人生という名の夏休み

旅、花、庭、畑…、備忘録代わりの写真日記

天王寺駅前阪和商店街 & 料亭「まつむら」 その2

JR天王寺駅北側に広がる住宅街。
「あべのハルカス」を見上げるようなこの場所にあるお店で、昼食にしました。

14308301.jpg

「料亭 まつむら」

所在地:大阪市天王寺区悲田院町1-24
電話:06-6771-0421
営業時間:11~22時 ランチは14時まで
年末年始・盆時期休みあり (2014年3月)

周囲で高層マンションの工事がなされている中で、長く続く黒い塀と古めかしい門構えのお店。

14308303.jpg

玄関で履物を脱ぎ、長い廊下をくねくねと進みます。

建造は大正初期というこのお店、廊下の途中で見かけた坪庭…

14308315.jpg

京都の町屋を連想させます。
ちなみにこの廊下の左側には個室が並びますが、お昼は大広間のみを使われているようです。

我が家が通されたのは、床の間の前の席。

14308308.jpg

活けられた花、あまりに色が鮮やかだったので、「まさか造花…」と思って近づいて見てみると、本物でした(笑)

大きなガラス戸の外には、陽の当たる庭が広がります。

14308305.jpg

改めて、これが大阪第3のターミナルとして、毎日数十万人もの人が行き交う、天王寺・阿部野橋駅から徒歩5分とは信じがたいです^^

14308306.jpg

ただ、その証拠に目線を上にあげれば、「ハルカス」も見えます。
ちなみに敷地全体としては、300坪ほどあるようです。

しばしの間、待って出て来たのはこちらの「ひょうたん弁当」1,600円

DSC05916-3.jpg

丹塗りも鮮やかな三段の器。
桜エビのかきあげ、タケノコ、ホタルイカなど季節を感じさせるものをはじめ、バイガイ、魚のしんじょ、茹でたまごなど全15品が、ぎっしり詰められています。

14308310.jpg

お味の方は、関西人にはぴったりの薄味で、美味しくいただきました。
献立は月変わりのようです。

14308311.jpg14308312.jpg

ちなみに、子ども向けには別にランチ(要予約)があり、海老フライやあなごのお寿司がメインでした。

食後、改めて庭を眺めていると、灯篭のそばに見たことがある家紋が入った瓦が…

14308320.jpg

それもそのはず、この料亭、元は旧財閥、住友家の別邸だったとのこと。

となれば、この欄間の桐の紋は、豊臣家からあやかったのかな…

14308319-5.jpg

ともあれ、静かな庭を愛でながらのお弁当、ごちそうさんでした


本当の大阪の姿、もっと知ってほしい…
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/15(土) 23:23:56|
  2. 大阪 (Dinner・Lunch)
  3. | コメント:8

天王寺駅前阪和商店街 & 料亭「まつむら」 その1

「あべのハルカス」の位置する、天王寺・阿部野橋ターミナル。
そのすぐ北側には、昭和の色合いを残す街並みが続いています。

14308201.jpg

中でも、駅から道路一本を隔てたエリアには、とりわけディープな風情を醸し出す「天王寺駅前阪和商店街」があります。ちなみに、「阪和」とは、JR天王寺駅の一番北側に発着するJR阪和線に由来しています。

駅の南側が、近年、ハルカス、フープ、キューズモールなどの近代的な街並みに急速に変貌を遂げているのとは対照的…

14308203.jpg

時代に取り残されたと言えばそれまでですが、長い時を重ねて生き抜いてきた街の渋さを感じるのですが、どうでしょう…^^

戦後の闇市に起源を有するとされる街には、なんとなくモノトーンが似合うような気がします。

14308205.jpg

このあたりには、庶民的なテイストの飲み屋さんが多く、昼間は人通りも少なく閑散としています。

14308206-2.jpg

「飲んで歌おう…」味がありますなぁ…。もはや映画のセットのようですが、現役の街です。
ちなみにその下、「公衆トイレ」の看板ですが、狭いエリアに何カ所もありました。

昼間はシャッターを下ろす店が多い中で、明るい照明が灯るのは駄菓子屋さん…

14308207.jpg

「菓子問屋 ワタナベ」

所在地:大阪市天王寺区堀越町15-2
営業時間 9~19時30分  日・祝日休 

せんべいや金平糖が並ぶ店先から奥に入ってみると、カラフルな駄菓子が広がります。

14308208.jpg

自分が子どもの頃とは微妙に商品も違っているものの、懐かしさがこみあげます。

双子の娘らに「100円までで好きな物を買っていいから」と言ったものの、娘らは迷いに迷ってなかなか決まりません(笑)

14308209.jpg

それはまた、駄菓子屋さんの醍醐味でもありますね^^;

自分の頃は、マルカワの「オレンジ フーセンガム」10円とか、のらくろのような黒いキャラクターの「フィリックスガム」10円、三立製菓の「チョコバット」20円とか…

14308212.jpg

あと、たばこ型のチョコレートとか、小さなヨーグルトみたいだけど、全然冷たくない「ヨーグル」10円なんていうのもあったなぁ…(笑)

あっ、これもあったね!

14308210.jpg

クッピーラムネ^^

(つづく)

あまり知られていない大阪へ、ようこそ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/13(木) 23:17:27|
  2. 大阪 (Dinner・Lunch)
  3. | コメント:4

水晶橋 & 「結心(ゆいごころ)」 大阪・西天満

大阪の水辺空間を代表する中之島。
島を包み込むように流れる川のうち、北側の堂島川にかかる水晶橋

2014306502.jpg

重厚な造りのこの橋は、元々は川の水質浄化のための可動堰であったものを、人が通れるようにしたものです。

名前の由来は、橋の照明灯が水面に映る様子が水晶の輝きに似ている…、
また、「の都・大阪」が繁するように…、
と諸説あります。

2014606503.jpg

ともあれ、この中之島の水辺、ビルが林立する大阪のビジネス街にあって空が広く、とても開放的な気分になります。

2014306504.jpg

右手の木の間越しには中央公会堂も見えます。

2014年3月上旬、大阪城の梅も見頃を迎えたとはいえ、風は冷たく、時おり雪もちらつくこの日。
同僚の女史とランチに訪れたのはこちら…

       IMG_3511-3.jpg

酒楽和創 「結心(ゆいごころ)」

所在地:大阪市北区西天満4-10-5
営業時間:11:30~14時 17:30~23時
日曜・祝日休 (2014年3月)

水晶橋のたもとにある大阪高等裁判所の西側、周囲に法律事務所や画廊などが多い一角にあるお店です。

IMG_3528-2.jpg

ランチタイムのこちら、写真はお店を出る際に撮らせていただきましたが、店に入った時点では、グループや友達同士といった風情の40~50代の女性が多数おられました。

注文したのは、こちらの「むすび」1,575円

IMG_3512-3.jpg

お造り・八寸・天麩羅・お寿司・手打ち蕎麦・デザートからなる彩り豊かなランチ。

ここのこだわりが、天ぷらの揚げ方と、仏・ブルターニュの塩田で伝統製法により作った塩とのこと。
確かに、エビも野菜も風味を残しつつ、食感はサクッとしたもので、抹茶仕立てにした塩加減も絶品でした。

焼き魚の上に添えられているのは、春らしく菜の花かな…?

IMG_3520-5.jpg

〆には、毎日、手打ちしているという蕎麦が出てきます。
種類はざるか、温かいつけ汁タイプかを選べます。

IMG_3521-3.jpg

我々が選んだのはざるでしたが、シャキシャキ感のあるお蕎麦、この時期に食べられるとは思いませんでした。

デザートはこちら…

IMG_3526-3.jpg

これはあんこが絶品。あんこ好きの自分には、冷たくてこれほど美味しいあんこは初めてのような気がします。

美味しいランチもいただきながら、同僚女史から宝塚歌劇団のよもやま話を聴いて、お腹もいっぱい…。

さて、仕事頑張るか…と言いたいところですが、我々の組織、今、とてつもない課題に直面しています(笑)
事情は複雑で、視界が開けるまで一筋縄に行かない感じですが、こんな時こそ同じ釜の飯を食う面々は…

IMG_3515-3.jpg

心を結んでいたいものですな…


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/07(金) 21:30:09|
  2. 大阪 (Dinner・Lunch)
  3. | コメント:2

「スカイラウンジ・エアシップ」 ホテル大阪ベイタワー その2

夜景を見下ろす窓際の席…

14225115-2.jpg

ホテル大阪ベイタワー 「スカイラウンジ・エアシップ」

所在地:大阪市港区弁天1-2-1
電話:06-6577-1111
ディナータイム:18~23時(L.O:21時、3歳未満利用不可)

照明で縁取られた構造物は、阪神高速・大阪港線と地下鉄中央線。

この景色を眺めながらの食事、まずは生ハムのサラダ

14225110-4.jpg

白ワインの熟成ソースのサラダ、瑞々しさが良い感じです。

お次はコーンスープのパイ包み…

14225111.jpg

サクサクのパイをつぶしながら食す、濃厚なお味のスープ。

家内の感想いわく、「美味しい!でもこの器、洗うの大変そう…」
二人で食事に来ても、話題は子どものことに終始するし、どうも我々のテーブルには生活感が漂います(笑)

ビールの次に頼んだのは、このドイツワイン「ファルケンベルク リープフラウミルヒ マドンナ2012」

14225116.jpg

ドイツワインの名産地として知られるラインラント産。
ちなみに、リープフラウ=聖母、ミルヒ=乳。
このエリアのワインは、フルーティで甘口とされていますが、案にたがわず、軽めで飲みやすい白ワインです。

お魚は真鯛のポワレ

14225113.jpg

淡白な風味に物足りなさを感じる向きには、添えられたバルサミコソースがオススメです。

メインのお肉の方は、ウェルダンにしてもらい…

14225117-2.jpg

「ジャポネソース」がしたたる上品な味わいに舌鼓を打ちます。量もこれくらいで十分かと…。

ちなみに「ジャポネソース…、ですか…?」と、給仕の方に尋ねると、
「いわゆる照り焼きです。」とさらり…^^
典型的日本食生活の自分、美味しく感じるのは当然ですね。

デザートは、春らしいイチゴをあしらったムース…

14225118-2.jpg

…以上、世間が期待する大阪の食文化「くいだおれ」らしさを微塵も感じさせない記事でした(笑)


軽いワインですっかり気持ち良くなって饒舌になりますが、実は大阪のこと、秘かに憂いています。

東京とともに、我が国の経済・文化の発展を牽引してきた大阪…

名もなき市民が自力で多くの橋を架け、学校や公会堂、大阪城の天守閣まで寄付で築きあげて来た土壌にあって、
「天下の台所」、「東洋のマンチェスター」といった歴史の教科書のフレーズはもとより、
朝の連続ドラマでもその一端を伺える、先進的な都市づくり…

14225118.jpg

高度経済成長に入ってからも、万博に合わせた地下鉄網のめざましい整備と、高速道路とオフィスビル、地下街が一体となって数kmも続く船場センタービルなど、世間をあっと言わせる都市政策…

大阪のこうした進取の足跡がすっかり忘れ去られ、今では、凋落する街の姿、スノッブで品格がないというイメージだけが、大手メディアによって垂れ流されている現状に、哀しみを禁じ得ません。

…と、すっかりほろ酔い気分のオジサン、御託が長くなってしまい恐縮です。

なにはともあれ、夜景を楽しみながらの夕食…

14225108.jpg

「ごちそうさん」でした 

応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/03/01(土) 19:07:25|
  2. 大阪 (Dinner・Lunch)
  3. | コメント:4

「スカイラウンジ・エアシップ」 ホテル大阪ベイタワー その1

地下鉄中央線大阪港駅から海辺へと向かって歩むと、イルミネーションが煌めく一角に出ます。

14225098.jpg

クリスマスシーズンを彩るイルミですが、ここでは…

14225100.jpg

海遊館「ちきゅうたいかんイルミネーション」

所在地:大阪市港区海岸通1-1-10
期間:~3月2日(日)
点灯時間:17~22時 ※一部~20時

約100万球を使ったというイルミが、立春を過ぎ、すっかり陽の長くなった空の下で輝きます。

このイルミ、普段、大道芸などのパフォーマンスやマーケットが繰り広げられるイベント広場で催され、自由に楽しむことができます。
ここのメインはこの青いコレ…

14225101.jpg

自分はてっきり海遊館のシンボル「ジンベエザメ」かと思いましたが、「シロナガスクジラ」だそうです。

ともあれ、この海遊館界隈、冬の平日の夕方にも関わらず、ペア達が多数…

14225097.jpg

「風は冷たいのに、アツアツでよろしぃでんなぁ~」と、大阪のオッサンは独りごちるのです。

こちらは海遊館へのエントランスの横に流れるイルミ…

14225102.jpg

若いペアを中心とした入館者達は、熱帯魚が輝くこの階段を登って、吸い込まれるように館内へと入っていきます。


…と、ここまでは、仕事帰りに家内と夕食をする約束をして、その待ち合わせ時間に立ち寄ってみた、海遊館のイルミでした。

前置きが長くなりましたが、食事に訪れたのはこちら…

14225104.jpg

ホテル大阪ベイタワー 「スカイラウンジ・エアシップ」

所在地:大阪市港区弁天1-2-1
電話:06-6577-1111
ディナータイム:18~23時(L.O:21時、3歳未満利用不可)

「ORC200」と呼ばれる高さ200mのビル、この51階のお店の予約を入れていました。

店の名前は、高圧の空気をあてる最新式の湿布でもなければ、
店員が大げさな身振りで船を漕ぐパフォーマンスを…、
やめよう、中途半端なボケ…orz

訪れたディナータイム、窓際の席は、随分早くから予約が埋まるこのお店ですが…

14225105.jpg

そうでない席は、19時前という時間帯のせいか、エアが…、いや空席ばかりが目立ちます。

で、我々が通されたのはこの席…

14225111-3.jpg

窓の外に宝石箱を見下ろす席、「ほな、いただきまひょか~」(つづく)


応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
  1. 2014/02/28(金) 00:26:25|
  2. 大阪 (Dinner・Lunch)
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

HAM1826

Author:HAM1826
季節の草花、温泉、旅行記をはじめ、自分の気に入っている風景を写真日記風に綴っています。

※稚拙なブログながら、写真・記事の無断引用はご遠慮願います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節の花木 (133)
春の花木 (5)
夏の花木 (11)
秋の花木 (5)
冬の花木 (1)
桜 (29)
薔薇 (15)
紫陽花 (8)
花菖蒲 (5)
梅 (6)
菊 (6)
秋桜 (6)
紅葉 (26)
樹氷 (7)
新緑 (3)
登山 (62)
百名山 【北海道・東北】 (12)
百名山 【関東・甲信越】 (28)
百名山 【東海・北陸】 (5)
近畿の山 (17)
国内旅行 (153)
花の旅(春) (9)
花の旅(夏) (30)
花の旅(秋) (8)
水辺の旅 (10)
イルミネーション (9)
クリスマスツリー (5)
夜景・ライトアップ (32)
北海道 (13)
大阪 (Dinner・Lunch) (7)
温泉〔国内〕 (206)
北海道の温泉 (15)
青森県の温泉 (2)
秋田県の温泉 (3)
山形県の温泉 (3)
福島県の温泉 (1)
栃木県の温泉 (7)
群馬県の温泉 (9)
東京都の温泉 (12)
山梨県の温泉 (3)
新潟県の温泉 (3)
長野県の温泉 (23)
富山県の温泉 (4)
福井県の温泉 (4)
静岡県の温泉 (1)
愛知県の温泉 (1)
岐阜県の温泉 (8)
三重県の温泉 (5)
滋賀県の温泉 (1)
京都府の温泉 (5)
奈良県の温泉 (5)
大阪府の温泉 (14)
兵庫県の温泉 (2)
和歌山県の温泉 (36)
岡山県の温泉 (2)
広島県の温泉 (2)
島根県の温泉 (2)
山口県の温泉 (5)
香川県の温泉 (1)
愛媛県の温泉 (6)
大分県の温泉 (6)
熊本県の温泉 (4)
鹿児島県の温泉 (11)
海外旅行 (24)
台湾の温泉 (4)
台湾旅行 (5)
オーストラリアの温泉 (3)
オーストラリアの海と島 (2)
マレーシア旅行 (10)
畑 (8)
RAILWAY (12)
未分類 (12)

FC2カウンター

フリーエリア

トリップアドバイザーより、お勧めブログに認証いただきました。
トリップアドバイザー
高山観光ホテル口コミ情報

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる