  2. 近畿の山
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (147)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (2)
桜 (33)
薔薇 (16)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (9)
新緑 (4)
登山 (78)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (37)
百名山 【東海・北陸】 (6)
近畿の山 (23)
国内旅行 (176)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (19)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (212)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
神奈川県の温泉 (1)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (2)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (12)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (20)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる