人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

中央アルプス 空木岳・池山尾根(2)

自分にとって、体力のピークはいつだったのだろう…

年々わずかずつ衰えを感じながらも、日帰りで3,000m峰を往復する気力や体力は、同年代に比べても、
まだまだ勝っているだろう…という自負がどこかにあった。
2017年初の百名山に、中央アルプス・空木岳の往復を選んだのも、それを確かめたい気持ちからだった。

登山口から5時間でたどり着いた、空木平の避難小屋。

201707 utugi 501

ここから頂上までのコースタイムは45分。行く手には雪渓が点在するのが見える。

小屋の前には、雪渓を源流とする沢が流れ…

   201707 utugi 280
          201707 utugi 290

高山植物の花もあちこちに見られるなど、休息にちょうどよい場所である。
沢のしびれるほど冷たい水で顔を洗い、さらに進み始めると、雪渓が繰り返し、繰り返し現れる。

201707 utugi 506
         
アイゼンなしで進めるものの、やはり歩きにくく、なおかつ、端の方は雪解けが進み、時折、数十cmも
足が沈みこんでしまう。

さらには、時折の強い陽射しが反射光となり、目を開けるのも辛くなる。
何より、思いのほか空気が薄く、息が上がり、思うように進めなくなっている。

思えば、途中、ヨナ沢の頭と呼ばれる地点で共に休憩していた青年が、「空気が薄いですよね。」と
発した時には、半信半疑であったのだが、もはや、数歩進むだけで、呼吸を整えないといけないほどの
空気の薄さに感じる。

この時期特有のものなのか、車中泊の睡眠不足のせいか、自分の心肺機能の衰えなのかはわからない。
とにかく空気が薄く、2、3歩進んでは、立ち止まり、山頂を仰ぐ。
距離は進まず、時間だけが過ぎていく。

      201707 utugi 165-2

そんな辛い登りで、ふと、末期がんを患いつつ、東日本大震災の被災地の高校生を、富士登山に引率していた
田部井淳子氏のドキュメンタリーが思い浮かぶ。

もはや思いどおり動かない身体で富士に挑み、懸命に高校生を励ます田部井氏。

「一歩一歩進めば、必ず頂上にたどり着くことができるんだよ。」
「登ったところでしか味わえない空気や風景があるんだよ。」
「(登りきったことで)達成感や新たな発見があるんだよ。」

既に最期の時を覚悟した田部井氏の魂の言葉は、自分も心から共鳴するものであり、また、それらは
長い人生を生き抜く上でも、通じるところがあるように思う。

疲労困憊の中で、ぼんやりとそんなことを考えながら、結局、空木平からは標準の倍近い時間を要し、
ようやく稜線へたどり着く。

そこからさらに、ザレて歩きにくい道を一歩一歩、じりじりと進むと、やがて登るべき地面がなくなり、
空が大きくなる。

201707 utugi 300

ようやくたどり着いた空木岳山頂。時刻は午前11時半。

あいにくガスが湧き上がり、宝剣岳方面の稜線や、南アルプスの姿は眺められない。
それでも西側の木曽谷方向は視界が開け…

201707 utugi 310


南側に続く、南駒ヶ岳方面への縦走路が、ガスの間に見え隠れする。

201707 utugi 505

ひとしきり写真を撮り終え、昼食を摂ったものの、蓄積した疲労はなかなか消えない。

山頂まで登りきったら、下らなければならないという自明の理を前に、これまで感じたことのない不安を覚え始める。

普段どおりなら、標準コースタイム4時間5分に、通行止の迂回による30分を加えても、5時までには車に戻れる
とは思うものの、今回ばかりは、途中で動けなくなるのでは…などと不安がよぎり、わずか15分足らずで頂上を
あとにする。

帰路は、雪が多く難儀した空木平経由のルートを避け、駒石などの巨岩が並ぶ稜線を下る。

201707 utugi 320

先ほどまで苦しめられた息苦しさも吹き飛び、快適に進む。

とはいえ、大地獄、マセナギ、水場と来た道を戻り、歩行時間が9時間を超えたあたりから、古傷の右ひざが
痛みだす。

歩幅を変えたり、スピードを緩めたり、だましだまし歩き続けると視界が開け、本来の林道終点に出る。

201707 utugi 508

通常なら、ここで車に乗り込むことができるものの、ここからさらに30分下らなければならない。
これが、精神的、肉体的にかなりこたえる。

最後は、足をひきずるように登山口に戻り、林道を登り返して駐車場へ。

そこには、朝の混雑が嘘のような静寂の光景が広がる。

201707 utugi 507

時刻は午後4時20分。
出発から11時間余りの日帰り登山は、ようやく幕を閉じた。



 
  1. 2017/07/15(土) 17:02:01|
  2. 百名山 【関東・甲信越】
  3. | コメント:2

中央アルプス 空木岳・池山尾根

車中で目ざめ、スマホの画面を確認すると、午前4時18分。
あたりはすっかり明るくなっている。

前夜、仕事帰りに新幹線で名古屋に向かい、レンタカーで中央道・駒ヶ根ICを経由し、
登山口の林道終点にたどりついたのが、午前1時過ぎ。
その時点で駐車場は、ほぼいっぱいだったが、路肩に停めるほどではなかった。

ところが、寝ぼけ眼で見るフロントガラス越しの光景に、いっぺんに目が覚める。

201707 utugi 1

路肩に停まる車の列が、駐車場の入り口から林道に向かって連なり、離合するにも
ギリギリのスペースにまで車が停められている。

さらに下方からは、車が次々に上ってきており、駐車場に入れずUターンする車と
重なり、カオス状態である。

訪れた2017年7月上旬、この先、林道は約2km近くにわたり通行止めになっており、
本来の終点の駐車場が使えなくなっている影響かもしれない。
時ならぬ混雑に驚くとともに、夜中のうちに駐車場まで着いておけたことに安堵する。

ウォーミングアップののち、駐車場から500mほど下った登山口に向かう。

201707 utugi 2

林道通行止による迂回のロスは、時間にして片道30分、往復1時間…。
この時は、軽く考えていたが、この負担増があとで重くのしかかってくるとは、夢にも思わず、
早朝5時の白樺の森を、小鳥のさえずりを頭上に聞きつつ、軽快に進む。

201707 utugi 3

途中、分岐点で遊歩道コースと、池山の頂を踏むコースとに分かれるが、距離的には同じ。
自分は、緩やかな遊歩道コースを進み、道が再び合流したあとに現れた水場で喉を潤す。

201707 utugi 6

地図上の標準コースタイムは、駐車場から山頂までの往復で、10時間以上。
飲用に、1リットルの緑茶、凍らせたペットボトル飲料500mlを持参したものの、まだ不安で、
空に近い水のペットボトルがあったので、目いっぱいに満たした。

この先、マセナギと呼ばれる地点を過ぎると、大地獄、小地獄と呼ばれる鎖場に差し掛かる。
鎖が設置されている岩壁は、よじ登る高さとしては20m足らずだが、その足元がスッパリ切れ
落ちた断崖になっており、緊張を強いられる。

201707 utugi 2- 90

この鎖場と梯子の連続に、奈良・大峰山系の大普賢岳の急登が思い浮かぶ。
大地獄を突破したあと、一旦、鞍部まで下るところも、小普賢岳あたりのルートに似ている。

自分は、山の難所に差し掛かると、無意識のうちに過去の難所を思い浮かべ、比較している。

「あれだけの難所を越えたんだから、この程度なら楽勝だ…」
「ここは、◯◯越よりキツイ。でも、ここを越えれば、視界が開けるはず…」

などと、結局、どこかで山登りを人生に重ね合わせているんだなと自覚している。

ヤセ尾根の区間を突破すると、右手には、宝剣岳に続く中央アルプスの主稜線が木々の間から見える。

201707 utugi 1- 90

やがて、登り始めから5時間が経ち、空木平に差し掛かると、はるか彼方に目指す空木岳の山頂が、
ようやく姿を見せる。

201707 utugi 5

…と、ここまではすこぶる順調だったが…
(つづく)



 
  1. 2017/07/13(木) 20:36:56|
  2. 百名山 【関東・甲信越】
  3. | コメント:2

梅雨明け間近… 空木岳・池山尾根

小鳥の鳴き声を頭上に、軽快に進む早朝の森…

      201707 utugi 10-2


絶えず清水が流れ込む水場の木枠には、苔がびっしりと張り付く。

201707 utugi 140


ヤセ尾根のクライマックス「大地獄」、冷や汗の鎖場を振り返って見下ろす。

      201707 utugi 175-5


曇天の稜線に鎮座する巨岩の列…

201707 utugi 180


茶色く煤けたような雪渓…

      201707 utugi 165-2


湧き上がるガスに浮かぶ縦走路…

201707 utugi 150

梅雨明け間近、中央アルプス・空木(うつぎ)岳



 


日帰り11時間に及ぶ登り下りの翌日、不覚にも筋肉痛に…(笑)

山行記録は、後刻ユルユルと。


  1. 2017/07/09(日) 15:27:52|
  2. 百名山 【関東・甲信越】
  3. | コメント:0

ブナ哀し… 高見山

奈良・三重の県境に位置する高見山

201705 takami190

標高は1,248mとそれほど高くはないものの、その端正な山容は、西側から望むと際立つ。

国道から旧道に入り、登山口のある峠の駐車場に車を停める。
訪れた5月下旬、ジグザグに斜面を刻む急な登山道を進むにつれて、ヤマツツジが増え…

201705 takami 100

頭上でウグイス、三重県側の谷からは、カッコウの鳴き声がこだまする。

坂が急なだけ、面白いように高度が稼げる登山道。
少し開けた所で振り返れば、国見山から明神岳、池木屋山、遠く大台ヶ原・日出ヶ岳まで伸びる台高の山並み…

201705 takami 110

針葉樹と広葉樹の混じる森では、季節が進むほどに広葉樹の色が濃くなり、その境目がわからなくなる。

頂上直下まで来ると、東側の眺望が開け、奥に三峰山の姿が…

201705 takami 120

谷あいには、伊勢詣に多くの人が行き交った和歌山街道が、右奥の東側へと伸び、それに沿って
小さな集落が点在するのが見える。

そして、急坂に息を弾ませ登ること50分、山頂に到着。

201705 takami 130

東西に細長い山頂には、八咫烏を祀る高角神社が鎮座する。

山頂直下の西側には、ブナの森が広がり、緑のシャワーを楽しみにしていたものの…

    201705 takami 145
           201705 takami 155

そこに広がっていたのは、山火事にでも遭ったのかと思うほど、無残な立ち枯れ…。
温暖化に伴う森の乾燥化か、あるいは酸性雨の影響か、乾き切った山肌には、広葉樹の幼木すら見られない。

仮にここに実生を植え、鹿の食害を防ぐなど、人工的にブナの森の再生を図ったとして、元の原始の姿に戻すには、
おそらく50年、100年単位の年月を要するのだろう。
一方で、森を破壊するまでの時間は、数年もあれば、いや暴風雨なら半日あれば、十分なのかもしれない。

翻って、人の世の信頼も同じ。
小石を積み上げるように、長い時をかけて少しづつ信頼を積み重ねていっても、崩れる時は一瞬…。
石を崩さぬように、息を殺して積み重ねながら生き続けるのは、時に窮屈だと感じることがある。

不完全燃焼な思いのまま、登ってきた道を下り始めると、朝から薄曇りだった中で、ようやく森に光が射すように…

201705 takami 160-2

明るい緑の中で、カッコウの声を慰めに帰路についた。


 

  1. 2017/06/18(日) 21:24:16|
  2. 近畿の山
  3. | コメント:0

曇りのち… 氷ノ山

小学校以来の友人とは、すっかり疎遠になっていた。

小中高と同じ学び舎で過ごし、大学こそ違えど、同じ京都で学び、さらに就職先が同じということもあり、
お互いの結婚披露宴で友人代表でスピーチする仲だった。

やがて、住む街も離れたという物理的な距離に加え、就職から25年以上を経て、仕事上の部門が離れたこと、
立場が微妙に異なってきたこともあり、心理的な距離が開いてしまったことが、哀しいかな現実だった。

それまでは、近畿・中国・四国の山を一緒に歩くことが多かったものの、それもいつか絶えてしまっていた。

     201705 yama 600

この先、仕事が正念場を迎える前に、思い切って山歩きに誘ってみたところ、「軽めの山歩きなら…」とだけ、
LINEでの返事。
素っ気ない文字から察するに、あまり乗り気でないのに、気を遣っているのだろうか…などと思案する。

約束前夜、待ち合わせ場所を念押しするため、再びLINEを送信したものの、既読がついただけで返信はなく、
当日の朝が来ても、本当に来るかどうか、半信半疑のまま、待ち合わせ場所まで車で出向いた。

高速のインターにほど近いコンビニに、約束時刻の3分前に到着すると、早朝のコンビニの駐車場で、
周囲の目を気にすることなく、パンにかぶりついている友人の姿がある。
こちらに気が付くと、気取ったところがない人柄そのまま、人懐っこい笑顔で、「おぅ!」と右手を挙げる。

助手席に乗り込んできた大柄な友人に近況を尋ねる中で、以前、週末出勤が多いと聞いていたことについて
話題を向けると、今年の春にその職場から別の部署に異動していたとのこと。
同じ勤務先とはいえ、千人を超える異動者リストの中で、友人の名を見落としていた自分の不明を詫びた。

しかも、友人は異動後に、自分の職場の近くに用事があった折に、様子を見に来てくれたものの、
自分がキリキリと忙しそうな状況だったので、声をかけるのを控えたとのこと…。

重ね重ね友人に謝るとともに、心に余裕もなく、心理的な壁を作ってしまっていたのは、誰あろう自分であった
ことを恥ずかしく思った。


その後、高速の渋滞に巻き込まれつつも、お互いの仕事のこと、子どもの受験に関わる話などが尽きないうちに、
兵庫と鳥取の県境・氷ノ山(ひょうのせん)への登山口、大段ヶ平(おおだんがなる)に、午前10時前に到着。

めざす標高1,510mのドーム状の山頂は、駐車場からも望むことができるが、あいにくの曇天…

   201706 hyonosen 70

友人との過去の登山は、雨に遭うことが多かったので、「(今回も降られるか…)」などと不安がよぎる。

軽いウォーミングアップのあと、登山口へ。

         201706 hyonosen 110-2

ここから山頂までの標準コースタイムは、約1時間40分。
かつては、コースタイムの7掛け、8掛けが当たり前だった二人も、今や膝や腰を気遣いながら進むオジサン…(笑)

登山道は、そんな老体をいたわるかのように緩やかに緑豊かなブナの森の中に続き…

      201706 hyonosen 170

頭上では、ウグイスやホトトギス、時にカッコウの鳴き声が響く。

この先、尾根伝いに続く広い道を進み、少しづつ高度を稼ぎながら、時折、木の間から遠くの山並みを望む。

   201706 hyonosen 130

東側に遠望できる山並みは、東床尾山あたりだろうか…。

久しぶりの1,500m峰、友人は自分以上に長いブランクにも関わらず、快調なペースで先行する。

   201706 hyonosen 125-2

積雪量の多さを物語るかのように、ブナの根元はJ字型にたわんでいる。

この広い登山道の脇は、背の高い笹で覆われているのだが、このあたりで登山者のみならず、地元の年配の方
たちが熱心に採り続けていたのが…

   201706 hyonosen 140

いわゆる「根曲り竹」。年配の方に尋ねると、茹でてスライスしたり、グリルで焼いても美味しいとのこと。

やがて登山道は、神戸大学の山小屋の前で、ハチ高原からの道と合流し、そこからさらに進むこと20分余り、
笹原の中に立つ小屋が見え出すと、山頂はもう間近…

201706 hyonosen 180

そして駐車場から約1時間40分、心配していた雨にも遭わず、ほぼコースタイムどおりで山頂に到着。

201706 hyonosen 230

時刻はちょうど昼食時。三角屋根の小屋の周囲では、20人余りの登山者が弁当を広げたり、コンロで湯を
沸かす光景が広がる。

そんな中で、友人とともに鉢伏山側の展望が広がる斜面で昼食を摂る。

201706 hyonosen 200

スキー場のゲレンデが広がる柔らかそうな山容を眺めつつ、友人と並んで、雨に降られずに登れたことを祝い、
コンビニ弁当を味わう。
298円の鶏そぼろ弁当が、これほど美味しいと思えたのは、眼下に広がるパノラマのせいだけではないだろう。

このあと帰路も順調に進み、懸念された高速道路の渋滞もなく、大阪へ戻る頃には、空もすっかり青空に…

201706 hyonosen 220

大阪へ戻る車の中で、友人とは、近いうちに、以前に登頂こそ果たしたものの、雨で何も見えなかった徳島・
剣山へのリベンジを誓った。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



  1. 2017/06/04(日) 01:09:14|
  2. 近畿の山
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (139)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (68)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (31)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (20)
国内旅行 (164)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (17)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (209)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (15)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる