人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

東北のローカル線と秋田・「露天風呂 水沢温泉」 その弐

目覚めると、窓の外には大きなつらら…

DSC03643 460

夜の間もしんしんと雪が積もったようです。
まだ目覚め切ってない体を温泉で温めに行きます。

DSC03627 460

内湯の浴室内は相変わらず湯気が濛々…
しかし、これだけ湯量の豊富な温泉を貸切状態とは贅沢です。

田沢湖高原のスキー場からも近いここ「露天風呂 水沢温泉」は、この時期の昼間、特に夕方近くなるとスキー帰りの日帰り入浴で混雑します。

夜と朝のこの静かな湯浴みは宿泊者の特権ですね。

DSC03629 460

まだ朝日の当たらない露天の湯はより一層、蒼く見えます。
見上げるとまたハラハラと雪が舞っています。

DSC03631 460

眠気を吹き飛ばすやや熱めの湯と硫化水素臭…
もう帰りたくなくなります。

DSC03630 460

この「露天風呂 水沢温泉」、2002年に宿泊したロッジ風の建物は、その後の火災で焼失。新たに建築されたものですが、風呂場の造りは変化なく、また、以前もそうでしたが、部屋は清潔で快適。
自炊と食事のスペースもとても感じの良いものでした。

名残惜しくはありますが、車の雪かきをして次の目的地へと向かいます。

DSC03647 460

水沢温泉から車で1時間足らずで着いた、武家屋敷の街「角館」

IMG_0481 225 300 IMG_0483 225 300

桜、紅葉の時期と3度目の訪問となる角館でしたので、今回は市内観光は抜きにして、ここからローカル線「秋田内陸縦貫鉄道」に乗車。
秋田県北部の終点鷹巣をめざす列車は急行「もりよし」号

DSC03682 460

3セク鉄道では数少ない急行列車。2両編成の車内では女性アテンダントによる車内販売や沿線案内、乗車記念グッズの配布なども行われます。

DSC03678 460

この秋田内陸鉄道、狩猟を糧とする「マタギ」が暮らしていた秋田県中部の山中をひたすらトンネルと高架橋で貫き走ります。
長年の悲願であった鉄道でしたが、人家も稀な地域を走るだけに、開業以来、営業成績は芳しくなく、近年存続が危ぶまれています。

窓の外にはベーキングパウダーをまぶしたような針葉樹や…

DSC03671 460

深い雪の中で息を潜めるような民家の風景が流れていきます。

DSC03674 460

途中のお客さんの乗り降りも少なく、暖かい車内では眠気に襲われます…。
でも、ローカル線の車内でうつらうつらするのは心地よいですね。

角館からは94km、2時間の旅ののち到着した鷹巣駅

DSC03700 460

つららがスゴイですね。
案の定、双子どもからリスエストがあり…

DSC03701 460

クール便で我が家へのお土産に…、できはしませんでしたが(笑)

雪深い過疎地を走る東北のローカル線…

DSC03658 460

温泉に泊まって、きっとまた乗りに行くから、頑張ってほしいなぁ…

※記事は2012年1月の訪問記です。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


  1. 2012/12/14(金) 23:48:34|
  2. 秋田県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東北のローカル線と秋田・「露天風呂 水沢温泉」 その壱

銀世界の中に続く2本の轍…

DSC03579 460 405

山形県の置賜地域を走るローカル線「山形鉄道・フラワー長井線」
全長31kmのこのローカル線は、2004年に公開された映画「スウィング・ガールズ」のロケが沿線各地で行われたことで、多くの方にその名を知られることになりました。

DSC03568 460 336

特別塗装の列車のドアガラスには…

DSC03573 460 337

「ジャズ やるべ♪」のサイン。
この長井線、旧国鉄から経営分離されたいわゆる第3セクター鉄道ですが、開業以来赤字経営が続き、厳寒のこの時期は、観光客らしき方の姿も車内になく、お年寄りの姿が目立ちました

終点 荒砥(あらと)駅の手前で渡る最上川

DSC03561 460

最上川にかかるこの鉄橋、1887年にイギリスで造られたもので、元は東海道線の木曽川鉄橋として使われていたとのことです。

DSC03572 460 365

終点に着く頃には曇天になり、ディーゼルカーの顔にまとわりついた雪も一層冷たく見えました。

厳しい経営が続く長井線ですが、2009年には公募社長さんが赴任。
ワイン列車やハロウィン列車などの企画列車、日本一長いカレンダーや赤字を黒字に変える鉛筆などのアイデア商品、はては吊り革オーナー制度…etc、
次々とアイデアを出され、営業や講演などで全国各地を飛び回っておられるようです。

なんとか頑張っていただきたいですね。

この日は、秋田の由利高原鉄道にも訪れ…

DSC03588 400 298
        DSC03598 400 282

宿泊地である秋田の水沢温泉には、夜の8時前に到着となりました。

   DSC03613 400

「露天風呂 水沢温泉」
所在地:秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野73-15
素泊まり:3600円~
日帰り入浴:9:00~21:00 大人:500円(2012年12月)

乳頭温泉郷の手前、田沢湖を見下ろす高原に位置するこちらの宿は、自炊が原則。
厨房設備も清潔で使いやすくなっています。

また、食事を希望の場合は、隣接する宿からデリバリーもできます。
ちなみに、我々が2002~2003年の年末年始に連泊した折には、夕食は青荷山荘から運ばれ、朝食は青荷山荘に食べに出向きました。

10年ぶりとなる水沢温泉、いざ浴室へ…

DSC03615 460

泉質:含硫黄・カルシウム・マグネシウム・ナトリウム―硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
源泉温度:59℃  PH:6.0 湧出量:1,000L/分

!!!気温が低く濛々と立つ湯気で視界が利きません。一緒に入ったはずの愚息の姿もシルエットしか見えず、声をかけて確認しないとわからないくらい(笑)
でも、もうこの瞬間が最高です!

DSC03616 460

湯は青みのある白濁。2つの浴槽があり、やや熱めと適温とになっています。
香りは硫化水素臭もしっかり
ほんのり油っぽい香りといい、自分の中でこの水沢温泉はベスト3に入るほど気に入っており、「自分はここに湯浴みに来るために働いているんだ~」とさえ思うことも…(笑)

露天風呂はかなり広め。

DSC03619 460

深さは1mほどある浴槽にドボドボと音を立てて湯が注がれています。この湯量の豊富さもお気に入りです。
前回訪れた時、3歳だった愚息は深い浴槽に浸かるより、積もった雪を「キャッ、キャッ」と湯へ放り込んで遊んでいましたが…

          DSC03620.jpg

中学生になってもやっていることが変わりません…orz

ふと見上げると、細かな細かな粒子となった雪が舞っています。
夜空に舞う雪を見ながらの露天風呂…

DSC03623 460 307

何ものにも代えがたい至福の時です…

(つづく)  ※記事は2012年1月の訪問記です。

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


  1. 2012/12/12(水) 23:13:24|
  2. 秋田県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

温泉の記 秋田・日景温泉

ここから少しディープな温泉巡り 

秋田と青森の県境には、古遠部(ふるとうべ)、湯の沢、矢立、日景(ひかげ)といった、個性豊かで趣のある温泉が点在しています。

その中で、7月の中頃に日景温泉に宿を取りました。

昼間、津軽の観光ののち、到着した夕暮れの日景温泉。

DSC01552.jpg

所在地:秋田県大館市長走37
一泊二食 大人 9,600円〜
日帰り入浴:8:30~20:30 
入浴料:大人400円

山奥の一軒宿ということからこじんまりした宿という事前の予想に反し、堂々とした面構えです。

前には湯あがりの涼みにもってこいの渓流。

DSC01570.jpg

はやる気持ちを抑えつつ、浴室へ

DSC01569.jpg

泉質:含硫黄 ナトリウム 塩化物泉
   (硫化水素型)

総ヒバ造りの内湯には青白く濁った湯がこんこんと注がれ、湯船に身を沈めると「東北の温泉さ きだなぁ~」としみじみ…

DSC01553.jpg

露天風呂はややこじんまりした混浴。
(画像はありません )

但し、内湯の方も天井が高く、

DSC01565.jpg

窓も大きく開放感があります。

DSC01564.jpg


食事は川魚やきりたんぽなどを中心としたごちそう。

DSC01557 (1)


事前に日景温泉を紹介したブログや口コミは多数見ましたが、実際に行ってみた印象と感想としては…

 ・宿の規模が大きい
 ・内湯も開放的で趣あふれる
 ・料理がとても美味しい
 ・7月中頃のせいか湿度が高い

というものでした。(あくまで私見です)


宿が寝静まった頃、表に出ると川のせせらぎの音だけがしました。


DSC01559.jpg

では最後に一句

「都会での乾いた暮らしにアキタなら、みんなで行こう秋田の秘湯…」


応援してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

  1. 2012/07/31(火) 22:51:51|
  2. 秋田県の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (139)
春の花木 (7)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (11)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (4)
登山 (68)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (31)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (20)
国内旅行 (162)
花の旅(春) (10)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (16)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (209)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (8)
熊本県の温泉 (5)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (14)
未分類 (13)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる